まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     GDI++と言う、Windowsで画面の文字表示をレンダリングしてくれるソフトがあります。
     趣味や物書きで画面を見ることが多いので、Windowsの細いビットマップフォントでは
    目が疲れることが多く、ずいぶん前からGDI++を愛用してきました。
     XPのときはシステムフォントを変更し、GDI++を適用すれば大体画面の粗方の部分を
    見やすい表示変えることができたのですが、GDI++は64bitには対応しておらず
    (そもそもWindows7で動いただけでもみっけもの)Windows7の64bit版では32bitアプリのみに
    レンダリングがかかります。
     つまり64bit版のiTunesやIE、ノートパッドなどを見やすく表示することができません。
     GDI++は開発が途絶えて久しいですので、今後64bit対応することはまずなく、まあしょうがないよなあ
    なんて思っていたら、64bitで動作するGDI++ライクのソフトを見つけました。
     ezgdiと言うソフトでして、効果のONOFF切り替えをレジストリでしないといけないとか、
    設定を変えたらログオンしなおさないと変更点が反映されないとか、そう言う細々した煩わしさは
    ありますが、iTunesであったりコントロールパネルであったり、widgetであったりが見やすい
    表示になるのはありがたいことです。
     変更前後のスクリーンショットをのっけてみました。
     こんな感じで日本語フォントがビットマップ表示ではなくちょいと滑らかに表示されます。

    使用前(iTunes)


    使用後(iTunes)


     ……それだけ?
     そうそれだけ。
     それだけなんですが見やすいことに越したことはないと思うので(笑)
     私はezgdiだけだとOperaの表示がちょっと物足りないのでGDI++を併用しています。
     言うまでもありませんが、この手のレジストリをいじるソフトの導入は各自の判断と責任において
    お願いします。

    20111024追記
     ezgdiを64bitOSに適用していると、プリンタサーバを経由したプリントができないことが
     あるようです。
     我が家は、PC~LAN~プリンタサーバ-USB-エプソンプリンタ、と繋いでいるのですが、
     ezgdiが適用されていると全く印刷できないことがわかりました。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/557-fe232097

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3