まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2
     週初めの月曜日ー。今週も張り切ってがんばりましょうー >主に私

     とか、自分を鼓舞するツイートをした4/25のこと。
     オイトマン1号こと「ゆび先はもうひとつの心臓」のオイサンから、5/1の岩男潤子さんの
    ライブのお誘いが入りました。

    20110511追記
     説明しよう、オイトマンとは定時後の仕事のキリの良いタイミングを見計らって登場し、
     残業でくたびれた同僚を尻目に颯爽と職場をあとにするおっちゃんたちのヒーローである。
     その実態は仕事でくたびれたオッサンたちがせめて家に帰る時くらいちょっと
     おフザケしてみようと割とマジメに悪ノリして出来上がったTwitter上での
     お遊びであるが、そんなことは百も承知でみんな生温かく見守ってくれているのである。
    追記ここまで

     情報発信源は、オイサンと私の共通の読者さんであるところのJKPさんと言う、
    このブログにもコメントを何度か頂いている方で、無類の岩男潤子さんファンであり、
    昨年のこの時期にもオイサンと連れ立って岩男潤子さんのライブを見に行っていたり
    する方です。
     
     JKPさんとお会いした時のエントリー
     「20101206 根っこと幹と枝振りと
     
     オイサンとJKPさんが岩男潤子さんのライブを見にいった時のオイサンのブログエントリー
     「シャッターチャンスの連続 -更新第482回-
     
     実はオイサンから「春に岩男さんのライブがあるかもしれないから、その時はお誘いしますね」
    なんて前振りをいただいていたので、一も二もなく「了承」して、お誘いに載ったのでした。

     さて、ライブに行くことになったわけですが、私正直に言って岩男潤子さんのことを
    良く知りません(ぉ
     家族総出でハマった「カードキャプターさくら」で大道寺知世役を、
    SSを書き始めるきっかけとなった「ToHeart」のPS版やアニメで来栖川芹香/綾香役を演じて
    おられたのを知っている程度です。
     知世ちゃんの歌声は高音がきれいに伸びる澄んだ声で「ああ、なんてきれいな
    声なんだろう」とその歌声に魅了され、記憶に深く刻み込まれていましたが、その程度です。

     さて、ライブに行くからには予習が必要です(えー
     友人に誘われるままに渡辺美里さんのコンサートに赴き、あまりのアウェイっぷりに
    涙したことを15年以上たった今でもよく覚えています。
     楽しもうと思うのならば少なくともどんな歌を歌っているのか程度の予習が必要なのです。
     さらにもっと楽しもうと思うのならば、そのライブの雰囲気が事前に分かっていると
    なおよし。
     と言うことで、YouTubeやニコ動をあさり、たまたま見つけたニコ生のライブ動画を見つつ、
    岩男潤子さんのホームページを見ると、4/29に「岩男潤子のSweet Tweet Time」なる生放送が
    あるってんで、それも見つつ、失礼ながら「昔に比べて高音が伸びなくなっちゃったなあ……、
    年齢も年齢だしそれは致し方ないのかもなあ」なんて思っていました。
     当日までは。
    (ニコ動の岩男潤子コミュニティはこちら
     参加すると過去のSweetTweetTimeの視聴ができますよ>JKPさん)

     一方、色々と動画サイトを漁った結果、岩男潤子さんが谷山浩子さんから楽曲提供を
    受けていることがわかり、そのお声が谷山さんの曲とうまくマッチして、谷山さんの
    ともすると暗く沈みがちな曲の世界観を、その声で明るめの方向に持って行っているのを
    聴き、ああ、あたりまえだけど声一つでアレンジ一つでこんなに変わるんだなあ、なんて
    発見をしたりもしました。
     JKPさんは最近の岩男さんの楽曲が私に合うかどうかを心配されていたようですが、
    私は中学生の頃に「谷山浩子のオールナイトニッポン」を時折聞くひねた子だったので
    谷山さんの曲にはなじみがあり、ベストも持っている程度には谷山浩子好きですので、
    岩男さんの曲にもほぼ抵抗感なく入っていくことが出来ました。


     さて、迎えた当日。5/1。
     誰の行いが悪いのか、雨の予報も出る中を待ち合わせ場所へ。
     JKPさん曰く、岩男潤子さんは雨女なのだそうです。
     桜木町駅でオイサン、JKPさんと待ち合わせをし、向かうはランドマークタワー。
     いえ、ライブ会場はランドマークじゃないですよ?
     ライブ会場は赤レンガ倉庫にある「Motion Blue」と言うライブレストランです。
     でも、JKPさんもオイサンも横浜観光の経験があまりなく、ランドマークタワーの展望フロアに
    登ったことがないと言うので、それならば定番どころはおさえておこう、とライブの前に
    軽く横浜観光をすることにしたのです。

     当日回った場所を地図に記しておきましょう。こんな感じです。
     ランドマークから赤レンガ~山下公園~大さん橋と回って赤レンガに戻るルートです。


    より大きな地図で 20110501JKPさんと歩いた場所 を表示

     で、ランドマークの展望フロア(スカイガーデン)に登り、眼下に広がる
    横浜の街を見て、なにやらJKPさんがおっしゃっていたのが印象的でした。
     「こうして高いところから景色を見る良さがわかった」と。
     眼下に広がるのはミニチュアなような本物の街。
     地上約300mでこれですからねえ、スカイツリーの特別展望台(約450m)から見たら
    どんなふうに見えるんでしょうね。

     それはさておき。
     ざっと、眼下に見える景色を説明しながら四方を見て回り、気がついたら小一時間。
     ちょっとびっくりしつつ、とりあえず赤レンガ倉庫に向かおうということになりました。
     そう言えば、展望フロアから階段で降りようなんて話していましたが、ころっと忘れて
    ましたね。
     公式ホームページには可能かどうか書かれていないので、もしかしたらダメなのかもしれません。

     ランドマークを出たところで雨がポツリポツリと落ちはじめ、ワールドポーターズの
    横に来る頃には傘なしでは済まないほどに。
     オイサンだったかJKPさんだったか忘れましたが、どちらかの提案でワールドポーターズに
    逃げ込みました。
     いや、ほんと。誰の行いが悪いやら(苦笑)
     その日の雲は動きがめちゃくちゃ早く、ものの20分で強い雨を降らせた雨雲は去り小康状態。
     それってんで、その隙に赤レンガ倉庫に移動して、MotionBlueで整理券を貰い、入場までの
    1時間をつぶすために山下公園~大さん橋を往復。
     相変わらずなにしゃべったか覚えてない鳥頭ですが、概ね楽しかったことだけはしっかりと
    覚えています。

     気まぐれに降る雨の中、指定された入場時刻にちょっと遅れ気味に会場に戻り、中へ。
     既にステージ正面の席は埋まっており、ステージ向かって左側のボックス席に案内されました。
     正面じゃないけど、演奏する人の結構近く。
     こんなに近いのはスカパラのオールスタンディングのライブで一番前に押し出されて
    以来じゃないかしら。

     ライブは16:00開場、1stステージが17:30~ 途中休憩挟んで 2ndステージが19:30~
     会場に入って、ドリンクとおつまみを頼み、食べつつ飲みつつ開演待ち。
     このときは岩男潤子についてJKPさんから解説とレクチャーを受けたような覚えがあります。
     時間はあっという間に過ぎ1stステージ開演時間
     (今回の3人で話をしているとまさにあっという間なのです)

     1stステージは、アコースティックな構成で、ウッドベース(コントラバス):川村竜、
    パーカッション:岩瀬立飛、アコーディオン:佐藤芳明、ボーカル:岩男潤子の構成。
     途中、ゲストとしてトロンボーン:つけちゃん、が参加。
     私は曲名を覚えるのが苦手で、アルコールが入っていたせいもあって、どの曲がよかったと
    書きようがないのが残念で悔しいのですが、ライブ前に心配していた高音の伸びとか
    そんなのを気にする必要のない内容でした。
     岩男さんの声の張り、艶、伸びがバンドの演奏と相まって、誘ってくれたJKPさんに思わず
    握手を求めるくらい。
     もともと私がアコースティック好きで、ジャズも作業用のBGMにする程度に好きだから
    と言うのもあるのでしょうが、非常に良いものを聞かせてもらったと思いました。
     小ネタも色々楽しかったですよ。
     バンマスの川村竜さんはかなりの巨漢なんですが、彼の紹介の時にパーカッションの
    立飛さんが土俵入りの拍子木っぽくクラベス(かな?)を打ってみたりとか。
     いろいろお遊びがはいってました。

     一時間弱の休憩を挟んで2ndステージなのですが、ここでは主に今日の岩男さんの調子の良さに
    ついて語られたように記憶しています。
     あと、オイサンと私のおはなしの書き方の違いについてJKPさんが語るとかそんな感じで
    やっぱりあっという間に過ぎた気がします。
     そう、JKPさんと言えばこの日私に会うということでうちの二次創作小説置き場であるところの
    「さくらがおか」に収録しているお話をあらかた読んでこられたそうで、なんともはや、
    頭の下がる思いです。
     それだけしてもらえたら、物書き冥利につきるというものです。いや本当に。

     話を戻して2ndステージ。
     1stステージとは打って変わったフルバンド構成。
     ベース(エレキ、ウッド):川村竜、ドラム:岩瀬立飛、エレキギター:鈴木直人(この方は
    ピンチヒッターなんだそうです)、ピアノ:熊谷ヤスマサ、ボーカル:岩男潤子。
     楽曲も1stステージのしっとり系からアップテンポな曲メインになり、結構ノリの良い曲が
    演奏されました。
     多分オイサンやJKPさんが取り上げていたので曲名を覚えているのですが、
    「シャッターチャンスの連続」と言う曲をすごく楽しげに歌っておられたのが印象的でした。
     途中からアコーディオンの佐藤芳明さんが参加されましたが、佐藤さんに一曲演奏してもらい、
    もう一曲ともっていく段取りを岩男さんがすっかり忘れて口にしてしまい「私は世界一空気の
    読めない女ですよ」といじける一幕が(笑)
     岩男さんの天然っぷりがよくわかる微笑ましい?やりとりを見ることができました。

     ……と、休憩含めてあっという間の4時間。
     気がついたらアンコールだった、くらいの密度の濃い時間を過ごしました。
     高音がどうかなあ、なんていう前日までの心配がまったくもって杞憂であったことが
    よくわかりました。
     長年岩男さんのライブに通っているJKPさんをしても「これまでで一二を争う出来だった、
    これでダメなら岩男潤子には縁がなかったと思ってもらうしかない」とまで言わしめた、
    そんな素晴らしいライブでした。
     再度誘っていただいたJKPさんに感謝の握手を求め、岩男潤子さんのTwitterアカウントを
    その場でフォローして感想リプを送り、アンケートに感想を書き……と興奮覚めやらぬ中で
    行い、会場をあとにしました。
     会場を出たところで岩男さんが出てらして写真撮影会をしていて、その姿を横目に
    階段の踊場で傘を取りに行ってくれたオイサンを待っていたのですが、ちょうど岩男さんと
    目があいお辞儀までされてしまい慌ててお辞儀し返しましたが、本当に律儀な方なんだなあと
    思いました。

     お開きにするにはまだちょっと早かったので、場所を関内駅近くのガストに移して
    さらにダベリング。
     ここでは主に二次創作小説の話をしたように覚えています。
     あと、オイサンの発想/着眼点はすごいよねー的な話題でJKPさんと意見が一致したことも
    覚えています。

     とまあ、そんなこんなで気がついたら23時過ぎ。
     気がついたタイミングがJKPさんの終電までほんのわずかという神がかり的なタイミングの中、
    オッサン三人会はお開きとなったのでした。

     お誘いいただいたJKPさん、オイサン。
     本当にありがとうございました。
     またよろしくお願いしますね。


    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    先日はお疲れさまでした。
    JKPです。

    こう地図で見てみると、結構歩いていたんですね。
    3人で歩くとあっという間な感じがしてましたが。
    あの時にも言いましたが、私はあまり展望台に楽しみを見出せない人間でした。
    今でも自然を見るには高台じゃない方がいい、と思っています。雄大さを感じるなら見晴らしのいい平地が一番!?
    でも、今回のように立ち並ぶ人工物を見下ろすのは面白いですね。歴史が見えます。
    そして私も地元の勉強をしたいと思います(-_-;)

    岩男潤子は、楽しんで頂けた様で何よりです。
    彼女に関しては語りません。
    全く、これっぽっちも客観的に分析する自信がありませんから(えっへん)
    また近場でライブをやる時にはお付き合い下さい<(_ _)>

    お互いに忙しいとは思いますが、ぜひまた近い内に。
    私、ちひろさんのファンですので。
    まだまだ作品のことなども褒め足りないのです。
    もっと褒めさせろ~。

    こんな奴ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

    お返事

    JKP様

    こちらこそ、先日はありがとうございました。
    お陰さまで楽しい一日を過ごすことができました。

    そう、結構歩いたんですよ。約7km!
    ルートをたどって距離出してみてびっくりです。

    自然を見るにはその自然に包まれるくらいのほうが、自然の大きさ、
    自分の小ささがわかって良い気がしますね。
    空撮で見る滝からはその迫力が微塵も伝わってきません。
    取り込まれたほうが実感できるもの、俯瞰するとみえてくるもの、
    どこに価値を置いてなにを得ようとするかによって、接し方を変えると良いのかも
    しれないなあ、なんて思いました。

    ライブについては上に書いたとおりです。
    こう、なんて言うんですかね。
    オイサンの表現力のほんの一端を分けてもらえると、もう少し洒落た表現ができる気がします。
    私も「全く、これっぽっちも客観的に分析する自信がありません」と言えるくらいのめり込める物が
    あると良いのですが……。
    また是非お誘いください。
    あの夜お話したように、私は牛に引かれて善光寺参りの人なので、お誘いいただけると
    これ幸いとほいほい出かけると思います。

    それと、なにやら書いたお話について過分なお褒めを頂いているようで恐縮です(^^;
    今まで色々な感想を頂いてきましたが「もっと褒めさせろ」って言ったのはJKPさんが
    初めてですよ(笑)
    お言葉に甘えて近いうちにまた色々とお話を聞かせてもらえたら、と思っていますので
    よろしくお願いしますね。

    コメント、ありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いいたします

    御礼と。

    毎度お世話になっております。オイサンことikas2ndです。
     
    7kmも歩いてましたか。ちょっとびっくりですね。
    当日は何だか解説係(横浜の部)の様な事をさせてしまって申し訳ありませんでした。
    また一人だけなんもしてない私。
     
    おかげ様で、ライブのみならず、
    横浜観光も楽しく実のあるものになりました。
    ありがとうございます。
    自分の郷土のことも勉強しとかんとなあ。(苦笑
     
    ライブの中身については言い尽した感があるので
    ここではおいておきますが、
    一点だけ。
     
    「オイトマン1号こと」って言ったって、
    ここじゃ誰も何にもわかんないじゃないですかw
    JKPさんにすら!
     
    ではまた、次の機会にも宜しくお願い致します。

    Re: 御礼と。

    どもです。

    このGWは色々とお付き合いいただきありがとうございました。
    横浜観光のアテンダントをする機会が多かったせいか、気がついたら地元に詳しく
    なってました。
    でも、かながわ検定の横浜ライセンスを受ける気はないし、受かる気もしないんだぜ。

    そんなことはともかく、オイトマンに関するツッコミありがとうございました(笑)
    うちの読者さんたちなら「ふーん、そっかあ、オイサンって人はオイトマンなんだ」と
    疑いなく右から左へ流してくれると思うのでたぶんノープロブレムです。
    (……と言いつつこっそり本文に追記)

    またなにかの機会にお付き合い下さいまし。

    今更ですが、追記です

    お陰さまで岩男潤子のSTTが見られるようになりました!!
    ありがとうございます!!

    上のコメント、本気にしちゃいますからね?
    また岩潤に誘っちゃいますからね?
    もう後戻りはできませんからね!(えー

    Re: 今更ですが、追記です

    JKP様

    返信遅くなってすみません。
    ああ、STT見れるようになりましたか、それはなによりです。
    そう言えば今日はSTTの放送日でした。
    相変わらずの最強天然キャラ×40代とわかりあえる20代 の
    血で血を洗う戦いが楽しかったです。
    岩男さんに関しては、少なくとももう一度は聞いてみたい
    と思っていますので、次の機会にまたお誘いくださいませ。
    今度は落ち着いてお話しする時間もとりたいですね。

    それではまた

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/560-26980a0c

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。