まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     いつの間にか我が家のOperaが25になって、なんかフォントまわりが汚くなったので
    その対処方法をメモ。

     こちらの記事が参考になりました。
     「Google ChromeのDirectWriteを無効にする(Windows版 Ver.37以降) 歌うキツネ

     まあ、要するに、DirectWriteって言うフォントまわりをきれいにする機能が入ったのだけど、
    そのせいで勝手にメイリオ使ってビットマップフォントだひゃっはー状態になってしまった
    ようなので、我が家のように自前でMacTypeみたいなレンダリング入れてる人はその機能を
    無効化しやがれ、と言うことですね。はい。
     んで、アドレスバーに opera:flags と入力すると「試験運用機能」なるページが開くので、
    そこで「Disable DirectWrite」という項目を見つけて「有効にする」をポチッとすればOK。
     DirectWrite機能をDisable(無効)することを有効にする、なので、無効化されて今までの
    ような表示に戻ります。と言うか戻りました。

    以上。
    web拍手 by FC2

     dtabと言うタブレットを昨年夏から使っています。
     Huawei Technologiesが製造しドコモが自社ブランドで販売している10.2インチのタブです。
     実家の親父殿に私が撮った写真やお嬢の勇姿を納めたビデオを見せる目的で、画面がそこそこ
    大きく発色が良くて手ごろな価格のタブレットを探したらdtabに行き着いた、と言う格好です。

     dtab(ドコモの紹介ページ) 

     dtab(製造元のページ)

     で、このdtabですが、せっかくだからメモ書きとかに使えないだろうか、と考えまして、
    BT(BlueTooth)接続のキーボードなんぞ買ってみました。
     ANKERってメーカーのBluetooth Wireless Keyboardと言うもので、アマゾンでの評判は
    そこそこ以上って感じの、外観がMacBookのような配色のキーボードです。

     Anker ウルトラスリム・ミニ Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード ホワイト (アマゾン)

     マニュアルに書かれている方法でペアリングしてさて文字入力しようとなるわけですが、
    このキーボードとdtabの組み合わせの場合のキーバインドがどうなっているかわからなくてしばし
    悩みましたので、調べた結果を書き留めておこうと思います。
     ネット上に情報がほとんどなかったし。

    初回ペアリング
     キーボードの電源をオンにする → CONNECTボタンを長押し
     → 本体の設定画面のBlueToothを選び画面右上の「デバイスの選択」を押す
     → Anker Bluetooth Keyboardが画面に表示されるのでそれを選ぶ
     → この数字を入力してリターンキーを押せ、とでる
     → キーボードからその数字を入力しリターンキーを押す
     → ペアリング完了

     んで、dtabでこのキーボードを使った場合のキーバインドが以下の通り。

     日本語入力ONOFF:control+チルト(左上の~)

     fn+Esc:ESC
     fn+F1:Wi-Fiオンオフ
     fn+F3:画面明度ダウン
     fn+F4:画面明度アップ
     fn+F5:ミュート
     fn+F6:音量ダウン
     fn+F7:音量アップ
     fn+F11:設定ボタン
     fn+F12:画面オフ(?)
     fn+Del:Del

     Esc:ホームボタン
     F7:動画、音楽プレーヤーで前の曲へ
     F8:動画、音楽プレーヤーの再生一時停止
     F9:動画、音楽プレーヤーで次の曲へ 
     F10:ミュート
     F11:音量ダウン
     F12:音量アップ
     Del:電源ボタンオンオフ

     とまあこんな感じなんですが、キーボードの刻印と上記した動作を見比べてみるとわかるように
    刻印と動作が対応してません。
     どうやらAndroidにも使えるけれど、元々はiOS用として作られたみたいで、そっちと対応してる
    ようです(iPodTouchで確認)。

     ところでこのキーボード、dtab本体がスリープに入ってからしばらくするとキーボードの電源を
    オンにしたままでもdtabとキーボードの接続が解除になり、再ペアリングが必要になります。

     私はBTキーボードってあまり使ったことがなくてこれが2つめなんですが、キーボードの電源を
    落としたのならともかく、オンのままでも切れちゃうし、その後dtabから再接続をかけようとして
    も認識されないんですよねえ。
     これはdtabの省電力モードを変えても同じ(省電力モードでBTをdtab側が切断してるのかもと思った)。
     キーボードがバッテリーセーブのためにスリープするのかなあ。
     だとしたら何らかの方法で復帰してもらいたいし、その旨説明書に書いておいてもらいたいなあ。

     とまあそんな感じで、私の使用環境ではほぼ毎回ペアリング必須で鬱陶しいことこの上ないです(苦笑)

    パターン1
     本体がスリープに入る → 一定時間(数分?)経過「前」
     → キーボードからdtabのスリープ解除可能
     (dtabとキーボードの接続は切れておらず、そのまま入力可能)

    パターン2
     本体がスリープに入る → 一定時間(数分?)経過「後」
     → キーボードとの接続切れる(キーボードからのスリープ解除不可)
     → 本体の電源ボタン押す → キーボードとの接続は切れたままなので再ペアリング必要
     (この状況でも再ペアリングなしにつながると楽なんですけどねえ……)

    パターン3
     本体がスリープに入る → キーボードの電源を切る → キーボードの電源を入れる
     → 本体の電源ボタンを押す → キーボードとの接続は切れたままで再ペアリング必要
     (キーボードの電源を切ると接続情報が消えるのであれば、まあ妥当な動きかな。
      バッテリーあるのだから接続情報を保持してもらいたいなあとも思うけど))

     と言うことで、我が家のdtabではこんな挙動でした。
     まあ、2199円ですし、うまく動いたらお慰みくらいの気持ちではいたんですが、接続に関しては
    なんだかなあって感じです。

     当初確認したかったのは、dtabに外付けキーボードをつけるとメモ書きとかに使い勝手が
    よさそうだと言う点で、それについては物理キーボードをつけてdtabを縦置きにすると自分の
    やりやすい環境になるなと実感。
     ただ、今回購入したANKERのキーボードはキーピッチや打鍵感と言った点で私好みとは
    ちょっと遠かったです。
     やはりマウスやキーボードのようなデバイスは自分の手になじむかを確認してから買った方が
    よいですね。

    web拍手 by FC2
     唐突ですが、世の中にはトラックボールタイプのマウスというのがあります。
     有名どころだと、KensingtonやLogicoolあたりが発売していて、いわゆる普通のマウスが
    マウス本体を手で持って動かして画面上のマウスカーソルを動かすのに対して、
    トラックボールマウスは基本据え置きで、本体に仕込まれたボールをぐりぐりを動かすことに
    よって画面上のマウスカーソルを動かすのです。
     で、先日久しぶりにトラックボールマウスを購入したのでその使い心地とかそんなのを書いて
    見ようかと思います。
     買ったのはこれ。



     KensingtonのExpert Mouse Optical Trackballです。
     本来はボールがグレイッシュなメタリックブルーなんですが、今回のは一太郎の最新版の発売と
    タイアップした一太郎モデルでして、だからボールがメタリックレッドです。
     で、このボールが赤いっていうのが今回購入するきっかけ。
     その話はあとでするとして、まずはざっくり使用感をば。

     ボールは大きいです。直径6cm弱。
     レッツノートminiやLogicoolの玉は親指でくりくりと動かす感じですが、こいつは手のひらや
    人差し指~薬指の指三本で動かすようなイメージです。
     レーザートラッキングタイプで、玉を3点で支えているのはレッツノートminiやLogicoolと一緒。
     玉が大きいせいか、細かい動きをそう苦もなくできるのがありがたいです。
     小さい玉を親指で動かすと、どうしても小さい動きをさせにくくて^^;

     んで、玉の周りに輪っかがついていて、それを回すことでスクロールをさせることができます。
     これ、結構便利。

     ボタンは左右対称の形で玉の周囲に2x2。キー割り当てができるので、私は奥の二つに
    左ドラッグと右ドラッグをそれぞれ割り当てています。玉がでかくてボタンをクリックしたまま
    玉を動かすのが結構大変だったりするので(長時間やると腱鞘炎にでもなりかねない)

     約1週間使ってみての感想は、そう悪くないかな、です。
     そりゃあ細かい動作とかは使い慣れたマウスの方に軍配が上がりますし、親指クリックなんて
    いう慣れない動作を繰り返せば疲れもするというものです。
     せっかちにマウス動かしてクリックして……と言う人にも向かなさそうです。
     なんとなくですけど。
     なので、万民にはオススメできません。
     私みたいに「赤くて大きい玉をグリグリと動かすこと」に喜びでも感じない限りは、まあなんと
    いうか使いにくいデバイスじゃなかろうかと。


     まあ、そんな感じなんですが、とは言え私的満足感は高いです。
     なにせKensingtonのトラックボールでしかも赤玉なんですから。
     もうね、それだけでちょっと以上にうれしい。

     自分のトラックボールとの出会いをたどると、そこにはミサイルコマンドというAtariのゲームが
    あり、そこから20年を経てPanasonicのレッツノートminiというノートPCに出会うわけなんです
    が、そのレッツノートminiのポインティングデバイスがトラックボールでした。





     確か私の持っていたAL-N4は黒いボールで、その後継としてでたCF-M32が発売開始時に赤玉
    キャンペーンをやって、それがちょっと格好良かったんですよねえ。
     あ、くそ、ずるい。そんな風に思ったなあ。

     その後、デスクトップのポインティングデバイスにもトラックボールを使うようになって、
    大抵はLogicoolのトラックボールを使うことが多かったのですが、ロジクールのボールも
    赤だったことで、トラックボール=赤という刷り込みができちゃったんでしょうね。
     それで以前からトラックボールマウスのメーカーとして興味のあったKensingtonのトラック
    ボールマウスが赤玉で手に入るとわかってついポチってしまったわけです。
     このKensingtonのトラックボール、手元に届くまでにちょいと紆余曲折あったわけですが、
    まあ兎にも角にも手元に届きこうして使い始めたわけで、今後どう手に馴染んでくれるか
    楽しみです。

    20140315 さらに追記
     使い始めて約一月くらいでボールに引っかかりを感じて思い出しました。
     トラックボールはボールマウスと同じで使っているうちに汚れがたまります。
     ボールを外すとわかるのですが、ボールをだいたい3点で保持しているのですが
     その部分にほこりがたまってボールの動きが悪くなるのです。
     なんか引っかかるなー、動きが悪いなー、と思ったらボールを外して支点の部分を
     綿棒で掃除してやるとまた快調に動いてくれます。


    追記
     twitter仲間のくりっぱーふりーだむさんから、今回買ったトラックボールマウスが
     初代マクロスのピンポイントバリアーのコントローラに見える、というコメントを
     頂きました。
     あー、確かにこのデカさと言いそんな感じですねえ(笑)
     専任のオペレーターさんたちがキャアキャア言いながら操作してたのを思い出しました。

    web拍手 by FC2
     タイトル長いよ!

     それはさておき。
     Opera20を使うことにしたので、その際に一筋縄ではいかなかったところを備忘録的に
    書き留めておきます。多分19でも同じなんじゃないかな、とは思う。
     多分ことの経緯なんて読みたい酔狂な人は少ないと思うので先に結論を書いちゃいましょう。

     結論その1
      Q. Opera20でブックマークバーのフォルダの中に更にフォルダを作るには
      A. ブックマークバー上に新しいフォルダを作り、入れたいフォルダへドラッグアンド
        ドロップ。一度入れちゃえば中に入った状態でもページの追加が可能

     結論その2
      Q. Opera20でキャッシュを別の場所に置くには
      A. ショートカットキーを作って、ファイルのプロパティを開きリンク先に引数を追加する
      変更前:"C:\Program Files (x86)\Opera Next\launcher.exe"
      変更後:"C:\Program Files (x86)\Opera Next\launcher.exe"
          --disk-cache-dir="変更先フォルダのフルパス"
         (--disk~は .exe"の後ろに半角スペース1つ空けて続ける)

     結論その3
      Q. フォントが一部のページで強制的にメイリオになってしまう、指定したものを使いたい
      A. OperaのアドオンでStylishと言うのがあるので、それを使ってユーザーCSSを設定します
        アドオンをインストールする。オプションを選んで設定画面を出す。
        「新しいスタイルを作成」を選び、コードのところに「*{font-family: "font" !important;}」
        と書き込む(「」は不要)
        スタイル名に適当な名前をつけて「保存」
        Operaを再起動させるとそれまで強制的にメイリオになっていたページも指定した
        フォントで表示される……はず

    と言うわけで備忘録でした。

     いやね。Opera12.16を今まで使ってたんですが、とあるよく見るサイトがうまく表示されなく
    なっちゃいまして、使い慣れたOperaを離れてChromeに乗り換えたんですが、よくよく聞くと
    最新のOperaはChromeベースで動いている(描画エンジンがChrome由来)って話で、挙動も
    操作性もChromeとよく似てるって話だったので、じゃあ今まで使ってきたOperaでいいじゃない、
    と言う結論にいたり、Opera19をインストールしたら以前一度お試しで入れたときの設定が残って
    いたのか、開発版であるところの20へのverupしてしまった(?)ので、まあいいやとばかりに
    Opera20を使おうという流れです。

     で、まずブックマークバー。
     Opera12でもパーソナルバーによく使うブックマークを入れておいて必要に応じて使っていた
    ので、同じような使い方ができないかなあなんて思いまして。
     ブックマークバーにフォルダが作れるのはわかったんですが、それのネストをどうしたらよいか
    なあと考えていろいろいじってて閃いたのです、D&Dすればいいんじゃね?
     ビンゴ。至極簡単にフォルダの中にフォルダをネストさせることができました。

     二つ目、キャッシュ。
     CドライブにSSDを使っていることもあって、OperaやIE等のキャッシュをRAMDISKに移して
    います。
     なので、Opera19とか20でもキャッシュにRAMDISKを指定したいのですが、Opera12までは
    設定にあったキャッシュの場所の指定が設定画面からできなくなっています。
     で、解決方法なんですが、Chromeのエンジン使っているというところでぴんときまして。
     と言うのもChromeも同じようにキャッシュの場所を設定画面から指定できないのです。
     どうするのかというと、実行形式のファイルを起動するときに引数でキャッシュの場所を
    指定するのですが、これと同じことがきっとOpera19,20でもいけるだろうと類推し、
    実際に試してみました。
     結果、Operaについて、で確認するとCドライブのままなのですが、実際には指定した場所に
    キャッシュフォルダができあがり、そこに納められることがわかりました。
     と言うわけでこの件も解決。

     三つ目、フォント。
     これもChromeのバグっぽいのですが、一部のページで設定したフォントでなくメイリオが
    強制的に適用されちゃいまして(Win7の場合、他は不明)私的にはちょっと見にくいので
    なんとからなんかなーと。
     Chromeの時にも同じことが起きたのでこちらのサイトを参考にさせてもらったんですが
    (システムアーツ@はてな http://d.hatena.ne.jp/sys-arts/20121013/1350090774)
    Opera20の場合、この”Custom.css”が見当たんないんですよね。
     さてどうしたものかと思ってたら、Operaアドオンにユーザースタイルシートを管理する
    機能拡張を見つけたので、それを使ってユーザーCSSを設定したら思惑通りに言ったという
    わけです。

     まあ、そんなこんなで、Opera12.16と同じ使い勝手にはほど遠いですが、Chrome-α
    くらいにはなったかなあと思うのでちょっとこのまま使い続けてみようかと思います。
     Chromeにあるブックマークのインポートと整理がOperaでもできるようになると、
    もう少し使い勝手がよくなるんですけどねえ。
     とは言え、ブックマークから探すよりもググった方が早かったりすることも最近多いので、
    頻度考えるとブックマークバーやスピードダイヤルで事足りちゃいそうな気がしないでもないです。

     そんなこんなんで今回はこの辺で。
    web拍手 by FC2

     ちょいとした諸事情により、ノートPCを買い足すことになりました。
     今まではお嬢と嫁さんでデスクトップPCを1台共有していたのですが、お嬢が使う頻度が
    高まって、デスクトップをお嬢の勉強机に置くことになり、嫁さんが好きなタイミングでいじれ
    なくなったのがその理由です。
     で、嫁さんはリビングのあちこちで作業をしますから、ノートPCの方が取り回しが良いという
    ことになり、実に10年ぶりくらいにノートPCを買うことになりました。
     んで、色々と比較してみたんですが、ネット検索とエクセルを使った仕事用の資料作成が
    できればいいというのが嫁さんのスタンスなのと、その他いくつかの諸事情でそこそこの
    スペックのものであれば良いとのことになり、予算と勘案の上でASUSのK550Cに決定。
     国産メーカーのでも良かったのですが、いらんソフトてんこ盛りで、その分というわけじゃない
    のだろうけど価格も高くなってるため、今回は選定対象から外しました。
    (決して売り場で色々対応してくれたのがそこそこ愛嬌のあるお姉さんだったから
    というわけではありません。 ←重要)

     さて、そのASUSのK550Cですが、スペックはこんな感じ。
     CPU:core i3 メモリ:4GB HDD:500GB
     画面サイズ:15.6インチ(FWXGA 1366×768)

     我が家にとってのファーストWindows8マシンであったわけだけど、その出会いはあまりよい
    ものではなく、結果としてWin8の印象がかなり悪くなりました。

    出会いその1.マウスが突如効かなくなる事件
      ニューマシンだ、久々のノートPCだ、と浮かれてせっかくだから新しいワイヤレスマウスも
     買っちゃえ、とBUFFALOのマウスを一緒に購入して、早速USBコネクタにワイヤレスの送信部
     を差し込んで使い始めたまでは良かったのだけど、ある時点から急に全くマウスが効かなくなる
     現象が発生。
      なにが悪いんだろう?? と首を傾げつつああでもないこうでもないとやってもマウスは
     うんでもなければすんでもなく、埒があかない。
      こう言う時はコネクタを挿しなおしてみるがいいだろう、それで直ることも多いしと、
     マウスのワイヤレス送信部分をPCのUSBコネクタから引っこ抜こうとしたら、これがまあ
     堅くて抜けない。
      抜けないからと言ってそのままにするわけにも行かず、なるべくゆっくりとそろりそろりと
     引き抜こうとしたら……パキっと小さく乾いた言う音とともにワイヤレスコネクタが崩壊し
     基板の部分だけがズルリと抜けてしまった。つまり、金属部分はまだPCのUSBコネクタに
     残っている状態。これじゃUSBが使えない。
      この手のトラブルとは無縁とは言わないまでもあまり遭遇する方ではない上に、この壊れ方は
     経験上かなりひどい部類(買ってきた当日に最初の抜き差しで崩壊した)なので、後日販売店
     経由で文句をいう予定なのだけど、ともかくにっちもさっちもいかない。
      ちょいと手荒だけど、残った金属部分をラジオペンチでこれまたゆっくりとコネクタ壊さない
     ように引き抜き、ほっと一息。
     (壊れたマウスは購入したお店にて返金処理となりました)
      しかしこれは序章に過ぎなかった。

    出会いその2.UIがよくわからない
      私の回りでは色々と悪評高いWindows8。とは言え使ってみないことにはいいも悪いもないと
     思って設定を始めてみたものの……。
      ”スマホみたいなもんです”と販売員の兄さんには言われていたのだけど、実際これはどうした
     ものかと思うくらい今までのwindowsと違うUIで、さてどうしようと嫁が頭を抱える始末。
      いやね。コンピューターなんざ根っこは一緒で、その上に被ってる皮が違うだけってのは
     よくわかってて、だからWindowsだろうとMacだろうとUNIXだろうAndroidだろうとiOS
     だろうと過去に使ってきたわけだけど、でもだけど、Win8のUIはわかりにくい。
      従来のWindows(7まで)のように使おうとするとコンパネ一つ出すのに一苦労だし、
     さりとてスマホのようにホーム画面からタイル上に並ぶアイコンを操作しようとなると、
     タッチパネルではない今回のノートPCでは直感的に操作できない上に、どこになにがあるかも
     さっぱりだから、上に書いたようにマウスが壊れてタッチパッドのみでの操作ではストレスの
     たまることたまること。
      なまじデスクトップという今までの片鱗が見えてしまうから、なんとか以前のような使い方が
     できないかと思っちゃうのかもしれないなあ。
      なんでも話によるとこれまでのWindowsのように操作できるようにするフリーソフトがある
     そうなので、ある程度初期の設定が済んだらそれを入れてみようかと思う。
     (windows8.1にするとスマホのようにタイル上に並んだスタート画面をスキップできるように
      なる&スタートメニューを旧来のwindowsのようにできるフリーソフトを使うことにしました)

    出会いその3.WindowsUpdateができない
      とりあえず、購入時がWindows8なのだけど、それを8.1にアップデートすると若干使い勝手が
     良くなるという話を聞き、ならばと8.1にしよう目論んでみたところ、どうやらWin8の時点で
     ある程度以上のパッチをWindowsUpdateで当てておかないと8.1のインストーラーが表示され
     ないらしい。
      と言うわけで先ずはWindowsUpdateを……と思ったのだけど、これが待てど暮らせどダウン
     ロードが始まらない。始まらないったら始まらない。
      一度再起動してみるか? と思ったのだけど上記のUIのお陰でそもそも再起動のかけかたが
     よくわからないってところから始まって、バタバタしつつ再起動をかけてみたのだけど、状況は
     好転せず。困ったときのネット頼みとぐぐってみると、プリインストールされているウイルス
     スキャンソフトが悪さしてることがあるよー、なんて言う情報を見つけ、このノートPCには
     なにが……と調べてみると私内部で悪評の高い「マカフィーのウィルススキャン」が入ってる
     じゃないですか。
      そっこーアンインストして再起動。ついでにiFilterなんてのも入ってるからそれも削除。
      さあどうだ。
      ……あっさりアップデートが始まりました。
      なんとも困ったもんだ。


     ……と言うわけで総じて今回は印象の悪い出会いとなりました。
     ASUSのノートPCが悪いわけじゃなくて、BUFFALOのワイヤレスマウスとWindows8&
    ウィルススキャンによるところが大きいわけなんですが、でもまあ、なんて言うか今までの中でも
    すんなりいかない方の部類ですねえ。
     今後何事もなく嫁さんPCとしてお勤めしてもらいたいなあと思います。

     あ、そうそう、ここんところWebブラウザのOperaの最新版を追いかけてなかったんですが、
    いつの間にか19がリリースされてたんですねえ(私の使ってるのは12.16)
     で、Windows8に対応しているのはその一つ前の18までってことのようで、それを嫁さんの
    PCに入れてみたんですが……ブックマークはどこ?(苦笑)
     どうやら「Opera使用者の大多数(およそ9割)がブックマークを使っていない」と言う
    アンケート結果が出たようで、15のあたりでブックマーク機能がバッサリとカットされちゃった
    みたいですね。
     と言うわけで、嫁さんはChromeへ乗り換え、私は19をちょっと試して復活したというブック
    マーク機能をちょっと試してアンインストール。
     当面12.16のままでいいかなあと思いました。

     ま、そんなところで。


    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3