まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     ま、見出しだけ見ると相当やばいですね。これ(苦笑)
     なんのことはない、先週の土曜日にTwitter仲間のオイサン(ゆび先はもうひとつの心臓)と、
    これまたTwitter仲間のさんとく君(理科準備室準備室)三人連れ立って、横須賀に海軍カレーを
    食べに行ったって話です。
     なんだよ、今週スピーカー聴きにいって先週はカレーかよ、と思ったあなた。正解。
     実際にはカレーの時に来週こんなスピーカーの試聴に行くんだけどね、と高校生をたぶらかした
    のでした。

     事の発端は……遡ること数ヶ月。
     私が言いだしっぺでカレーをお題としたアマガミのSSを書いたことがきっかけでした。
    (各作品へのリンクエントリーはこちら「カレーSSの輪が広がる」
     このカレーSSの輪に加わってくれた新進気鋭の若者が一人。
     それが、キミキスのえりりんこと二見瑛理子嬢のSSを書くさんとく君です。

     彼がカレーSSを書くきっかけとなったのは、ドラマ「坂の上の雲」を見て彼が赴いた横須賀の地で
    食べた元祖海軍カレー。
     彼の書いたお話の中に広がる鮮やかな光景に、どんなカレーだったのだろうとアラフォーの
    物書き二人が飛びついた。そんな構図です。

     ちなみにオイサンのレポはこちら
     ゆび先はもうひとつの心臓「■懲役1200キロカロリー -更新第651回-」

     この集まり、2月くらいから予定していたのですが、東北関東大震災が起きた関係で
    一度は無期延期となっていました。
     計画停電や余震などの関係で横須賀までの足が確実に確保できるかどうかが微妙だったからです。
     ところがどうやらお彼岸の三連休は計画停電をしなさそうだ、京浜急行も大丈夫そうだと言う
    ことになり、ここはひとつ決行してしまおうではないか、と当日になって話が出て、急遽
    集まることになったのです。
     なんだろう、この無計画っぷりは。
     ……あ、いつものことか(爆)

     と言うわけで3人が集まりやすい横浜駅に集合し、京浜急行線で一路目指すは横須賀。
     ヨコハマ買い出し紀行で北の町と称された場所ですが、それはまた別の話。
     ただカレーだけ食べに行くのも何なので、坂の上の雲でも出てきた日本海海戦で旗艦として
    活躍した戦艦三笠も観に行こうと言うことになってまして、ならばついでにヨコハマ買い出し紀行に
    出てきた北の町の公園にも立ち寄らせてもらおうと密かに企てて、その話が出てくる第三巻を
    カバンに忍ばせていたのでした。

     横須賀に行くのは昨年の秋以来なのでそんなに久しぶりでもなかったりするのですが、あの時は
    海上自衛隊の基地の公開を見たら時間切れで横須賀の市街地の方まで行かなかったから、海兵隊の基地や
    三笠の方まで行くのは実に10年近くぶり。
     そういやその時はHolmes金谷さんと北の町の公園に行ったんでしたっけね(うろ覚え)。

     そんなこんなで、快速特急から金沢文庫駅で各停に乗り換え、さんとく君がカレーを食べた店を
    先ず確認しようと汐入駅で下車。
    (ああ、そういやここでかなりな人数を待たせたことがありましたっけねえ……遠い目)
     ドブ板通りの中ほど山側にあるというそのお店の場所を確認し、そこから国道16号に出て、三笠が保存
    されている三笠公園に向かいました。

     戦艦三笠を船尾から。


     三笠を見に来るのは何度目でしょうねえ。
     多分今回が2回目か3回目かってとこじゃないかと思います。
     大学時代に一度、横須賀沖合の猿島ってところへ行ったことがあって、当時首を突っ込んでいた
    大学生協の活動の一環なんですが、その時に三笠も見たっけかなあ……って感じです。
     その前となると、一度追浜に住む叔父に連れてきてもらった記憶があって、それ時初めて三笠を見た
    のだったと思います。
     今回は残念ながら甲板部分より上の塗り替えをしていて、艦橋上部に上がれず、なかなかもって
    興をそがれた感じだったのですが、展示されている資料についてはなかなか興味深く見ることができました。
     それは私が大学時代から20年、初めて見に来た時から30年余を経て、それなりに大人になったから
    なんでしょうね。
     乃木大将の資料とか新渡戸稲造の武士道の資料とか、なかなか感じ入るものがありました。
     物事に対する「覚悟」と言うものを改めて思い知ったというか、そんなところですかねえ。
    (念のため書いておきますが、私は戦争賛美の立場ではありませんし、戦争放棄の立場でもありません。
    軍艦や戦闘機などについては、人殺しの道具であることを理解しつつ、ある機能をとことん高めたものが
    持つ”機能美”やその技術を技術屋として評価するものです)

     ひとしきり三笠を見たところで横須賀の高台にある中央公園へ。
     上にも書きましたが、この場所は私の愛読書であるところのヨコハマ買い出し紀行に出てくる、
    「北の町の公園」なのです(第三巻第22話ヨコスカ巡航)。
     いわば、ヨコハマ買い出しの聖地巡礼をカレー食べるついでに、ヨコハマの読者でもない二人を
    巻き込んで勝手にしてしまったわけです。
     こう書くとすっげえ身勝手ではた迷惑な野郎ですね。いやまったく。
     一応二人には事情を説明してご理解&承諾いただいた上でご同行願いました。
     ちゃんと押さえるべきは押さえております。はい。

     北の町の公園から、漫画と同じような構図で。
     腕はさんとく君のもの。


     ヨコハマ買い出し紀行が描かれたときには画面中央右の大きなマンションはまだなく、その左のひさしの
    ついた白い建物(県立保健福祉大)ももちろんなく、漫画のコマの完全な再現とはなりませんが、
    それもまた年月の流れなのだろうなと思います。
     同じ第3巻に挿絵として描かれている大船のドリームランドモノレール跡と思しき場所も
    今は造成されて面影もないですからね。
     それにしてもこの公園は、何度来てもちょっと気持ちの高ぶる場所です。
     目的の場所がひと際高いところだから、と言うのもあるのですが、あの公園に行くと必ず高台の
    あの場所に駆け上がりたくなるのです。
     不思議なものです。本当に。
     オイサンにも気に入ってもらえたようでなによりでした。

     その後、山を降りさんとく君が食べたという元祖よこすか海軍カレーのお店へ。
     ドブ板通りの中程の山側、ホテルニューヨコスカ奥。
     「よこすか海軍カレー」の元祖と言われるお店「よこすか海軍カレー館」にて、お目当てのカレーを
    いただくことに。
     正直、そこにたどり着くまでに売られていた「ネイビーバーガー」にもかなり心惹かれたのですが、
    今回はカレーSSのきっかけとなったカレーをいただこうという主旨ですので、初志貫徹。
     私は「元祖よこすか海軍カレー」を選び、オイサンが「ハーフ&ハーフカレー(牛肉とエビ)」
    さんとく君が「ニューよこすか海軍カレー」をチョイス。
     自家製ピクルスサラダなんてのも頼んでしばしカレータイム。
     ちなみにこのピクルスサラダ、本当にピクルスメインです。
     普通のサラダの上に可愛らしくピクルスが載ってるなんてものじゃなく、ガッツりピクルスですので
    頼むときは覚悟の上で(笑)
     で、元祖よこすか海軍カレーですが、こんな感じ。


     あまり辛くない、独特の風味を持った(と多くの人が思うであろう)味です。
     なぜカッコ付きかと言いますと、私には何ら違和感のない味だったからです。
     なんとなれば、実家のカレーを食べてる気分。
     ああ、そういやお袋の作るカレーはこんな味だったなあ、と。
     お袋がどこでカレーを習ったかは、鬼籍に入ってしまった今となってはもうわかりませんが、
    お袋が家で作るカレーに見た目も味も良く似ているものでした。

     さて、ここまで道中どんな話をしたかに全く触れていないことに気がついたあなた、鋭い!
     正直言ってあまり覚えていません(爆)
     カレーを食べながら話したのは、「坂の上の雲」からドラマつながりでさんとく君がよく見ている
    「相棒」のことと、彼の学校の話と、終わりしなにしたSSの書き方とか方法論的な話。
     どういった形でSSのネタを思いつくか、なんて話をしましたね。
     さんとく君からしてみたら、私もオイサンも歳が倍も違うのだから、どう接するのがいいのか
    多少困っているようなところもあるのかもしれません。

     そんなこんなで今日歩いた横須賀の各地点と道のりはこんな感じです。
     最初に出せって? ごもっともで。

    より大きな地図で 20110319横須賀で海軍カレーを食べる を表示

     この後、もうちょっとSSの話をしようってんで場所を横浜にあるウエイトレスさんが見目麗しい
    某カフェに移そうと目論んだのですが、おりからの計画停電の煽りを受けて横浜駅の地下街は軒並み
    早じまい。
     スタバもドトールも同じようにお茶出来る場所を求めた人たちで満員で、あまりの負けっぷりに
    行き場をなくしたアラフォー二人とフレッシュマン一人は横浜そごうの外の自販機で買った缶コーヒーを
    片手に、外で色々とおしゃべりをしたのでした。
     なんだこの、地元のはずなのにアウェイ感満載な状況は。行いか?日頃の行いが悪いというのか!?
     あー、確かに悪いかもなあ。
     
     ……と言うわけで、さんとく君。
     この時といいその次といい振り回してすまなんだ(苦笑)
     そんなオチか、という閉まらない終わり方ですが、オイサンもさんとく君も状況が許す範囲でまたよろしくー。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/553-f4b7f678

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3