まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     まずは恒例のお題目。
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS+(アニメ版アマガミ第二期)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

     また、この文章はアマガミゲーム本編をプレイし、塚原ひびきと言うキャラに入れ込んだ
    一個人によるアニメ「アマガミSS+」の感想です。
     アニメを手放しでほめるような内容ではありませんのであらかじめご承知置きの上ご覧ください。



    web拍手 by FC2

     インフルエンザ+別の菌の喉への感染&抗生剤の薬疹と踏んだり蹴ったりな3月後半も
    ようやく終りが見えてきました。
     で、体力もようやく回復し、感想を書く余裕も出来ましたので、3週遅れくらいで
    森島はるか編の前編の感想をアップします。

     アマガミSS+もついに大トリの登場です。
     森島・ラブリー・はるか。
     さて、どんなお話が紡がれるのでしょう。

     と書いては見たものの。
     はるか編の脚本は七咲編、絢辻さん編と同じ方と推測されますので、内容もあの路線であろうと
    容易に推測ができるわけで、実際森島はるか編前編は、はるかの卒業と卒業式プロポーズを
    軸にジェシカと言うはるかの一つ上の従姉が登場して引っ掻き回す的な話になっていて、
    七咲編まで荒唐無稽とは言いませんが、絢辻さん編ほどのストーリー性もなく、ラブリー可愛いね
    うんうん、と言う内容でした。

     個人的ポイントは、主にAパートにおいて塚原先輩がお話に絡む上に、はるかを煽ったり、
    逆にはるかに振り回されて百面相状態の塚原先輩の姿が拝め、なおかつ、塚原先輩ファンからの
    支持の厚い「おかえりんりん」が盛り込まれている等、塚原先輩ファン垂涎の内容となっている
    部分でしょうかね。
    (私的意見を言うと、私はゲーム原作の「おかえりんりん」をそんなに高く評価していない)
     まあ、13話あるうちのひとつの話のAパートくらい露出が多くたっていいんじゃないか、
    とイチ塚原響ファンとしては思うわけでして、紗江ちゃん編での出番がほぼなかったことをチャラに
    できるAパートだったと思います。

     お話そのものについては特にこう書き散らすような必要を感じないので割愛。
     「アマガミは現実」と言う言葉がゲーム本編発売当初にファンの間に流布されましたが、
    「アマガミSS+はファンタジー」だなあ、とはるか編までを見てきて思った次第です。
     後編でどうまとめてどう落ちをつけるのかも大体読めてしまった気がしますが、
    そこはそれ、最期まで見ようと思います。


    今週の塚原響
      上述したとおりです。
      ファンとしてはあれだけ出てきてあれだけ喋ってあれだけ動いてくれれば御の字
     なんじゃないかなあ、と思います。


    感想の最後に、第11話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから-----------------------------------------------------------------------------------------

    アマガミSS+もついに大トリ

    森島はるか編

    冬の街角

    待ち合わせをするはるか

    やってくる橘さん

    えー、で、この外野の音声は? オーディオコメンタリー状態??

    回想シーンでひびきちゃんの後ろ姿

    「もっと幸せにしちゃうぞ」か
    いいねえ、言われてみたいセリフではある

    ふむふむ、ウェディングドレスとな
    これが後ろに繋がる話かな

    んで、はるかがぶっ飛んだこと言ってOPへ

    ちゃっくまいそー

    ひびきちゃんと学校のカフェテラス

    ま、ひびきにしてみたらいつものことレベルか

    なるほどなるほど、だから予告編の展開になるのか

    も、森島セクシージェシカ……(^_^;)

    そりゃあ、きょとんとしますよねー

    今回の私は完全にひびきちゃん目線

    ほうほう、それはその彼氏に相当吹き込んでたんでしょうねえ……

    ひびきちゃん、目がいいねえ

    もう、ひびきちゃんのいじわるw

    はるかのイングランドバージョン……(^_^;)
    ぶっ飛んでるんだろうなあ

    なぜバニー

    似合ってるけど

    えーっと、相当ぶっ飛びましたねえ

    で、ひびきちゃん。その手に持っているのは国語辞典??

    要するに、年が明けて三年生は暇、と

    しかたないですねえ(苦笑)

    って言うか、司祭様役をできちゃったりする?

    このくらいのセリフは知っててもおかしくないか

    ここの文言の訳し方は宗派で様々だったっけか、wikiさんから引用かしら

    あいかわらずだねえ、はるかは

    さすがにひびきの止めが入るかな

    やっぱり(笑)

    はるか編は、こういう展開に持っていくのに苦労がなさそうだなあ

    って言うか、やっぱり脚本家さんの色が出るねえ
    絢辻さん、七咲路線だなあ

    はいはいカットカットー(笑)

    よくまあ考えつくというか、ナチュラルに卒業式プロポーズに持ち込もうって言うのだろうけど

    もしかするとひびきはこうやってはるかに3年間押し切られてきたのかもなあ

    今回の話はひびきの百面相が見所かもしれない

    なんというか、気の毒になあ、ひびきちゃん

    ああ、予告編のあのシーンはそういう……

    はるかもよくやるなあ……

    ひびきがどこで付き合い切れないと匙を投げるか……

    ほうほう、またしてもすっ飛びますなあ

    で、こうなる、と。

    ひびきちゃんが可愛い

    そうね、このシチュでこの持っていき方は、これしかないよね(苦笑)

    もう、なんというか、笑うしかない

    作り手のひびきファンへのサービスシーンと受け止めました。はい

    きみら、今何時だね?

    もはや拷問レベルw

    まだAパートなんだよなあ

    なんか、すでにお腹いっぱい状態

    ひびきが煽る煽る

    策士よのお

    橘さんはいいところで逃げるのです

    帰り道

    ごきげんななめw

    ジェシカ登場で更にひと波乱か!?

    Aパートおわり

    oh 森島先輩が常識人に見えるw

    見事なまでの慌てっぷり

    こういうはるかを見るチャンスはなかなかないねえ

    さすがひびきちゃん、一撃で意思疎通してる

    この状況を楽しんでるよ、この人

    一方、橘家では

    久々のビーバー三国志

    物憂げなはるか

    薫登場w

    次は梨穂子か

    ジェシカ、ノリははるかと一緒だなあ

    お、揺さぶりかけた

    いきなりそこですか

    蒸し返すw

    お? そうきたか

    ED

    ジェシカは御前の二役

    次回どうまとめるか

    ま、卒業式にプロポーズは既定路線として……


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/623-6e75ff9a

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3