まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     チェコビール「Pilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)」の樽生を出すお店
    が実家の界隈にあるってんで、そこの常連の中学からの友人達に連れられて、
    ウルケルの樽生を堪能してきました。

     ウルケルは、ピルスナー、と言うスタイルのビールの元祖と言えるビールで、
    日本には瓶で輸入されており、例えば成城石井のようなお店で買うことができます。
     私の家の近くの成城石井にも置いてあって、330mlの小瓶が400円。
     もやしもんの第8巻でも紹介されていますから、ご存じの方も多いかもしれませんね。

     そのウルケルの樽生が飲めるというのですから気にならないわけがなく、行く機会を
    狙っていたのですがなかなかタイミングが合わず、今回ようやくそのお店に行くことが
    できました。
     このお店、PIVO屋さんと言いまして、マスターがウルケルに惚れ込んで、チェコから
    樽生を冷蔵コンテナで直輸入しているそうです。すげー。
     通常貨物便だとチェコから日本までの船便は2回赤道を越えるので、ビールの保存状態も
    それなりのレベルになるってことらしく、だからこその冷蔵コンテナってことのようです。
     そう言うこだわりは大好き。

     で、まあ一も二もなく飲むわけですよ。
     その日メニューに載っていたのは、ピルスナー・ウルケルと、ウルケルマスターの
    セミダークとダーク、それとコゼルと言う同じくチェコのビールのダーク。

     まずはピルスナーウルケルから。かんぱーい。



     おお、家の近所で買う瓶に比べてしゃきっとしてる気がする。
     輪郭がしっかりしててボケてない。

     続いて、ウルケルのマスターに行こうかと思ったのですが、コゼルが気になったので
    そっちを。
     コゼルダーク。右が0.5Lのジョッキ。左が0.3Lのグラス。
     甘い(アルコール度数3.5%) 甘いけど私好み。
     お酒好きからしたらジュースみたいなものかもしれません。





     友人がウルケルのマスターダークを注文していて一口もらいましたが、ビールにしては
    アルコール度数高めですね(後で調べたら7%らしいです)
     口に含むとピリッとします。



     おいしいビールを飲みつつ、プレッツェルとピクルスをかじりつつ、昔からの友人達との
    会話を楽しむ。
     贅沢な時間の使い方だと思います。
     多少、いやかなり、仕事の愚痴が入り申し訳なかったかなーと家に帰ってからちょっと反省。
     でも、ほんとに楽しかったです。
     またウルケルが飲みたくなったら行こうっと(笑)

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/511-d676ae86

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3