まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     まずは恒例のお題目。
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS+(アニメ版アマガミ第二期)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

     また、この文章はアマガミゲーム本編をプレイし、塚原ひびきと言うキャラに入れ込んだ
    一個人によるアニメ「アマガミSS+」の感想です。
     アニメを手放しでほめるような内容ではありませんのであらかじめご承知置きの上ご覧ください。



    web拍手 by FC2

     さてさて、薫編も後編。
     ふたりきりでの旅行を画策するも、お約束通りバスに置いてけぼりを食ってしまった
    橘さんと薫。
     2人の運命やいかに。

     前編の盛りだくさんとは打って変わって、置いて行かれた後の話に絞った展開と
    なりました。
     薫らしさは相変わらず。
     笑って怒って拗ねて凹んで。
     くるくる変わる表情は見ていて飽きないですね。

     前編に引き続き、各シーンごとのつながりや伏線を意識した作りで、
    前回今回と話の種を巻きつつ、それを回収する形で話が進んでいきます。
     その伏線を横の糸とすると、橘さんと薫のやり取りを通じた2人の関係が
    縦の糸になっているかな、と。

      たらこの財布の置き忘れ → お金が足りない
      サルに持って行かれたブラ → 雨が振ってスケスケ
      梅ちゃんの寿司修行 → 救世主登場
      バスに置き忘れた荷物はどうなった? → 自宅へ送付
      薫の想い~純一との付き合い方 → 砂浜で答えを見つける
      前編冒頭の教室で絵を直す → 後編ラストシーン

     などなど、探せば他にもあると思います。

     ケンカして雨に降られて、バス停で「雨の水に流そう」って橘さんがうまいこと
    言いますが、あのシーン、裏には「雨降って地固まる」があったのだろうな、とか
    思ったりもしました。
     それと、夕暮れの海岸で水遊びするシーンがあって、あそこで流れるBGMって確か
    アマガミSS薫編のオーラスで流れた曲だったんじゃないかなと思うんですが、
    あの曲は本当にあの2人にマッチしているなあと思います。

     置いてきぼりにされた時間から考えて温泉でのその状況は時系列的にどう考えても
    おかしいだろう、とか、まさかの夢オチならぬ梅オチ、とか、そもそも一泊する
    お金が無いからバス旅行にしたんじゃないの? とか、薫の胸はそんなにでかくない、
    とか、ほじくりゃいくらでも出てきそうなんですが、まあ、そこはね(^_^;)

     まあそんなわけで、絶賛とは行かないまでも、薫というキャラを活かした良い感じの
    薫編だったなと思います。



    今週の塚原響
      今週もおやすみですー。
      ま、しょうがないですよね。


    感想の最後に、第8話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから-----------------------------------------------------------------------------------------

    さて、薫編後編

    バスに置いてけぼりを食らった2人は一体どうするのか、どうなるのか

    まずは途方に暮れる2人から

    まあ、ここでのケンカは順当なところですね

    で、ヒッチハイクして乗っけてもらう……のかな?

    OP

    ちぇっくまいそー

    乗っけてもらってなおケンカする2人

    おっちゃん、さすが(笑)

    また、ここで薫が頬を赤らめたりするんだ

    かわいいねえ、この子は

    ほほう。温泉宿とな

    はい、妄想入りましたー

    いいおっちゃんだなあ

    これはかなりホラー(笑)

    図星(笑)

    これは怖い(笑)

    怖い怖い怖い(笑)

    図星2

    いやあ、なかなかどうしてスリリング(笑)

    んで、温泉っと

    もしかして、この温泉宿の話だけでAパートとBパートのある程度を使うつもりかな

    お風呂はいい感じだなあ

    はい、おやくそくー

    もしもーし、ここは混浴じゃないですよー

    このBGMは雰囲気出るなあ

    えーと、タオル巻いてないのなら胸はもっと浮きます

    ああ、なるほど、猿ね

    あとね、薫の胸盛り過ぎ(笑)

    この子こんなに無いでしょ?

    Aパート終わり

    いやー、前回とえらい違いだ

    あら、美味しそう……って、今何時?

    いくらなんでも時間軸が狂ってるような……

    猫だねえ

    夜は更けて?

    薫の悩み、というか、本音か

    このヘタレめ

    この女将の声はどっかで聞いたことがあるような……

    ああ、先週のアレね?

    ちゃんと伏線になってたか

    話を蒸し返してケンカするような関係は、長続きしないよ
    お二人さん

    順当に道を間違えて

    そして降りだす雨

    なるほど、あの猿のあれと、この雨が重なれば……

    脚本さんの技かそれとも演出の技か、いずれにしても策士よのお

    さて、これだけ引っ張ったからにはなにか落ちが……

    ああ、ひっぱたいて終わり

    この橘さんは、振り回されて腹立てて、でも薫の屈託のなさにまあいいかって思ってを
    繰り返してここまで来たんだろうなあ

    雨は降り続き

    薫は薫で、ふと冷静に戻る瞬間があるのだろうなあ

    ほほう、雨の水に流そう、ときたか。

    まさに「雨降って地固まる」

    このバス停廃止になってたのかー

    なけなしの小銭でラストチャンス

    しゃべり倒し(笑)

    さすが、納得の美也クオリティ

    着払いで送ってもらうように手配したのはなかなか

    夕暮れ、海岸、途方に暮れる……あ、意外とポジティブ

    おー、ここでこの曲流すかー
    いい曲だよね。これ

    ま、この二人らしいね

    お、答えが見つかったか

    まさかの梅ちゃん

    つーか、まさかあのシーンがここに繋がるとは(笑)

    後日談

    おーーーっ

    話がここに戻って終わるのか(笑)

    ED

    今回もつながりを意識したシナリオでした。

    多少どころか相当強引なところはあったけど(笑)

    次回から紗江ちゃん編

    次回「ウタガイ」

    券売機のメニューが気になる……

    これまでうまく話を組み立てている/組み立てようとしていると感じたのが
    梨穂子編と薫編。
    共通項は……。

    スポンサーサイト

    コメント

    どーも、似非神です。
    アマガミ、薫編ケッコーいい感じでしたねー。
    棚町はゲーム購入当初はノーマークのキャラだったのですが、全キャラコンプのためにちょいとやってみたら
    あれ?可愛い?→可愛い所もあるじゃないか!
    に変わりましたね(笑)

    話全体の感想としてはかなり好印象ですね。
    七咲編とは打って変わって二人のらしさが良い意味で出ていましたね。
    二人のラブラブしている感じも、サービス的なシーンも無理矢理感があまり無く、「薫ならあるな。」
    と思わせてくれる内容でした。

    積極的に見せてすぐ赤くなる薫は可愛いですね(笑)

    伏線作りも結構意識されているし、なによりも、浜辺と教室のラストシーンはぐっときましたね。

    今回の薫と橘さんの関係というか、距離感は
    SS+の橘さんと各キャラの関係の中では今の所一、ニを争うくらい好きですね。
    ただ、今回も橘さんのダメな所というか、器の小さい所のような部分が若干出てきていたのは残念でしたね。
    後悔の言葉を吐くたびにまず薫が悪いみたいな言い方になっていたのが、「ああ、そんな事言っちゃダメだよ橘さん。」って気持ちにさせられましたね(笑)

    追伸的なもの
    二週にわたって響ちゃんでませんでしたねー(涙)
    今までは接点の無い人でも出ていてたですけどねー
    薫は交友関係に先輩キャラいませんからねー
    舞台も輝日東では無かったですからねー(七話なら出てもよかったと思うんですけどね。)

    次回も中田さんですからね、でれるかちょっとあやしいですね。

    お返事

    似非神樣

    コメントありがとうございます。
    薫編は彼女らしさがよく出ていた話だったなあと思います。

    私も薫はノーマークで、チャラいキャラかと思っていたら意外とそうでもなく
    気がついたらいつの間にやら薫スキBESTに行っていたなんてのが
    アマガミの一番最初のプレイでしたねえ。

    SS+の薫編は梨穂子編と似ていて、お話を2話構成でしっかり組み上げようとしている
    ように思えました。
    どうやら(これはSSの時もそうでしたが)なるべく他のヒロインを出して、お色気系の
    サービスシーンを組み込んで……と言う縛りがあるようですが、それをうまくお話の中に
    とり込もうとしていますね。

    浜辺のシーンとラストの教室のシーンは私もいいなと感じました。
    特にラストの教室でのシーンは、最初の教室のシーンを上手く戻して、なおかつ単なる
    ループではなく2人の距離や気持ちという点でスパイラルになっている気がしました。

    それにしても薫は良いキャラです。
    たしかにちょっと橘さんの怒り方というかキレ方が責任転嫁という情けない方向に
    行きがちになっていて残念な部分がありましたね。
    主導権を握っているのは薫だということを描こうとしたのかもなあ、なんて思います。

    ひびきちゃんに関しては8話は出番がなくても仕方ないかなあって思います。
    なにせ輝日東じゃないですからね。
    モブシーンであろうと出てくるほうが違和感が生じちゃいますね。
    紗江ちゃん編はどうでしょうね……。
    通行人Aくらいで登場するかどうか……かな。
    森島先輩編に期待しましょう(^_^;)


    またコメントお寄せください。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/618-dbda3cbf

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3