まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

     つづき。
     無謀にもホテルミラコスタの宿泊予約なんてことをしてしまった我が家は、ミラコスタに
    アーリーチェックインし、TDSで放水イベントを堪能していたのであった。

     と言うわけで、放水イベントも無事終わり、びしょ濡れになった嫁とお嬢はあらかじめ
    用意しておいたタオルで水気を拭きとり、まだチェックインまで時間が十分にあるので、
    さらに園内を散策しに行きました。

     今回も前回並に写真多めですので別ページへ。

    web拍手 by FC2
     基本、我が家はTDSを時計回りに見て回る癖がありまして、ご多分に漏れず今回もその
    パターン。





     アメリカンウォーターフロントの橋を渡り、ハンバーガーやさんの手前にある
    ポップコーンの屋台でバスケットをゲット(ミルクティー味でフレーバーがものすごかった)。


     そこから、ポートディスカバリーへ抜けて水しぶきを浴びながら水上を動くアトラクション
    アクアトピアへ。
     せっかくだから乗ってみようと言うことで嫁とお嬢が30分ほどならんで乗っていました。
    (お父さんは荷物番。ベンチでコーラ飲んでエネルギー補充)


     その後、過去に一度も立ち寄ったことのないインディージョーンズのエリア、
    ロストリバーデルタへ行ってホットドッグ食べてみたり、


     アラビアンコーストに立ち寄り、シンドバッドの冒険のアトラクション、
    シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジで涼を取ったり。
    (タイミングの関係でしょうが、キャストさんがすべてメガネっ子という私得)

     珍しくお嬢がマーメイドエリアにあるミニジェットコースターに乗ってみたいと言うので
    この手のアトラクションが苦手な嫁とバトンタッチ。
     荷物を嫁に預けて私とお嬢でジェットコースターに乗ってきました。
     そういやお嬢にとって初ジェットコースターですね。
     感想は?と聞いたら「……酔った」とのこと。
     三半規管が敏感なのか車酔いしやすい子なので、まあそうかもなあ、と思います。



     ひとしきり見て回ったらあっという間に16:40
     アトラクション一つについて30分以上待ってますから、まあこんなもんでしょうね。
     ミラコスタでアーリーチェックインを済ませた人たちが部屋に入ることのできる
    時間です。



     メディテレーニアンハーバーで繰り広げられる「レジェンド・オブ・ミシカ」と言う
    ショーを横目にホテルへ。
     アーリーチェックインの際に部屋のカードキーを渡され、案内図などももらっていたので
    それを頼りに今日泊まる部屋へ向かいます。
     あ、そうそう、部屋の鍵は泊まる日有効のカードキーになっていて、本来は一つあれば
    ことが足りるはずなんですが、「記念に」と言うことでホテル側が宿泊客一人に一枚
    用意してくれました。
     これはカードキーがミラコスタに泊まったと言う証明になるから、家庭内で
    ケンカしないようにと言うホテル側の配慮と、チェックイン後部屋でくつろぎたい
    人とまだまだ見て回りたい人がいる場合に鍵の所在でトラブルにならないようにと言う
    ことなんだろうなあと思いました。
     泊まる部屋は4341号室。
     ポルト・パラディーゾ・サイド・スーペリアルーム ピアッツァビュー、と言う、
    TDS側の湖に面した、でも眺望的にはワンランク下の部屋です。
     この写真の上から2番目右から3番目の窓がそうです。


     ベッドはこんな感じ。


     部屋からの眺望はこんな感じ。
     正面。


     ギリギリがんばって奥を見るとこんな感じ


     ふーん、とか、おー、とか言いながらひとしきりおのぼりさん状態で部屋の中を見て回り、
    まだ夕飯を食べるにはちょっと早いねと言うことでもう一度TDSへ繰り出しました。
     いつもは時計回りに回っているから、と、今度は反時計回りにミステリアスアイランドから
    マーメードラグーン、ロストリバーデルタ、ポートディスカバリーと回って、メディテレー
    ニアンハーバーへ。








     途中から夜の帳がおりはじめ、だんだんと良い雰囲気に。
     我が家は早い時間に動き出して早い時間に帰宅してしまうので、TDSの夕方~夜の風景を
    見るのは初めて。
     これはこれですごく良い感じですね。
     夜のショー「ファンタズミック!」まではまだ1時間以上あるのですが、場所取りに
    余念のない皆さんがそこかしこ。
     うちらは、忘れないうちに、とおみやげを買い込み、ここまでいろいろ買い食いした結果
    中途半端に空いたお腹を満たすくらいの量のパンをピッコロメルカートと言うパン屋さんで
    買い、部屋へ。
     いつもの倍以上の距離をたっぷり時間をかけて歩き回って、家族そろってお疲れモードで
    部屋のベッドに倒れ込んだのでした。
     で、嫁さん曰く「……音がない」
     我が家の周りって電車は走ってるし車は走ってるし、その上、夏は暑いからと窓を
    開けてますから、何らかの音が家の中に渦巻いてる状態なんですが、ここはそういう
    音がありません。
     上の階の部屋が変なテンションなのかドスドス歩き回っているのが聞こえる程度です。
    (~程度と書きましたが結構遅い時間までドッスンドッスンと言う音が聞こえていました。
    夢の国での宿泊でテンションが上がりまくるのはわかりますが、自分たちだけが泊まって
    いるのではないと言う自覚は必要ですね。それともミラコスタ自体が多少の音がするような
    作りなんでしょうかね)
     そこで、窓をほんの少し開けてみました。
     流れ込んでくる園内の音。ミュージック、ざわめき、アナウンス。
     ああ、自分たちはTDSの中にまだいるんだな、と言う気になります。
     嫁さんはこの「音」が気に入ったらしく、寝るまでの間ずっと窓を開けていました。
     あ、そうそう、書き忘れましたがミラコスタの2Fには売店があり、お菓子や飲み物、
    カップメンなどが売られていますので、夜にちょっと小腹が空いても大丈夫。
     我が家の食事量だと、そこで朝ご飯調達してもいいかもって思いました(笑)

     そして始まる「ファンタズミック!」
     この部屋からでは上がっている花火やメインのフロートを直接見ることが難しいのですが、
    それでもショーの雰囲気がばっちり伝わってきました。
     部屋の案内に書かれている通り、部屋の照明を落とし、窓際に寄ってショーを見物。
     そこまでするなら外に行ってみてくればいいじゃないか、とも思いつつ、でもあえて
    部屋の中から見ることにお泊まりした価値があるんじゃないかとも思います(笑)
     ショーも終わり、夜10時。
     閉園の時間。
     出て行く人たちを見るのもなかなかできない経験ですね。
     そんなこんなでホテルミラコスタの夜は更けていったのでした。


     翌朝。
     普段から朝6時には目を覚ます我が家ですが、さすがに疲れて寝過ごすだろうと思って
    朝食の予約を7:30にしたのですがこれが大間違い(^^;
     普通にいつも通りに6時に目が覚めてしまい、レストランの予約の時間まで
    「おなかすいたー」とひもじい思いをしました(苦笑)



     ふと窓の外を見ると、壁の補修をしている作業員の方が。
     いくつかの色種を使って壁の色に塗料の色を合わせて、直した箇所が目立たないように
    塗っているんでしょう。
     ようやく7:30になり、レストラン「オチェーアノ」へ。
     いやー、混んでました。
     予約してあっても20分待ちくらい?
     ここの予約って言うのは優先的に席を割り振ってくれる程度のもので、予約時刻に
    なったら必ず座れるというシステムではないのです。
     その説明はちゃんと書かれているのですが、知ってか知らずかぼやく人が幾人も。
     しかもぼやいているのは大概父親なんですよね。
     自分は家族サービスでつきあわされてる、と言う意識が強いんでしょうかね。
     不思議なものです。
     8時近くまで待ってようやく席が空き、朝食。
     和洋のバイキング形式で、料理の質はそこそこ。
     ハムはちゃんとした厚みがあるし、パンは焼きたてだし、和物もそこそこ食べれるし。
     場所柄小さいお子さんの声があちこちから聞こえてきて、そういうのが苦手な、静かに
    食べたい人にはちょっと厳しいかもですね。
     ま、ルームサービスがありますから、子供の声がうるさいと思う人は素直にルームサービス
    を使うといいと思います。
     我が家としてはそこそこ以上にしっかり食べて、朝食終了。
     値頃感はこの際考えないことにします(笑) なんてったって夢の国なんですから(えー



     部屋に戻ってきて外を見たら、こんなところにミッキーが(笑)
     キャストさんが描いたのでしょうが、いつのまにって感じです。
     お客さんたちが入ってくる頃には乾いて消えてしまっているでしょうから、宿泊客だけが、
    それも気がついた人だけが楽しめる隠れミッキー(笑)
     こう言うのも粋な計らいなんでしょうね。




     やがて時刻は開園時間近くになり、ミラコスタからの早期入場で入っていく人々の列が
    見えました。
     チェックアウトが12時までとはいえ、次の日から会社ですからなるべく早く家に帰って
    気持ちを切り替えたくもあり、開園くらいに帰ろうという話になりました。



     やがて9時が来て開園。
     園内に入る人の波。
     この日は世の中的には平日だから、思っていたほどの数ではなかったけど、でも、たくさんの
    お客さんたちが眼下を通り過ぎていきました。
     さ、我が家も撤収です。



     さよなら地球儀また来る日まで。
     次は来年のこの時期か、もしかするとお嬢の卒業記念で3月か。
     たまにはTDLにも行ってみたいですね。

    スポンサーサイト

    コメント

    返事ありがとうございます。

    TDSもミラコスタもどちらも楽しそうですね。
    いつも、帰りの事を考えると、四時くらいには出なければならないので、遅くまで居られるのは良いですね(笑)

    上の部屋の人が騒がしかったのは災難でしたね(苦笑)
    やっぱり普段は無い事だからといっても、周りの事は考えるべきですね。

    朝食の待ち時間で愚痴らないのはとてもステキだと思います。
    わたしも、そういう風に愚痴るタイプではないのですが、やっぱり家庭内サービスだと考える人は居ますからね。
    自分も楽しいと思えているのは、いい親なんだと思います。


    なんか、上から目線っぽくなった上に長くなってスミマセン(汗)
    これからも更新楽しみにしてます。

    お返事

    似非神様

    コメントありがとうございます。

    ミラコスタ、結構楽しかったです。
    ブログの本文に書き忘れましたが、エレベーターが「2階、ロビーだよ」って
    感じでしゃべるんですよ。
    嫁がいい加減うんざりしてましたね(笑)
    最初の何度かは物珍しさで面白いんですが、乗るたびですからね(苦笑)

    うちは大概10時くらいに入って2時過ぎには抜けてしまうので、夜の帳が下りるTDSと言うのは
    なかなか趣があってよかったです。

    上の階の話にしろ、朝食待ちでの愚痴にしろ、自分だけがその場にいるのではないと
    思えれば自然とふるまいも変わるとは思うのですけどね。
    あれだけ沢山の人がいれば、まあ、価値観の違う人もたくさんいるのだろうと
    割り切るしかないですね。

    せっかく(お金をかけて)行くのですから親も楽しまなくちゃです(笑)

    またなにかありましたらコメントお願いしますね。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/578-804d90cf

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。