まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

     まずは恒例のお題目。
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS+(アニメ版アマガミ第二期)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

     また、この文章はアマガミゲーム本編をプレイし、塚原ひびきと言うキャラに入れ込んだ
    一個人によるアニメ「アマガミSS+」の感想です。
     アニメを手放しでほめるような内容ではありませんのであらかじめご承知置きの上ご覧ください。



    web拍手 by FC2
     さてさて、アマガミSS+もあっという間に折り返しです。
     4人目のヒロインは棚町薫。
     どんなお話になるのやら。

     結論から言うと、前編は私が思う薫らしさを持った薫のお話でした。
     芯になる部分に恥ずかしさと常識的な部分を持っていて、その上に自由奔放と言う衣をまとった
    そんな薫のお話。
     橘さんの腿の間に座ってノリノリで絵を直してみたり、お菓子食べる時に橘さんにあーんをして
    みたり、罰ゲームにたけのこ里を2人でかじってみたり。
     一方で、屋上で「バカップルっぽいかな?」と気にしてみたり、大量のおみやげを買い込んで
    それを一緒に乗ってる人に見られるのを気にしてみたり。
     イタいバカップルの手前で踏みとどまっているのは、薫のある種常識的な感覚のなせること
    なんだろうな、と思います。

     結構盛りだくさんな内容だけど、それが各シーンごとに薫らしさの上でうまくまとまって
    流れていくので、くどくは感じなかったですね。
     いわゆるサービスシーン的な部分も、ああ薫ならありえる、とか、この橘さんならやりそう、
    と言う流れの中にうまく入れ込んであって違和感が少なく、どぎつさがないなあと。
     例えば冒頭の薫が橘さんの絵を直すシーン。
     薫はなんのてらいも躊躇もなしに橘さんの腿の間にちょんと座って絵を描き始め、だんだん興に
    乗り橘さんの股間を刺激するようにお尻を動かしていく、実は結構エロいシーンですが、薫の
    邪気のない奔放さが先に立つために、あまりエッチっぽく感じない。
     例えばテラスで旅行先を相談しているときに橘さんの妄想の中に温泉に浸かる薫が出てきますが、
    それもこの橘さんならそう言う妄想をするだろうなあ、と思えてしまうので唐突感が少なく、
    納得して見れてしまう。
     ヒーローショーやバスの中でのやり取りもそうですね。
     「ああ、この二人ならこうかもな」と思えるやり取りを重ねあわせてお話が展開されていくから、
    変に引っかかるところがなく見れてしまう。
     正直言うと、それはどうなのよ? と言うシーンが無いわけでもないんですが、全体の流れが
    良いのである程度以上目をつぶることができる
     そんな風に思いました。
     アマガミSSの時に出てきた「期間限定ものに目がない」と言う設定をうまく使っていますよね。
     それと、薫はアマガミのゲーム本編でアーティスティックな面を見せるのですが、それを冒頭の
    シーンに活かしていたり、バスで置いてきぼりになるシーンも所々に色々と伏線はっていたりして、
    (集合時間を薫がサラっと間違えたり、恥ずかしいからと大量に買い込んだおみやげに毛布をかけて
    おいたら乗務員がそれを毛布かぶって寝ていると勘違いして2人がいないことに気が付かないとか、
    電話ボックスの上に小銭入れ置き忘れるとか、ま、色々)全体的な流れとしてよく練りこまれている
    なあと感じました。

     個人的には、ヒーローショーのバイトの帰りに薫が期間限定のジュースを買ってそれを橘さんに
    飲ませるシーンが2人らしさとか2人の距離がよく現れていて好きです。
     その手前の、2人並んで歩く構図も結構好き。
     あと、ヒーローショーのお姉さん役がハマっていてよかったですね。
     ポニテだし!(そこかよ) ポニテだし!!(大事だから2回!?)

     で、順当に2人はバスに置いてきぼりをくらい、次週に続くわけなんですが、ここからどう
    お話を展開していくかが来週のポイントですね。


    今週の塚原響
      ついに、第7話目にして出番なし。
      ま、薫とは接点が無いですからね。
      モブで登場しないかな、とか思いましたが今回はおやすみ。
      次週以降に期待しましょう。


    感想の最後に、第7話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから-----------------------------------------------------------------------------------------

    アマガミSS+もあっという間に折り返し。
    薫編前編。
    いざ。

    おお!? いきなりヒーローものか?

    イナゴマスクか

    ちょっ、ヒーローショーのお姉さんかよ(笑)

    つーか、似合ってるなあ。薫

    ポニテ( ゜∀゜)o彡゜ ポニテ( ゜∀゜)o彡゜

    お? こう言うカメラの見せ方は今までなかった気がする

    あー、戦闘員の中の人はあなたですか(笑)

    じゃあ、イナゴマスクは?

    アドリブ(笑)

    橘さんの逆襲が始まる

    志村後ろ的展開

    薫が素で驚いてるな

    な、ナマコ男ってw

    粘液で縛って

    これで掴みもバッチリですね

    クジラ男にチェンジ

    今度は濡らすのか

    これで大きなおじさんたちも大喜びだ

    最後はイカ男か

    ひと粒300m的な何か

    あー、イナゴマスクがダレてるw

    ここに至る経緯がAパートのネタかな
    んで、話しを戻してBパート?

    OP

    ちぇっくまいそー

    季節は夏

    夏セーターなしとは薫らしい

    美術は苦手な人はとことん苦手だよね

    今回は動きの見せ方が面白いなあ

    描ける人にはわからない苦悩だよなあ……

    橘さんの膝の上に腰掛けたのか

    この子もわかっててやってんだかなんだか(笑)

    ああ、一応椅子の上なのね

    お、真剣な表情

    ここのBGMは結構好き。いい曲だよね

    わかっててやってんだかなんだか(笑)

    橘さんも大変だなあ

    一方の薫は楽しそう

    普段から振り回されてるのかなあ

    早朝がいつの間にか登校時間になっていたようで(笑)

    まあ、薫は突っ走り系だからなあ

    絢辻さんと麻耶ちゃん登場 立ち話のモブシーン

    さすがに田中さんから苦言が

    一応、気にはしてるわけか<バカップル

    しかも恥ずかしがってるあたり可愛いですやね

    薫はああ見えて常識人だからなあ、一応は

    もともとこの二人に関しては距離が近かったからなあ

    二人っきり……か

    それはそれでいい関係だと思うのだけどなあ

    そっか、田中さんの入れ知恵か

    あー、橘さん私と替われ

    私も薫とこうしてテラスでジュース飲みたい

    旅行先の相談

    橘さんの妄想力炸裂

    SSの時も、薫編はこういう形でのお色気シーンが多かった気がする

    基本、髪の毛をアップにした薫はかわいい。異論は認めるが持論を変える気はない

    っていうか、なんで混浴がデフォなんだよw

    さすがのやり取り

    で、夏休みにヒーローショーのアルバイト、と

    薫編の2人は受験は意識してないのかな?

    おお、頼もしい

    つーか、こういう悪友がいたら楽しかろう……と書いてひとり思い出したが
    あー、あれの相手は疲れるなあ

    で、アルバイトシーンっと

    うんうん、イナゴマスクなら紗江ちゃんと七咲を自然に絡ませられるね

    これはシナリオ考えた人の勝利だな

    そして冒頭に戻る、と

    そうなりますよねー

    もっとも、一部受けしてた様子ですが(笑)

    そこでそう拗ねますか、橘さん

    バイト慣れしてないからか、割り切りがなってないなあ

    ここで、こう笑い飛ばせるのが薫のいいところだよなあ

    あ、この構図いいな

    やっぱりここまでの都合6話と見せ方が違う気がする

    ああ、やっぱり薫はかわいいね

    いや、薫の可愛らしさをちゃんと描いてるってことか

    こういう日常のやり取りって、いいなあ

    スイカトマトソーダ(笑)

    目利きだなあ

    そしてふと気がつく旅行パンフ&格安バスツアー

    目利きだなあ

    とすると、Bパートからバス旅行?

    梅ちゃん登場

    すし修行おつです

    お宝本の受け渡しでしたか(笑)

    いや、ビデオか

    梅ちゃんに関して言うと、どのヒロインの話でも「彼はいいヤツ」だよね

    思わぬ展開を見せて焦る田中さん?

    それぞれの親友がそれぞれに二人を煽るわけだ

    高まる期待

    Aパート終わり

    って密度濃いな、おい

    Bパート

    旅行開始

    楽しそうだね

    こんなところが薫らしいね

    んー、もしかして薫編はCG多用してるのかな??

    旅行にいく小学生状態なお菓子の量(笑)

    薫の限定味好きはSSを踏襲してるね

    いや、でも、楽しそうだなあ

    二人っきりの醍醐味ですな<あーん

    んで、お約束ですな<あーんと見せかけて自分が食べる

    すんでのところでバカップルにならないのは自制がかかっているから
    Aパート前半で説明済み

    あー、その気持ちはわかる、かな

    んで、薫みたいな子はこういうセリフには多分弱いよね

    ほほう、そうきたか<罰ゲーム

    さて、どういう反応に出るか……

    まったくこの2人は(笑)

    あー、やっぱりこうなったか

    そこまでやるから田中さんにバカップルって言われちゃうのさ

    んー、そっか、このバスの動きというかなんと言うかに違和感があるのか

    20分休憩

    うれしそうだね、薫

    限定味好きとしての気持ちはわかるけど、そんなに買うの?(笑)

    って言うかそのセリフ、すごくラブリーちっく(笑)

    買いすぎ

    えーと、これは何かの伏線かな?

    はい、置いてけぼりフラグ立ちましたー

    フラグ確定、と

    んで、事態に気がつく2人

    一方、そのころ田中さんは……

    小さい旅行会社だとこうなるよねー

    たらこの小銭入れは共通なのか(笑)

    美也、寝るの早いな(笑)

    んで、たらこ小銭入れも忘れるの?

    念願の二人っきりになれたものの……

    どうなっちゃうんでしょうねえ。これ

    ED

    脚本はアマガミSSの薫編に引き続き、待田堂子さん
    梨穂子編もそうでしたね

    次回「ミチヅレ」

    2人は一体どうなるのか

    予告を見るかぎり自力で何とかしようって感じだけど

    結局ひびきちゃんの出番はありませんでした
    まあ、この流れではしょうがないよね。はるかも出てきてないし

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/617-35fdf47a

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。