まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     まずは恒例のお題目。
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS+(アニメ版アマガミ第二期)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

     また、この文章はアマガミゲーム本編をプレイし、塚原ひびきと言うキャラに入れ込んだ
    一個人によるアニメ「アマガミSS+」の感想です。
     アニメを手放しでほめるような内容ではありませんのであらかじめご承知置きの上ご覧ください。



    web拍手 by FC2

     さてさて、第二話「ケッセン」
     タイトルからも、お話の尺的にも決戦にけりが着くわけですが、私の関心ごとは
    「生徒会長選挙ネタをどこまで引っ張るか」と「甘々な展開がどの程度のものなのか」と
    「その甘々な展開がどのくらい全面に押し出されるか」ってとこです。
     生徒会長選挙ネタを引っ張りすぎると甘々展開には持っていきづらいでしょうし、
    そもそも「前作よりも甘め」と銘打ってるからにはこれでもかっていう甘いシーンが期待される
    わけですが、第1話はどちらかと言うと黒沢さん中心に話が動き、甘いと言うかサービスシーンと
    言うかは、冒頭の絢辻さんのお風呂シーンくらいでしたからね。
     それはもう、終盤に向けてこれでもかっていうくらいの甘いシーンが来るのだろう、あまりの
    甘さに目を回しちゃわないだろうか、などと勝手に想像するわけですが、さていかに(笑)

     結果から言うと、生徒会長選挙ネタはBパート冒頭まで、選挙ネタの中にも甘いシーンは
    入れられるし、甘い甘いと言いつつもくどくない甘さだったなあ、と感じました。
     むしろ、アマガミSS+が始まる前に抱いていた「バカップルがいちゃつき倒すストーリー」
    と言うのが杞憂で、2話とは言えそれなりに練った中身になっているなあと思います。
     アマガミSSはどうしてもゲーム本編の名(迷?)シーンを入れなくてはいけないという
    制約めいたものがあって、その結果つぎはぎが見えるような印象を受けましたが、それと比べて
    SS+は自らをその呪縛から解き放ったのか、もうちょっとこう筋がしっかりしてるかな、と。
     もちろん、絢辻さん編だけの話ですし、梨穂子編は違うかも知れないし、そもそも絢辻さん編
    だってご都合主義っぽいところは多分にありますが、でもまあ、しかし、おかし、かかし。
     アマガミSS絢辻詞編の後日談としてはまあ良かったんじゃないかなあ、なんて思う次第です。

     それにしても、第一話であれだけ黒沢さんが引っ張った割に第二話ではあっさりフェードアウト
    しちゃって立会演説会では空気扱いでしたねえ(^_^;)
     一応、「これで勝ったと思うなよ」的な断末魔の雄叫びは上げてましたが、第二話での黒沢さんは
    存在感があまりなく、Aパートはポンプ小屋のためにあったといっても過言ではないなあ、と。
     んで、Bパートは絢辻邸でのお背中流しましょうのためにあったなあ、と(笑)

     一つ私が忘れていたことがあって、この絢辻さんはアマガミSSの絢辻詞編の絢辻さんで、彼女は
    結構強がって頑張ってる弱い存在だということ。
     橘さんという「よりしろ」をアマガミSSで見つけ、橘さんと言う存在を柱にがんばっている
    絢辻さんだと言うこと。
     見ていて、絢辻さんが自分の想定と違う動きをしたところが何箇所かあって、ポンプ小屋で
    いきなりキスするところと、立会演説会の直前に橘さんの背中に抱きつくところ。
     もう少し強がるかな、と思ったのだけど、絢辻さんは思いの外ウェットだった。
     でも、それもあの絢辻さんだと考えると合点が行く。
     あなたは私のもの、それを確認するためのキス。
     大一番に出る前の、気持ちを落ち着かせるためのハグ。
     どちらも、橘さんと言うよりしろの存在を実感するための、そして安心するための行為。
     絢辻さんが絢辻さんであるための行為。
     だから、お風呂場でのやり取りは見ていて微笑ましささえ感じた。
     
     ポンプ小屋のキスに関しては、見せ方が上手いなあと思いました。
     絢辻さんと言えば橘さんのネクタイを掴んで引き寄せる、というのが定番。
     アマガミSSの絢辻詞編の第一話もそうでした。
     水着のまま、ネクタイを掴むシーンが印象に残ってる人は多いかも知れません。
     その印象深いシーンと同じような感じで、キスをする。
     二人の距離の変化がそこに見て取れる、と言ったら都合よく解釈のしすぎなのかも
    しれませんね(笑)
     似たようなことは同じポンプ小屋の中で絢辻さんが新たな誓約をさせるくだりもそうで、
    アマガミSS絢辻詞編の第二話、神社での誓約のリフレイン。
     今回の橘さんは一枚上手で、意表をつかれた絢辻さんに「一回だけでいいの?」とまで
    言わせてキスをせしめます。
     この「一回だけでいいの?」はBパートのお風呂シーンに繋がって、そこでは橘さんが
    余裕のある声で「一回だけでいいの?」と絢辻さんに問いかける、と言う演出。
     こう、なんていうか、確かにポンプ小屋もお風呂も見る人が見たら転げまわりそうな
    くらい甘いシーンなんでしょうが、そこまでの全体の流れにあまり無理がないように
    感じられたので、ま、この二人ならこんなもんか的に見れてしまうというか、なんというか(笑)

     そう言えば、この選挙戦を通じて絢辻さんはクラスの、特に梅ちゃんや例の三人組との距離を
    かなり縮めたようですね。
     Aパート中盤の、これから立会演説会と言うシーンで、橘さんのサプライズでみんなからの
    寄せ書き入りのタスキを絢辻さんが受け取るのですが、その時の反応と言葉遣いが、単なる
    白辻さんではないちょっとくだけた感じを受けました。

     月日が流れ、卒業式が終わり、それぞれに進級する面々を描き、次回ヒロインの梨穂子を
    映したあとに、3年になった橘さんと絢辻さんを描いて絢辻さんのアマガミSS+での物語が
    終わります。

     思った以上にしっかりと芯の通った話だったと思いました。
     この流れでもう一話みたいなと思ったから、私的にはそこそこ当たりかな。
     さて、次回の梨穂子編がどうなるか。
     次回予告にはまなるっこたちが出てましたから、彼女たちも絡めたお話になるのかもしれませんね。
     香苗さんの出番やいかに。


    今週の塚原響。
     今週のひびきちゃんの出番は2回。
     1つ目は、やっぱり立候補すればよかったとぼやくはるかの相手をするシーン。
     セリフ付き。ひびきとはるからしさの出ているやりとりですね。
     2つ目は、卒業式で卒業証書を受け取るシーン。
     壇上でポーズを決めるはるかとは対照的に、横顔ににじむ一抹の寂しさが見て取れました。
     梨穂子編に出番はあるのか。
     待て次週!

    20120119追記
      この感想を書き上げたあとで、TwitterでBGMについてちょっとやり取りをしたのですが、
     ひびきちゃん登場1回目のシーンと、お風呂でのシーンに使われているBGMはSS+で
     新たに加わったものですね(by @751danketuさん この方はBGMを語らせたらかなりのお方)
      ひびきちゃんのシーンで流れた曲は、そのまままなるっこたちのシーンにも流れましたから、
     特定キャラ向けではなく汎用的なものなのかも知れません。
      お風呂のシーンで流れた曲は、OPのピアノアレンジっぽく聞こえましたがさてどうでしょうね。
    追記ここまで

    感想の最後に、第二話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから------------------------------------------------------------------------------------------

    さて、アマガミSS+第二話はじまりはじまり~

    絢辻さん編をどうまとめるのか、生徒会長選挙ネタをどこまで引きずるのか
    色々と興味はつきませんが、いざ

    っと、前回の続きからですね。

    黒沢さんが橘さんを呼び出して、迂闊にも彼はホイホイついていってしまい
    アーッな展開(違

    黒沢さんが橘さんにキスを迫ったまさにその刹那に絢辻さんが登場するのですが、
    これ、黒沢さんはどこまで本気だったんでしょうね。

    原作で彼女は橘さんのことが好きなわけで、だから半ば以上本気なんでしょうが、
    一方で選挙戦のための計略でもあるはずで……うーん

    さて、その絢辻さんはどうやら真っ黒黒辻さんっぽいです

    そりゃあそうだろうなあ

    OP

    ちぇっまいそー♪

    だから君は迂闊だっていうのだよ。橘くん

    眼力つよっ

    さて、黒沢さんの思い通りに行ったのやら

    ポンプ小屋が尋問室に早変わり?

    なるほど、こういう展開

    あなたはあたしのもの、あの契約以来ずっと、ってところかな

    ポンプ小屋の正しい使い方(?)でした

    やはり絢辻さんは気がついてましたか

    って言うか事前に可能性があるからって橘さんを言い含めておくとなおよかったのだけど
    それとも、泳がせたのかな

    絢辻さんかっこいいー

    このくらい切れてデキる子が好みです。ぶっちゃけ

    お? 誓約??

    きた、橘さんの斜め上

    これで絢辻さんがコロッといっちゃうんだよね

    相変わらずズルイ人だ

    全くこの二人は……(笑)

    場面は変わって翌朝?

    梨穂子登場

    なるほど、ここでこれから起きることの説明をしてくれているのですねw

    はい皆さんご一緒に
    梨穂子は可愛いなあ!

    立会演説会用のタスキ?
    なんか出征する兵士のようだなあ

    お? 絢辻さんのクラスメートに対する語尾がちょっと変わった

    よそ行きの言葉じゃないね

    香苗さん登場

    ふむふむ、モブシーンでもしかするとこれだけかな?
    某氏が憤慨するのもわかるような……

    で、その後ろにいるのは(笑)

    ああそうか、香苗さんたちと同じクラスだったっけかね

    はるか&ひびきちゃん登場

    3年生はすぐ卒業だから、蚊帳の外なんですね。

    まなるっこも登場。

    姐さん、茶柱立ってますね

    香苗さん再び
    あー、まあ、たしかにこの作画はないなあ

    立会演説は紗江ちゃんから

    ま、この子がこの大舞台に出てこれただけでも大きな進歩だよなあ

    がんばれ紗江ちゃん

    んで、その一方で冷静な絢辻さん

    ま、そのとおりですね

    彼女は彼女なりに不安なんですよ

    このちっちゃい絢辻さんは、アマガミSSの時の絢辻さんで、だからいつも自分を
    奮い立たせているけれど、弱くてもろくて小さくて、だけどどうしたら自分が
    強くいられるかを知っている。

    橘さんがいれば、自分は自分らしくいられる

    だからそれを確認するための……

    そこはそう言わないと男がすたるよね
    橘さん

    ここで絢辻さんがなんと演説したかを敢えて言わないのが良いところですなあ

    どんな内容を喋っても、多分陳腐に思えてしまう

    絢辻さんが絢辻さんたらんとするならば、ここはサイレントがいいと思う

    黒沢さん、はなぢ王子と続き、各者各様の演説っぷり(笑)

    つーか、残り二人の扱いの小さいこと(^_^;)

    ところで、なに、この本格的な選挙(苦笑)

    で、発表はまた中庭なのね

    絢辻さんも、また随分大人になったね、というと怒られるかな(笑)

    さて、結果は! と言う所でAパートおしまい

    Bパート

    開票結果の掲示の部分はさっくりと流され、当選おめでとうのところから

    何票差がついたとかそういうのはなるべく出さない方向なのかしら

    例の三人組が完全に取り巻きになってるなあ(笑)

    薫、正論(笑)

    どうやら圧勝したようです

    演説は伝説級でしたか

    と言うか、リコール制度があるんだこの学校(笑)

    ここで頬を赤らめる理由はいかに

    一方、次点の中多陣営は……

    一人元気なみゃー

    それは確かにみゃーの言うとおりなんだよね

    立会演説会で大勢の人の前に立って、選挙結果も次点

    上出来じゃない

    みゃーの野望は計り知れないのであった(笑)

    三位の黒沢陣営は……

    そこまでご執心でしたか(^_^;)

    戦い済んで日が暮れて……

    アマガミSSで土手が出てくるのは珍しい

    この辺の小悪魔風な絢辻さんがまたかわいいですやね

    そして突然現れる犬

    格好良いところを見せるつもりが……ああ、やっぱり(苦笑)

    そして登場。絢辻邸

    どうしてこうなったw

    いやー、そうですよねえ

    どうしてこうなったんでしょう。ホントに

    そして第1話冒頭の夢の再現と……

    えーと、これがちょおまネタを引きずってるのなら、オチはああなのだけど
    さてどうなるやら

    スク水絢辻さん登場

    なるほど、これはこれでいいね。確かに

    ところで絢辻さん、あんまんか何かを仕込んでやしませんか?

    いきなり立ち上がればそりゃあそうなるよ……ね(笑)

    絢辻さんうれしそうだね

    一緒の大学に行きたいからがんばってね、行けるように私もがんばるから、絢辻さんが
    言わんとしたのはそういうことなのだろうな

    あくまで高みを目指して、彼とならきっと行けるから、だから最初から妥協はしない

    アニメの絢辻さんはゲーム本編と比べて小さい絢辻さんかも知れないけれど、やはり
    絢辻さんは絢辻さんだと思う

    そして、アニメの絢辻さんはゲーム以上に橘さんを必要とする絢辻さんで、彼という
    拠り所を得てこそ強く立ち続けることができる

    このシーンでの口調は、白辻さんでも黒辻さんでもない、絢辻さんの口調なのだろうと
    思う

    ポンプ小屋での一幕をここでもう一度。今度は橘さんから。

    場面は変わって卒業式

    卒業証書をもらうラブリー

    そしてひびき

    横顔が少しもの寂しげに見えたのは気のせいかな

    そして彼ら彼女らは進級し

    茶道部には香苗さんの姿が……

    予算委員会の召集放送が響く中庭

    あ、ここの見せ方はいいな

    仲睦まじい二人の姿

    ED

    さて、次回は梨穂子編なのだけど……

    次回予告はまさかの三人組登場(笑)

    これはこれで面白い

    えーと、夏服ってことは3年の夏……だねえ

    まなるっこたちは出番があるようだけど

    ラブリーとひびきちゃんの出番はいかに!


    スポンサーサイト

    コメント

     某氏です。
     梨穂子編で出てこなければほぼ出番無いかと思ってます。

     真価が問われるのは次かな、と。梨穂子編は好きだったんですが、あの展開から甘々でいくのか、それとも他の見せ方をするのか。

    お返事

    wibleさん

    おいでませ。ネタに使ってすみません(^_^;)
    梨穂子編はどう展開するでしょうねえ。
    アマガミSSとは逆に、ゲーム本編中のイベントを散りばめた中身になったりして。

    ところで、wibleさん的には香苗さんが茶道部で梨穂子と二人でお茶を飲んでる姿は
    ありですか?
    いてもおかしくない、という気もするし、香苗さんは香苗さんで放課後活動してそうな
    気もするし。

     いてもおかしくない、とは思ってるんですが、たまに寄る程度でしょうねえ。
     あくまでも香苗さんはパソコン部! と思っているので、部活がない日に顔を出す、という程度で。正座は苦手そうな気がします(苦笑)

    お返事


    なるほど、入り浸っているほどではないけど、いても違和感はないってとこですね。
    確かになんとなく正座は苦手そうな感じ(笑)
    絢辻さん編では、茶道部にりほっち一人ですから、気にはかけているのでしょうね

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/610-d613b0b9

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3