まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2
     まずは恒例のお題目。
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS+(アニメ版アマガミ第二期)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

     また、この文章はアマガミゲーム本編をプレイし、塚原ひびきと言うキャラに入れ込んだ
    一個人によるアニメ「アマガミSS+」の感想です。
     アニメを手放しでほめるような内容ではありませんのであらかじめご承知置きの上ご覧ください。



    web拍手 by FC2
     梨穂子編も後半。
     1クール、ひとキャラクター2話っていうのは、こうして見るとあっという間ですね。
     絢辻さん編を見るかぎり、なにか大きな話題(絢辻さん編では生徒会長選挙)を軸に、
    二人の日常をっぽい小ネタを積み上げて、そこに二人の関係を揺るがす事件を入れて、
    最終的にイチャイチャ甘々で話をまとめる……というような方向に見えたアマガミSS+ですが、
    梨穂子編前編を見るかぎりその方向で動いている感じでした。
     なので、前回第3話の感想を書いた時にコメントを寄せてくれた似非神さんへの返事で

    「後編については私はもうちょっと踏み込んでくると思っていて、今回のBパートラストで
    電車の音にかき消された梨穂子の言葉、あれは橘さんのことを言ったのだと思うのですが、
    それを聞いたチャラ男くんが橘さんをdisって、梨穂子が怒って、チャラ男が逆上して
    そこに橘さん登場、梨穂子は僕の彼女だくらいまで大見得切る位の事をして、二人の仲が
    一気に進展するのではないか、と予想しています」


     なんて書いて、その一気に進展するのがAパートで、Bパートで付き合いだした二人が
    甘々な展開を繰り広げるのではないかと考えたのですが、さてどうなったでしょうか。

     結果から言うと、予想の斜め下あたりでアマガミSSの梨穂子編の雰囲気を壊さずに
    二人が結ばれて終わるというHappyEndと相成りました。
     前回感想でコメントを寄せてくれた似非神さんの予想が近かったですね。
     私の予想はちょっと考え過ぎだったようです。
     ゲーム本編をリスペクトしたような作りにするかと思ったのですが、どうやらアマガミSSの
    梨穂子編同様に大きな波風は立てない方針みたいです。

     チャラ男くんの話はものすごくあっさりと終わり、ただ、そのシーンを目撃した橘さんは
    若干ギクシャクした様子。
     買ったアイスクリームが夏とは言え溶けちゃったのだから、色々思い悩みながら帰ってきた
    のがわかります。
     彼は彼なりに梨穂子と言う存在が自分にとってどうなのかを考えていたのでしょうね。
     「好き」と言う今この瞬間の突発的な感情ではなく「ずっと好きだった」と言う継続した想い。
     お話の途中にインサートされる、アルバムを見て微笑む橘さんの姿がそれを表していたと
    思います。
     一方、梨穂子は梨穂子で、香苗さんやまなるっこ達に焚きつけられ、図らずもガード下で
    チャラ男くんに本心を語り、本人としても自分の気持ちを伝えなければ……と言う気持ちに
    なっていたようで、やっぱり橘さんへの接し方がギクシャクしてしまいます。
     そんないつも同じ雰囲気の衣をまとって、でもいつもとは違う空気の中で二人がそれぞれに
    相手へもう一歩踏み込むためにタイミングを模索する、そんなA~Bパート。

     今回も、シーンごとのつながりをある程度意識した作りになってたなあ、と。
     いや、見る人が見れば「あたりまえじゃん」なのかもしれませんが(笑)
     橘さんが帰ってくるまでにそこそこ時間がかかったことをアイスクリームの溶け方で
    表し、そのアイスクリームの話をかき氷の時に更に持ち出す。
     まなるっこ達が釣りをしているシーンに見える稲光が、その後の夕立の予兆となっている。
     美也のデザートのてんこ盛りのかき氷が、夜中の美也のトイレの引き金になり、寝付けなく
    なった橘さんと梨穂子が縁側に来るきっかけになっている。
     前回のナンパしまくると言ったチャラ男くんがそのとおりにした結果、図らずもはるかに
    声をかける事になる。
     余談ですが、はるかがどんな存在なのかが彼の反応から明らかですね。
     彼では太刀打ちできないほどの高嶺の花、なのでしょうね。
     チャラ男くんのこの夏ナンパしてでも彼女を!と言う刹那的な感情も、橘さんの継続する想い
    との対比だったのかもしれません。

     ともあれ、二話まるまる使って、二人はようやく彼氏と彼女になりました。
     他のヒロインたちが大体クリスマスイブでカップルになっていることを考えると、実に8ヶ月
    遅れとなるわけですが、でも、それでもあの二人のペースなら早い方だったんじゃないかな、
    くらいに感じています。
     今回の話の中でも、いくつかの偶然、
      ・チャラ男くんの決意
      ・橘さんの両親が親戚のところに行っていて結果夏バテ状態、
      ・梨穂子がチャラ男くんにナンパされる
      ・それを橘さんが目撃する
      ・夕立が降って梨穂子が泊まることになる
      ・美也が夜中にトイレに起きて二人を起こしてしまう
      ・線香花火が橘さんの足についてたまたま足元にあった麦茶につまずいて梨穂子の上に
       覆いかぶさる
       (これはなくても告白につながってた気がする。橘さんが「これからもそうだといいな」と
        言ったから)
    が重なったからあのシチュエーションに辿りつけたわけでそうでなければ、夏が過ぎても二人は
    付かず離れず同じペースで過ごしていったのでしょうから。
     ただ、仮に今回偶然が重ならず、二人がくっつかなかったとしても、転機となりうるものが
    遅かれ早かれ来るはずなのは間違いなくて、それは作中にも出ていた「進路」の話で、二人の関係が
    フェードアウトしていくか、より強固なものになるかの分かれ道が待ち受けていたと思います。

     Bパートでベタベタ甘々のイチャつき話を見たかった人は残念がるでしょうが、私はこの
    Bパートのゆったりとした流れが梨穂子編の二人らしさが出ていていい感じだなあ、と思いながら
    見ていました。
     この二人は、ベタな告白なんかしなくてもお互いがお互いの気持ちを察してやっていけるような
    関係になれるんじゃないか、だからわざわざ告白シーンなんかいらないんじゃないか、と思ってた
    のですが、今回の話を見てちょっとその考えを改めました。
     上で書いた、なんとなくお互いの気持ちを察してと言うのは付き合いの長いカップルが結婚する
    ときに起きたりするのですが、幼馴染なり仲のいい友達なりから恋人への変化というのは、やはり
    それ相応の区切りがお互いの気持ちのために必要だよな、と。
     自分は本当に彼/彼女の彼女/彼なのか、付き合っているといっていいのだろうか、と言うことを
    悶々と考えちゃったりするから、気持ちの確認と言うのは結構大事だよな、と。
     その区切りをどこかで付けなければいけないのならば、それはアニメの中でやるべきだろうな、と。
     よく考えたら、自分の書いた話の中でも、ちゃんと橘さんに区切りを付けさせていますしね(笑)

     お互いの気持ちを確かめ合い、朝を迎えた二人の様子が初々しくて、美也のツッコミがまた鋭くて、
    そのツッコミに対する反応が微笑ましくて、二話を通じてああ良いお話だったな、と思います。


    今週の塚原ひびき
     今週の出番は2回。
     一つ目は、チャラ男こと真壁くんが梨穂子に振られた後に声をかけた相手がはるかとひびきだった
    と言うシーン。
     アップあり。セリフ付きです。
     二つ目は、次回予告。
     絵はなし、セリフのみですが、ひびきの七咲に対する想いがわかりますね。
     ところで、ひびきちゃんが何やら恋愛についてしたり顔で語っていますが、アマガミSSの
    はるか編でもはるかの焚きつけをしてたりと、なかなか経験豊富そうな感じですね。
     この根拠は一体どこから来るのやら(笑)


    感想の最後に、第四話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから------------------------------------------------------------------------------------------

     梨穂子編後半、はじまりはじまり~

     さて、先週予想した展開通りとなるのか、それとも斜め上を行ってくれるのか

     Aパートで「梨穂子はオレの彼女だ」となって、Bパートでいちゃつく展開かなー

     前回の続きから

     チャラ男くんのターンに梨穂子がなにか言うが電車の音にかき消された状況

     盛りのついた男の子って始末におえないですよねー

     梨穂子の目は真っ直ぐでいいなー

     あー、予想以上にさっくりすんだな、このシーン

     ってことは純一が「梨穂子の好きな人って誰だろうって」悶々とするターンか?

     はるか&ひびきちゃん登場

     相手が悪いね、少年w

     OP

     チェックマイソー

     到着ー

     さて、アイスクリームを持って橘さんはどこへ

     お、帰ってきた帰ってきた

     やっぱり溶けたか

     なんか気まずい感じ? 意識してる感じ?

     懸命な判断だ、橘さん(笑)

     みゃーはかわいいねえ

     梨穂子の鼻歌はOPですな。ちぇっくまいそー♪

     この、扉を閉める音が意味深に感じるのは私だけ?

     なんかこう、いまいち噛み合ってない感が(笑)

     さて、どこへどう持っていきたいのかな、橘さん

     りほっちもこのタイミングでなにをどうしようとしてるのか

     香苗さんのあのセリフが伏線?

     この二人は、なんやかんやとこの調子なんだろうなあ

     わお(じゅるり

     これは橘さんと美也ならずとも、おー、と叫びたくなるレベル

     まなるっこ登場

     釣り(笑)

     やっぱりあの話はウソだったかー

     いい先輩たちだよなあ

     やっぱり驚くよなー<テニサー

     いい雰囲気

     タネウマくん風鈴(笑)

     動け美也(笑)

     いいから早く出ろ(笑)

     紗江ちゃん登場

     まったくこの二人は

     意を決した!?

     紗江ちゃん七咲と遊園地ときたら、イナゴマスクだなあ

     ここはこのBGMがしっくり来るなあ

     えーと、減法混色で色が濁っていくんだっけ

     夕立

     お泊りフラグか?

     そう言えばまなるっこ達のいた海っペリは雷鳴が……

     やっぱり(笑)

     サービスカット入りましたー

     梨穂子にとっては色々刺激的な一日でしたねえ

     橘さん、写真を見て昔を思い出してるのかな

     冒頭のあれをまだ引きずってるわけだしね

     ずっと一緒だったことがわかるなあ

     二人の想いはどう絡まっていくのか

     Aパート終わり

     雨は降り続き

     美也は相変わらず(笑)

     さすが橘さん。欲望が口の端からこぼれて落ちてる

     ガールズトークの始まり?

     寝ボケる美也

     確かに小学生レベル(笑)

     そこで目を覚ましてしまって

     意を決して……?

     橘さんは縁側に

     梨穂子もそこへ

     結局この二人は上手くシンクロしてるんだなあ

     花火か

     夏の夜に縁側で線香花火

     この二人にはお似合いのシーンかも知れない

     進路か……

     3年生の夏なんだなあ

     えーっと、うーん、ちょっと持っていき方が強引?

     ああ、この二人はなんやかんやと通じ合ってて、だから改まった告白なんて
    いらないんだ、って言う持っていき方のできたシーンだったのだけど

     でも、分かり合ってても区切りはちゃんと必要だったりするんだよね

     そういう意味じゃ、付き合い始めるという区切りがこの二人には必要なのかもね

     それが今である必要があるかはともかく

     と言う訳で、橘さんの告白

     ようやく自分の気持ちに気がついたパターンですね。

     引き金はやっぱりあのガード下かな?

     夜が明けて

     いきなりノロケですか

     美也鋭いなw

     だめだ、ベタすぎて笑うしかない

     かわいいなあ、この二人

     ED

     ん、梨穂子らしさを保った感じの、良い話でした

     この先が見たいんだ、もっとベタベタしたところが見たいんだ、って人はいそうだけど

     色々引っかかるシーンはあるけれど、ギリギリのバランスでうまく描いた感じがする

     次回予告、ひびきちゃん登場ーっ

     あーあー、ひびきちゃん? なにをしたり顔で言ってますか、あなた

     付き合い始めた後の七咲かあ

     しかもスキBEST後

     どうなることやら

    スポンサーサイト

    コメント

    どうも、似非神です。

    梨穂子編終わりましたねー
    何となく予想道理でしたねー。全体としての私的な感想は原作ファンとSSファンの両方に配慮した感じだったなーと言った感じですね。
    ゆっくりとした雰囲気はすごく好きだったけど、告白までの流れが二話のせいか若干強引に感じましたね。
    とゆうより、線香花火と麦茶の下りで、なんで後ろに転びそうだったのに、梨穂子に覆いかぶさってるんだ!っていう強引な展開が気に入りませんでしたね。
    でも、ラストの初々しい二人は見ていてニヤ×2してしまいましたね。
    後、食事~かき氷の下りの二人は夫婦かよ!って突っ込みたくなりましたね(笑)

    オマケの一言
    今回もひびきちゃんでましたねー
    嬉しい限りです(笑)
    次は七咲編ですねー
    予告を見る限りでは「ちょおま」に即した展開になりそうですね。
    太もも枕(ワクワク)

    お返事

    似非神様

    コメントありがとうございます。
    似非神さんの予想に近い展開でしたね。
    梨穂子の気持ちの成就を願うファンと、SSの梨穂子編の雰囲気を好むファンの両方を
    意識した内容と言うのは、確かにその通りかな、と。
    感想にも書きましたが、二人をくっつけるならばアニメの中で、と考えると展開が性急に
    なってしまうのは仕方ないでしょうね。
    実質ほぼ一日の中での話なので、ある時訪れた転機、くらいに思ってもいいのかも
    知れません。
    もっとも、確かにあの覆いかぶさるところの持っていき方はちょっと強引すぎるかなあ。
    もう少し別の持っていき方があったんじゃないかとは思います。

    ひびきちゃんに関しては、今のところ(セリフ無しも含めると)皆勤賞ですね。
    七咲編では当然のごとく出番があるでしょうから、どんな風に絡んでくるのか
    楽しみにしたいと思います。

    太もも枕(かな?)については、七咲の予告編が梨穂子編を完全に食ってしまった、と
    一部で話題になりました(笑)
    あれは卑怯だ(笑)
    前作、アマガミSSで音楽監督をされていた方もTwitterで驚いた旨のツイートをして
    ました。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/613-ce784c9c

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。