まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2
     8/15に神奈川県は三浦半島の突端にある城ヶ島に行って来ました。
     ははーん、さてはヨコハマ買い出し紀行の聖地巡礼だな、と思ったあなた。
     おしい。
     確かに私はヨコハマ買い出しスキーでココネストですが、今回は関係ありません。

     お嬢の学校の課題で地層観察してレポートにまとめる、と言うのがあり、ここらで
    地層をガッツリ見られると言ったら城ヶ島だろう、と言う父親の短絡的思考に
    家族を巻き込み、電車とバスに揺られて城ヶ島まで行ってきたわけです。
     ちなみに嫁さんもこの手の地層ものは結構好きで、行く前から夫婦揃ってああでもない
    こうでもないとWebを見ながら話をしていて、お嬢が若干引き気味でした。
     仕方ないのです。
     私も嫁さんも地学部OBなのですから。
     地層や気象、天文と言われると血が騒ぐのです。

     で、そんなこんなで城ヶ島の主に南西部の地層を観察してきました。
     写真も色々撮ったのでぼちぼち載っけて行こうと思います。


     さて、城ヶ島への行き方ですが、電車組は京浜急行の三崎口駅からバスを使うことに
    なります。車の人はナビにお尋ねくださいまし。
     三崎口駅のバスターミナルの2番乗り場、三9系統三崎港経由城ヶ島行き。
     これに揺られて3~40分ってところです。
     お盆の時期や行楽シーズンは道路が混みあうのでもっとかかるかもしれません。

     城ヶ島のバスの終点について島の南側へ歩いて行くと江ノ島の仲見世に似たおみやげ屋さんが
    軒を連ねる通りがあります。


     そこを進んでソフトクリーム屋さんの角を右に曲がり、城ヶ島京急ホテルと書かれた看板を
    越えるといきなり海が目に入ります。


     この日は夏真っ盛りと言うこともあって岩場で海水浴を楽しむ人が多く、この辺の地層を
    見て回るような状況ではありませんでした(^_^;)


     ほぼ垂直に褶曲した地層。その向こうに伊豆半島が見えます。
    城ヶ島のあたりは三崎層と呼ばれる地層群が地表に現れていて、
    ざっと1200万年から400万年くらい前に堆積した地層なのだそうです(三浦半島の地層・地質)



     その地層の中にスランプ構造と呼ばれる曲がりくねった構造が見て取れますねえ。


     海水浴客の視線を受けつつ、コンクリートの橋を渡って京急ホテルの方へ。
     ここでもむき出しになった地層を見ることができます。
     って言うか城ヶ島の西側はこんな風景が多く晴れた日であれば地層を見るのに事欠きません。


     京急ホテルをまいて、ホテルの南西側へ。
     遠く、水平線の上にうっすら見えるのが伊豆大島。


     その界隈をウロウロしていると、明らかに画面の真ん中を境にして左右が異なる場所を発見。
     地層ができた後に大きな地形変動が起きて地層がずれたんでしょう。


     そのギャップの周囲をパノラマっぽく(クリックすると大きくなります)


     色の浅い明るい層が左側の奥、真ん中、右手前と3回出てきますが、本来はひとつの地層で
    それが地震などで隆起して別れてしまったのではなかろうかと思います。
     特に右手前と真ん中は浅く明るい層のすぐ右手にほぼ同じ構造の地層が乗っていて、
    元々は連続した層だったことがわかります。

     それにしてもこの日はいい天気で、前日の断続的に雨が降るような天気とはうってかわって、
    暑さのせいで絶好のとは言えないまでも、観察日和ではあったと思います。


     さて、お上のお目当ての一つ、火炎構造のお出ましです。
     白い層の上に黒い層が乗っていて、白い層があたかも炎のように見えるので火炎構造
    (フレイム構造)と言われているそうですが、確かに面白い形をしてますねえ。
    なにかが踊っているようにも見て取れます。


     隆起によって火炎構造が途切れた場所。
     こう言う断層によるズレがあちこちに見られます。
     この辺は地震が多くそのために数百万年の間に形を変えてきたのでしょうね


     お嬢が事前にネットで調査した時に見つけた逆断層。
     本人色めき立ってました(笑)
     こういうフィールド調査ってお目当ての構造なり物が見つからないなんてこともあるので、
    親としてはお嬢が見つけてきたホームページの写真を見ながら「もしかしたらこれそのものは
    見つからないかもなあ」なんて思っていたのですが、お嬢と嫁でしっかり見つけました。


     で、お目当ての場所も見つかったことだし、火炎構造が露出して侵食されている場所で休憩。
     持ってきたお茶とお菓子で水分とエネルギー補給です。


     それにしても良い空ですねえ。



     長くなってきたのでこの辺で一区切り、もうちょっと続きます。


    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/639-c6ec3755

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。