まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     実際に起きた日からひと月くらい経ってしまって今更感が強いですが、昨年12月の皆既月食を
    嫁さんと一緒に観測して(お嬢は嵐の番組を見てて途中から参加)一部をカメラに収めたので、
    それをアップしようかと思います。
     月がかけていく間は薄雲がかかったりして月自体があまり良く見えなかったのですが、皆既月食の
    極大を迎えたあとは雲も切れて絶好の観測条件になりました。
     寒い夜中にマンションの外でカメラを空に向けて、空を見上げているのは結構目立つようで、
    通りがかった人から「何が見えるんですか?」と何度か声をかけられました(笑)
     皆既月食と答えたら立ち止まって見ていく人、家族や友人に電話する人など、様々。
     みんな、興味はあるんですね。

     皆既月食中の月は地球を回り込んだ光に照らされてほの明るく赤く浮かび上がります。
    (なぜ赤くなるかは以下のリンク先を見てください。大気中のレイリー散乱と回り込みの結果なの
    ですが、図解入りで説明されています:名古屋市科学館皆既月食情報
     人間の目ってすごいなと思うのは、地球の影に隠れて満月のなん百分の一と言う明るさになった
    月を、目が慣れることでしっかりと見ることができてしまうこと。
     人間の目のダイナミックレンジの広さを実感します。
     あと、皆既月食中は星がよく見えました。
     ちょうどふたご座の流星群の極大日の前で、私も皆既月食の観測中にいくつか流れ星を見つけま
    した(横浜でも条件が合えば見えるのです。さすがに繁華街では無理ですが)。

     ……と、御託はともかく、皆既月食から回復していく月の写真を何枚か貼っておきます。
     ご興味ある方は、続きを見るからどうぞ。


    web拍手 by FC2  トリミングしているのと、ISOを400まで増感しているのと、撮影者の腕前のなさで、画像が
    粗いのはご容赦を。
     絞りとかシャッタースピードとかISO感度とかは時間で変えています。
     また、現像時に多少露出をいじっています。

     時間的に皆既月食の極大付近(23:33撮影)


     皆既食の終わり近く(23:57撮影)


     徐々に月の端が明るくなって来ました(0:08撮影)


     月の端の明るさと比較するといかに皆既食中の月が暗いかがわかります(0:12撮影)


     この数分の変化がダイナミックでした(0:14撮影)


     かなり明るくなってきて、月の赤さが目ではわかりにくくなってきました(0:17撮影)


     更に2分後(0:19撮影)


     皆既食の終わりから30分、もうすっかりと単なる欠けた月になってしまいました
    (部分食中 0:30撮影)



     いい加減身体も冷えたので、ここで観測を終わりにして帰宅。
     冬場の天体観測は乾燥しているから空気がきれいでゆらぎも少なくよく見えるのですが、
    寒いですね(苦笑)

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/606-c6184e1d

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3