まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     TASCAMと言う音楽機器のブランドがあります。
     録音機器を手がけているティアックのプロ向けのレコーダーのブランドです。
     そのTASCAMがホームレコーディング用に販売しているマイクやレコーダーと言うのが
    ありまして、例えばipodのドックに接続して使う外付け用のマイクであったり、
    リニアPCMレコーダーだったりするのですが、その中にDR-V1HDと言うちょっと異色な(?)
    製品があります。
     他のものがマイクであったりリニアPCMレコーダーだったりするのに対して、これは
    リニアPCM/HDビデオレコーダー、つまりPCM録音ができてかつビデオも撮れるという
    ビデオレコーダーなのです。

     我が家はお嬢の定期演奏会とかをなるべく高音質で残したいと思ってまして、しかも
    できれば映像も残したいねえ、なんていう調子の良いことも考えてまして、以前はiPodTouchに
    TASCAMの外付けマイクをつけてPCM録音をし、コンパクトデジカメで録画をしていたのですが、
    2つの機器を使って記録をするのはそれはそれでちょっと面倒でして、できれば一つの機器で
    済ませてしまいたいなあ、と思ってたらこのDR-V1HDがあるのを見つけました。
     決して安い買い物ではないのですが、ipodのインターフェースが変わってそれまで使っていた
    マイクが使いにくくなったことも含めて、いい機会なので機器を更新するという名目でポチって
    みました。

     で、実際使ってみて自分的要注意部分書き残しておこうと思います。

      ・最大録画時間は使用するSDHCカードの容量と電池の容量で決まる
      ・最大ファイルサイズは2GBで、それを超えると新しいファイルへ自動的に移行する
      ・ファイル以降の際に数秒のブランクが発生するので曲の最中にそれが来ると音が途切れる
      ・HD720P、24bit48kHzで録画録音すると大体25~30分でファイルが2GBを超える
      ・なので曲がその時間帯にまたがりそうなときは、手動でファイルを新しいものへ切り替える

      ・マイクの感度は初期値”LOW”になっていて、本体ダイヤルで入力レベルをいじっても
       入力が小さい場合は"MID"なり"HIGH"に上げる
      ・MIDやHIGHの場合、入力信号が急に大きくなると音割れしやすいので、できれば"LOW"で
       運用する、とマニュアルに書いてあるがお嬢の定期演奏会だとHIGHで入力レベルを下げると
       ちょうど良かった(但し一部に音割れあり)

      ・録画したファイルについては、本体上では分割のみ可能
      ・PC上では結合のみ可能
      ・なので中途半端な長さのファイルになった場合は本体でファイル分割して
       PCでファイル結合すると良いと思う
      ・なお本体でのファイル分割には結構な時間がかかる模様(ファイル長さによると思う)

     と言うわけで、かゆいところに手が届く仕様にはなっていないので、運用面で何とかしましょう
    って感じです。

     録音音質については、これはもう個人の好みの問題と再生環境によるので、mp3の128kbpsも
    256kbpsも変わんねーよって人は128で録ればいいと思うし、同じwavでも16bit44.1kHzと
    24bit48kHzは違うよなあ、と思う人はこだわればいいのだと思う。
     TASCAMのDR-V1HDを含めたリニアPCMレコーダーは後者向けの製品。
     ことライブ音源に関しては、それなりの再生環境をこしらえてやれば、空気感とか音の広がり
    とかそういうのが変わってくるように私には思えるので、私はこだわりたいなあと思うのです。

    web拍手 by FC2
     さてさて、このブログもひと月近く間が開いてしまいましたが、普通にお仕事が忙しいだけで
    それなりにくたばりつつ日々を過ごしております。

     今回はずいぶんと久しぶりに常用で使っているスピーカーのMarty101のお話をば。
     と言ってもMarty101そのもののお話ではなく、電源の話。
     そもそもタイトルからして首を傾げる人がいると思いますが、Marty101はアクティブ
    スピーカーで、外部からACアダプターを経由して電源供給されるのが基本です。
     Marty101はバッテリーなんぞ持っていないのです。
     持ってないのに更新とはこれいかに、なわけですが、我が家は以前エントリーに上げたように
    Marty101の電源をACアダプターではなくバッテリーにしています。

     「20091230 Marty101の電源」

     ちなみにこのバッテリーからの電源供給なんて言うのはメーカー保証外ですので、
    真似してMarty101が壊れてもメーカーには泣きつけませんし、私も責任持てませんのであしからず。

     で、バッテリーとして「大自工業のSG-1000」と言うドライバッテリーを使っていました。
     こんなのですね。

    メルテック(meltec) ポータブル電源 アクティブパワー SG-1000メルテック(meltec) ポータブル電源 アクティブパワー SG-1000
    (2011/05/30)
    大自工業/メルテック(meltec)

    商品詳細を見る


     2009年の年末に購入し、それなりの頻度で使ってきたのですが、4年近く使うとさすがに
    へたるのか、最近フル充電しても満充電にならなくなりました。
     音量にもよりますが、満充電で大体1日弱使用できていたのが、いいところ使えて数時間程度。
     さすがに買い替えどきがきたようです。
     実績重視で同じものをまた買っても良かったのですが、SG-1000は鉛蓄電池なので、実は
    捨てるのに困るシロモノです。
     住んでる自治体によって廃棄方法が異なるのですが、基本的には自治体のゴミに出せません。
     購入した業者に引き取ってもらう、というのが原則のようで、例えばカー用品店のような
    ところで買ったのであればそこに引き取ってもらうことになります。
     私はアマゾンで買ったのでアマゾンに連絡をしてみたのですが、アマゾンでは引き取りは
    していないのでもう一度自治体に相談してもらいたい、とのこと。
     このへんが通販の難しいところですね(^_^;)
     自治体にもう一度相談するなり、他のルートを探すなり、なんらか廃棄する方法を探さねば、
    です。

     廃棄方法は追々考えるとして、へたったバッテリーの代わりを入手しないとです。
     上述のようにSG-1000をまたアマゾンから買う、というのは単純には行き先に困るものを
    増やすだけなのでやめておきたいところです。
     この4年でスマホが世の中に浸透し、モバイルバッテリーの種類が豊富でかつ大容量になった
    ので、その辺をうまく使えないかなあと思い検索。
     Marty101は12V駆動ですから、スマホの5V出力のバッテリーではダメなので、そこらへんが
    ちょいとネックだったのですが、やはりあるんですねえ、12Vを出力できて大容量なバッテリー。
     と言うわけでこんなのを購入しました。

    RAVPower 15000mAh超大容量モバイルバッテリー 2USBポート(5V/合計2A) DC出力9V・12V/2A スマートフォン,タブレット,iPad,iPhoneに対応 スマートフォン用4種類プラグとタブレット用6種類プラグ付け ACアダプタ付属 RP-PB11RAVPower 15000mAh超大容量モバイルバッテリー 2USBポート(5V/合計2A) DC出力9V・12V/2A スマートフォン,タブレット,iPad,iPhoneに対応 スマートフォン用4種類プラグとタブレット用6種類プラグ付け ACアダプタ付属 RP-PB11
    ()
    RAVPower



     SG-1000よりも小型(7インチスマホくらい)で容量はSG-1000の2倍ときたもんです。
     数日使ってみていますが、特に問題もなく普通に使えています。
     音もSG-1000の時と大差ないなあというところなので、ドライバッテリーの良さは失われてない
    みたい(理屈考えれば当たり前といえば当たり前)
     これでまたしばらくは、電源のことを気にせずにMartyを使えそうです。

    20131117 追記
     別のエントリーにも書きましたが、放電後充電できないという不具合が出ました。
     サポートに連絡しても梨の礫なので使い捨てる気がなければやめておいたほうがいいと思います。

    web拍手 by FC2
     3月のこと。
     このブログでもおなじみとなったツイッター仲間のオイサンがBluetooth接続ができる
    スピーカーを探していたことに端を発し、LogitecのBluetoothオーディオレシーバー、
    LBT-AVAR120を入手しました。
     ビッグカメラで3000円くらい。こんなの(写真はブルー)。



     でまあ、コレのなにがいいって「有線ではない」これにつきます。
     圧倒的に取り回しが楽ですね。
     ケーブルが絡まることもないし。

     一方でいくつか難点もありまして。
     一つは距離。
     見通しのいい場所、であれば数mは途切れず届くのですが、間に障害物、特に人間が入ると
    ものの数十cmで届かなくなります。
     左胸にこれつけて右のおしりのポケットにipod touch入れたら途端に途切れるようになります。
     元々Bluetoothに使っている2.4GHz帯は水に吸収されやすくて、水の塊の人体があるとてきめん
    なわけです。
     二つ目は音質&ホワイトノイズ
     Bluetoothのオーディオレシーバーは電波にして飛ばす際に圧縮をかけるので、元ファイルが
    そこそこ以上の低圧縮率ファイルだった場合、有線と比べて音質劣化します。
     コレはもう現行では致し方ないですね。
     さて、どのくらい変わるか調べてみよう、と思いいつも使ってるイヤホンであるところの
    SE535をLBT-AVAR120につないで、ipod touchとペアリングさせて聞いてみました。
     その結果……。
      ・曲以前の問題としてホワイトノイズが大きい
      ・室内で聞くとホワイトノイズが乗っているのがわかるレベル
      ・屋外では周囲の音もあってさほど気にならない
     と言うことでSE535では音質以前にホワイトノイズの問題が出てしまいました。
      屋外で外からの音がそれなりに入る環境だと、まあこんなもんかな程度になります。

      うーん、と思ってイヤホン変更。
      同じカナルのオーディオテクニカATH-CK90PROを使ってみました。
      お? SE535とほぼ同じインピーダンスにも関わらずホワイトノイズがあまり気になりません。
      さてこれはなんじゃらほい、と思い、曲を固定してイヤホンをとっかえひっかえしてみました。
      試聴に使った曲は「心の旋律(合唱版、幕張総合高校合唱団、Apple Lossless)」

     使ったイヤホン
      SE535(SHURE、トリプルBA、インピーダンス36Ω)
      CK90PRO(audio-technica、デュアルBA、37Ω)
      FX500(Victor、ダイナミック、48Ω)
      MX500(SENNHISER、ダイナミック、vol.MAX16Ω、MIN不明)
       MX500はボリュームが付いているので最大と最小で比較(最小でも音は聞こえる)

     ついでにヘッドホンも
      ATH-ES88(audio-technica、密閉型、34Ω)
      ATH-AD500(audio-technica、オープン、66Ω)

     で、結果ですが、ホワイトノイズの大きい順に

      大:SE535>MX500(vol.MAX)>CK90PRO>MX500
                >>ES88>AD500>>MX500(vol.MIN):小

     残念ながらホワイトノイズがゼロにはなりませんでしたが、それぞれのカテゴリの
    中では概ねインピーダンスが小さい順にホワイトノイズが大きい結果です。
    但しSE535がそれに乗ってません。
     CK90PRO並を期待したのですが、CK90PROと比較すると明らかにホワイトノイズが
    大きいです。
     うーん、これはなんででしょうねえ(^_^;)
     CK90PROよりも耳の奥に入るからか、デュアルではなくトリプルBAだからか、
    インピーダンスがほぼ同じなのでその辺くらいしか浮かばないなあ。

     で、MX500のところではっきりしたのが、途中に抵抗をかませば良い、ということ。
     無論、本体側の音量を大きくしなくてはいけなくなるので、どこまで音量を稼げるかと、
     どのくらいバッテリを食うようになるかを念頭に入れなければならないですが、これが一番
    効果がありそうです。

     そんな都合のいい物ってあるのかなーと思っていたら、世の中にはあるんですね。
     抵抗入りケーブルなるものが。
     でも意外といい長さのものがなく、大抵はオス-オスで今回の目的には使いにくい。
     オス-メスのものは意外にお高い。
     うーんと思いながらMX500を見ていてはたと気が付きました。
     ボリュームついた延長ケーブル買えばいいんじゃね?
     そう言えば、SE535の付属品にあったような……ごそごそ。
     お、あったあった。これをつけてボリューム絞ってホワイトノイズ出ない当たりにして……。
     成功!

     目論見通りホワイトノイズがほぼなくなりました。
     さて、ようやく音の聞き比べです。
     コメントには本体直結と比べた時のLBT-AVAR120の音の印象を書いています。

    WHY? May'n
     音の広がりが狭い。
     低音とボーカルが強調された感じ。
     mp3で圧縮率高いとこんな感じに聞こえるから圧縮の影響?

    She's walking with flowers / ヘブンリー・アイドル 大森俊之
     これも狭い。
     ストリングスが厚く感じる。

    ウイスキーがお好きでしょ 石川さゆり
     これも狭い。
     さゆりさんの声のつやと透明感が段違い悪い。ガサついて濁ってる。

    心の旋律(合唱版) 幕張総合高校合唱団
     曲にベールが一枚二枚かかった感じ。
     ヌケが悪い気がする。

     と言う訳で話が大きく脱線しましたが、LogitecのBluetoothオーディオレシーバー、
    LBT-AVAR120は、音質としては圧縮が入る関係でApple Losslessの場合は
    イヤホン直挿しよりも高音がカットされて音の広がりが狭くなる傾向にあり、組み合わせる
    イヤホンによってはホワイトノイズが気になることがある(SE535が顕著)。
     その場合はボリューム機能付きの延長ケーブルをかませばよさそうです。
     SE535の付属ボリュームはちとごっついですけどね(苦笑)

    web拍手 by FC2
     前回、オーディオテクニカのATH-ES88の感想を書きましたが、時同じくして嫁さんが
    ATH-ES33を通勤用に購入したのでそっちの感想も載っけておきます。
     ES33はこのシリーズの中のエントリーモデルで、値段も手頃な(と言ってもアマゾンで
    4000円はしますが)ところなので、プレーヤー付属のイヤホンからヘッドホンへ……と
    思った時に手を出しやすい機種ではなかろうかと思います。
     折りたたんでそこそこ小さくなるので携帯性もいいですしね。

     メーカーホームページはこちら

     ES88と比べて小さく見えますがドライバーユニットは同じサイズの40mmφだったりします。
     それでいてアマゾン販売価格は3倍くらい違いますから、はてさてどんな音が聞こえてくるか。
     数日嫁さんが使った状態(大体2~3時間経過)でファーストインプレッションです。

    20120708追記
     以下の感想は購入直後の状態でのものです。
     ヘッドホンは鳴らし込む(エージング)と音が変わることがあるので、この感想が
     このヘッドホンの音を全て表しているわけではないことを予めご承知置きの上お読みください。
     それと、音の好みは人それぞれなので、気になる方は大手家電量販店あたりで試聴できると
     思うので、試聴して判断することをおすすめします。
    追記ここまで

    ファーストインプレッション

    「私のお気に入り」
     ES88の時と同じく特定の楽器がドライバユニットにへばりついてる感じです。
     あとホーンの音が角張っててキツイ。
     中高音に滑らかさがないんじゃないかなあ。
     低音もボワボワしてる感じがするなあ。

    「夕凪のダンス」
     全体に音が丸いのはES88と同じ。
     やっぱり高音がきついなあ。
     ギターの音色はそう悪くないので中音域はそこそこマシなのかも。

    「真空のダイヤモンドクレバス」
     May'nの声にもっと艶がほしいなあ。
     カサつきを感じる。
     若干「サ行」が刺さる感じもある。

    「太陽にお願い」
     チキが耳に刺さる(^_^;)
     これももう少しホーンの音に艶がほしいなあ。カサカサしてる感じ。
     ドラムはボワンとしてるかも。なんかまとまりがない音だなあ。

    「一番星」
     Suaraの声が一歩引いた感じがするのはES88と一緒。
     と言うことは、ボーカルあたりがちょっと引っ込んだ感じ。
     高音は出てて低音もそこそこ聞こえるからボーカル付近が凹んで聞こえるのかな。

    「プラチナ」
     一番最初のところで「あー」ってコーラスはいるんですがそこの音量変化に
     引っかかりがある。ES88よりはっきり分かる。
     真綾の声はそこそこ聞こえるけど、それ以上にバイオリンの音が尖っててキツイ。

    と言う訳で上記曲の他にも何曲か聞いてみましたが、中高音が刺さる勢いで結構キツイですね。
    この辺がES88とはちょっと違うかなあ。
    嫁さんのなんで勝手なことはできませんが、とりあえず一晩エージングをかけてみようかと
    思います(ぉ

     ……とここまで7/3に書き上げたんですが、その後ヘッドホンを嫁さんに返してしまい、
    彼女は毎日会社につけていってるのでその後の変化はノーフォローです(^_^;)
     気が向いたら数ヶ月後にどんなふうになったか聞いてみようかなと。

    web拍手 by FC2
     外で何かの曲を聞こうと思った場合、イヤホンかヘッドホンを使うことになりますが、
    私はどちらかと言うと皮膚に油の多いほうで、過去に汗でヘッドホンをダメにしたことが
    何度かあり、必然的にイヤホンへと流れていった人です。
     幸い私はサラサラとした耳垢タイプで、カナルイヤホンを使っても不快感がないので
    カナルイヤホンを使ってきました。
     ところが最近になって、耳掃除で耳に傷がついたのか、耳垢のウエット感が増して来まして、
    いい機会だからと久々にヘッドホンに目を向けてみました。
    (ここまで前置き)

     ヘッドホンというと、STAXのコンデンサ型ヘッドホン、が何の迷いもなく出てくる偏った
    私ですが、あれはポータブルとして外に持ち出すようなものではないし、そもそもの値段が
    半端無いので候補から除外。
     安かろうなのはよくわかっているので、1万前半くらいのものを物色してみました。
     と言うのも、上で書いたように私の肌は多少脂分が多めなので、ポータブルヘッドホンの
    ような耳の上に載せるタイプのヘッドホンだとイヤーパッドが2~3年でだめになる可能性が
    高く、だめになってもまあしょうがないかと思えるくらいの金額に納めておこうと思ったから。
     で、まあ、試聴できる家電量販店で幾つか試聴してみて、うんこれならと思えるものが
    あったので購入しました。

     手に入れたのはオーディオテクニカのATH-ES88。
     ネットをざっと探してみてもあまりレビュー記事が見当たらない代物です。
     なんでも、オーテクの50周年記念モデルの影に隠れてリリースされたもののようで、
    ヘアライン仕上げのアルミのハウジングと、耳の位置調整の仕方が特徴的なモデルです。

     メーカーホームページはこちら

     手元に来たからには今まで買ったイヤホンと同様に聴き比べをしようと思うわけで、
    まっさらの状態で早速いつもの曲を聞いてみました。


    ファーストインプレッション

    「私のお気に入り」
     そう悪くないです。ただちょっと、各楽器がバラバラな印象を受けます。
     定位の問題ですかねえ。いえ、各楽器はちゃんと各楽器の場所にいるんですが、
     なんて言うか一部の楽器がヘッドホンのユニットに張り付いてるような感じ。

    「夕凪のダンス」
     これも悪くないです。全体に音が丸いかな?

    「真空のダイヤモンドクレバス」
     May'nの声にもう少し艶がほしいなあって感じ。
     でも、エージング前のイヤホンにありがちな「サ行」が刺さる感じはない

    「太陽にお願い」
     スカパラの走ってく感じはよく出てるのだけど、これももう少しホーンの音に
     艶がほしいなあ。カサカサしてる感じ。ドラムはボワンとしてるかも

    「一番星」
     あ、これが結構違いが分かる。Suaraの声が一歩引いた感じがする。
     と言うことは、ボーカルあたりがちょっと引っ込んだ感じで、高音が出てるって
     とこなのかな。低音はきつくなく、こんなもんかなと思うのだけど

    「プラチナ」
     真綾の声が少しカサついてる感じがあるなあ。もうちょっと艶とハリがあると思う。
     一番最初のところで「あー」ってコーラスはいるんですがそこの音量変化に
     引っかかりがあるような

    ……と他にも何曲か聞いてみましたが、このままでも聴けなくはない感じです。
    ただ、渡辺美里やほんこーんの声で顕著ですが、総じてボーカルが引っ込み気味、
    低音が出ててボワンとしてる感じで、今後これがどう変化していくか、ですね。
    低音がすっきり収まって、中音が伸びていってくれるといいなあ。
    と言う訳でピンクノイズでエージング開始。


    エージング約20時間後
    「私のお気に入り」
     エージング前よりまとまってきた気がします。低音が引っ込んだ感じ

    「夕凪のダンス」
     かなり聞ける感じです。低音がもうちょっとしまるといいかな

    「真空のダイヤモンドクレバス」
     May'nの声に艶が出てきました

    「太陽にお願い」
     ホーンの音に艶が出てきました。低音はもう一歩。まだボワンとしてる

    「一番星」
     一歩下がってたボーカルの声が前に出てきた感じ

    「プラチナ」
     真綾の声に艶が出てきた気がする。

    ……どうやらボーカル近辺の領域に艶が出始めたようです。
    一方で、高音がちょっとキツ目なのは相変わらず。
    低音がボワンとしてるのも相変わらずです。
    普段聞いているのがBAイヤホンのSE535だからついつい解像度とか中高音ののびを求めて
    しまいますが、ダイナミック型のヘッドホンですからそこは割り引いて考えるべきかなー


    エージング約40時間後

    「私のお気に入り」
     のぺっとユニットにへばりついていた楽器が立体的になってきました。
     バラけてた楽器がまとまって聞こえます

    「夕凪のダンス」
     ハンドクラップに張りが出てきました。うん、良い感じ。

    「太陽にお願い」
     スネアの音が締まってきました

    「一番星」
     まあ、こんなもんかなってとこまで来た感じです。
     Suaraの声がちゃんと前に出てきているし、艶もあるし。

    「プラチナ」
     最初のコーラスの引っ掛かりがなくなりました。
     うん、こんな感じだと思う。

    ……調子に乗ってHTTやその他のアニソン、SKA、JAZZなんかを聞いてみましたが、
    どれも遜色なく聞けるので、私が聞くジャンル&好みにおいてはエージングは
    こんなもんでよさそうです。

    で、そこそこエージングしたあとのインプレッションですが、オーテクらしい(?)
    中高音がしっかりした音だなあ、と思います。
    低音もそこそこ出てる感じですが、極端なドンシャリではないかな。
    重低音を求める人には向いてないと思います。

    興味のある方は、試聴してみてくださいまし。
    大きな家電量販店(ビックカメラとかヨドバシとか)なら置いてるんじゃないかな。
    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3