まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2
     お嬢の学校の課題の一環で、城ヶ島に地層観察に行った我が家は、到着約1時間で目的とする
    地層を発見し、ほくほく顔で休憩を取っていました。
     さてこれからどうしよう、という話になったところで嫁さんとお嬢から提案が……。
     行きのバスでお嬢がバスに酔っていたのです。
     城ヶ島行きのバスは途中三崎港を経由するのですが、三崎港に向かって坂を降りていき
    港の周辺をくねくねと曲がりながら走った後、城ヶ島大橋に向かって坂を登っていくのです。
     お嬢はそもそも車が苦手ですぐ酔う方なので、このアップダウンと曲がりくねった道で
    酔ってしまったというわけなのです。

     お嬢「帰りはあんなにバスに乗りたくない」
     嫁 「城ヶ島大橋を越えて真っすぐ行けば栄町のあたりでバス通りにぶつかるからその辺で乗らない?」

     ふむふむなるほど。
     城ヶ島大橋を徒歩で越えて県道26号線まで歩こうってわけね。
     じゃあ、ここからだったら城ヶ島の南側を通って馬の背の洞門から山を登り、一旦城ヶ島公園の
    駐車場のところで休憩して、城ヶ島大橋を渡ろうか。
     どのみち大橋を渡るなら山を登らないといけないし。

     という私の提案のもと。
     家族みんなで地層を見つつ城ヶ島の南側を東に向かって歩き始めました。
     今にして思うときた道を引き返して島の北側を通っても良かったのかもしれません。
     その方が店屋さんもあるし何やら美味しい物も買えたかもしれません。
     なんとなれば、嫁さんが嫌悪して止まない「フナムシ」に遭遇せずにすんだでしょう。
     でも、集落のある北側は、フィールドワークって意味じゃ全然面白くないと思ったんですよ。
     その辺、実際はどうだったかわかりませんが(^_^;)

     フナムシが突然足元に出てくる恐怖と、主に嫁とお嬢が戦いつつ、馬の背洞門へ。
     途中、こんな花が咲いていました。ヘメロカリスと言う花だそうです。
     ハマユリかと思いましたが違うようです。


     城ヶ島にはトンビが多いのですが、そのトンビに混じって模型飛行機が飛んでました(笑)


     馬の背の洞門まで半分くらいきたところ。
     奥に見える繰り抜かれたトンネルみたいなのが洞門です。


     地層の傾きはこんな感じ。


     山肌からこんな風に地層が見えてる場所もありました。


     馬の背の洞門到着。
     今は落石の危険があって下をくぐれなくなってるんですね。


     さて、ここから山登りです。
     山登りってほどでもないのですが、イメージはそんな感じ(笑)
     石の階段を途中まで登るとこんな光景が待っています。


     奥に見えるのは房総半島ですね。
     海が青く、空も青く、なんだかとても気持ちいい感じ
     足元に広がる水もかなり澄んでいると思うのは、普段見慣れている海が相模湾の奥の方
    だからでしょうか。


     更に階段を登って行くと礫岩かな?の層が見えました。
     この辺はもう数万年前と言うレベルの層ですね。


     歩いてきた道を振り返るとこんな感じ。距離にして1kmくらいですかねえ


     階段を登りきり、城ヶ島公園までの道すがらにあるウミウ展望台からウミウの繁殖地の
    方向(南東方向)をパシャリ。
     地層の積み重なりがダイナミックに見て取れます。


     更に歩いて遊歩道の終わり、車道とぶつかったところを右に曲がって駐車場の奥、
    城ヶ島公園の入り口の休憩スペースでジュースとかを買って一休み。
     ここには売店はなく、自動販売機とトイレがある程度です。
     陶器の風鈴がなんか雰囲気を出していました。


     日除けの朝顔


     その朝顔の向こうに、これもヘメロカリスかな? が咲いてました。


     ここらは高台で海風が強いんでしょう。松が軒並み海側から陸地側に向かって傾いでました


     ここまで来たら後は城ヶ島大橋を渡って帰るだけ。


     途中こんな光景を見かけました。
     わかるかな。ヒントは街灯の上。


     そう、カモメが街灯の上にいるんです。一基に一羽ずつ。いない街灯もあった


     せっかくなのでズームしてご尊顔を拝しましょう(笑)
     うん、凛々しいですね。


     とまあ、そんなこんなでグルッと城ヶ島を半周して、城ヶ島大橋を渡って帰ってきました。
     帰りは油壺入り口のバス停まで歩いて三崎口行のバスに乗り、行きとは打って変わった
    スムースさで駅まで帰ってきました。
     歩いた距離、約5km。
     出不精な我が家にしては歩いた方ですね。
     高低差もかなりありましたし、お嬢がよくがんばったと思います。
     さて、素材は揃ったのでがんばって良いレポートを書いてもらいましょうか(笑)



    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    楽しそうなところ

    毎度お世話になってます。

    わー。
    思いの外、楽しそうなトコですねえ。
    前日は難儀したみたいですが、
    天気もよくて良かったですね。
    前後篇とも、ノリが2割増しのようなw

    模型飛行機は良いタイミングで収めましたね。
    すごい。

    よいレポートが上がるのをお祈りしてます。
     

    Re: 楽しそうなところ

    コメントどもです。
    お陰様で8/15の火曜日は天気にも恵まれ、汗をかきながらの
    城ヶ島歩きとなりました。

    天気がいいとオイサンのように歩くのが苦にならない方には
    もってこいの場所かもしれません。
    景色いいし地層がこれでもかと見えるし、渡し舟で三崎港へ
    渡ってご飯食べることもできるし。

    ノリの良さが伝わったとしたら、それは私も嫁さんも地学ネタを
    前にすると数割増でテンションがアップするからでしょうね(笑)

    模型飛行機は嫁さんが見つけ(よく気がついたものだ)300mmの
    ズームレンズを8割くらいまでズームして撮りました。
    ファインダーに入ってしまえば、わりとなんとかなるもんです。

    と言う訳でそのうち機会があれば城ヶ島歩きでもしに行きましょうか。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/640-1c7b26a1

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。