まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

     2009年の1月にOCZのCORE SERIES V2と言うSSD(Solid State Drive)を人柱覚悟で購入し、
    使うこと約1年半。
     2台のSSDでRAID0を組んでXP入れてみたり、以外と劣化が早いことがわかって
    システムをHDDに戻したり、Windows7にするときにダメ元でSSDに入れてみたりと
    色々遊ばせてもらいましたが、そのSSDのうち、Win7のシステムとして使っていた1台が
    数日前にアクセス不能になりました。
     MLCタイプを購入したので寿命がそれなりに早くやってくるであろうことはわかっていて、
    こちらSSDの寿命予測ソフトを使っていつ頃お亡くなりになりそうかを確認しつつ
    使ってはいたのですが、思ったよりも早く終焉を迎えた、と言う感じです。
    (MLCタイプは1つの素子あたり約5000~10000回の書きこみができて、SSDの中でその書き込み
    回数がなるべく均等になるようにしているそうです。購入した頃は10000回と言われていてその数字を
    私も目安にしていました)

     なお、この寿命予測ソフト(JSMonitor)ですが、向こうのブログで作者さんも言っていますが、
    このソフトの出す「寿命」はあくまで平均書きかえ回数が一定値(10000回)を越える時期を
    それまでの平均書きかえ回数の増加度合いから予測しているものです。
     一方、SSDの素子の寿命は大体MLCで10000回が目安と言うだけで、必ず10000回と言うわけでは
    ないですし(もっと少ない可能性がある)、たまたま寿命を迎えた素子にシステムの根幹に
    関わるファイルの一部が書き込まれていたら、他の素子がまったく問題なくてもPCは起動しなく
    なってしまいます。
     つまり、「寿命」はあくまで目安だ、と言うことです。
     そこまでわかった上で、このソフトを利用すべきでしょうね。

     話を戻して。
     崩壊の予兆は先週の火曜日の夜にありました。
     Windows7が起動せず、スキャンディスクをかけ始めたのです。
     そうしたら不良セクタが山のように出てきて……。
     それでもスキャンディスクで修正をした結果、起動して普通に使えるようにはなりました。
     ところが数時間後、急に日本語入力ができなくなりました。
     半角/全角キーで切り替えるとアプリケーションが不正終了するのです。
     ATOKのせいかと思ってアンインストールしてインストールし直そうとしたら、今度は
    システムのインストーラーが起動しません。
     どうやらSSDの中でシステムの一部を記録した部分が寿命を迎えてしまったようです。
     慌てて余っていた1TBのHDDにWindows7をインストールして、必要なファイルをバックアップして
    いる最中に、SSDに完全にアクセスできなくなりました。

     人柱覚悟とは言え、購入して2年も経たずに寿命とは……。
     SSDにはなるべく書き込みをしないようにと、色々なファイル類を他のHDDに分散して運用して
    いたのが功を奏し、単純にHDDにOSをインストールして、必要な常駐ものをインストールし、
    リンクを張り替えるだけで被害が最小限にとどまったのが不幸中の幸いだったと思います。

     今回のSSDは予測ソフトが出す予測よりもかなり早く寿命(操作不能)が来ました。
     理由はよくわかりませんが、ソフトの出す予測はあくまで予測であり、いつ壊れても
    良いような準備はしておいた方が良いでしょうね。
     もっともこれは2009年の初頭に買ったSSDについて言えそうなことであり、その後出た
    SSDは容量も大きいし(容量が大きく、かつ、使用している領域が少なければ平均書き込み
    回数の増加は遅くなる=寿命が長い)、書き込み回数の均一化をするような機構もよくなって
    いるでしょうから、そんなに心配しなくてもよいのかも知れません。
     その辺は各自使っているSSDの特徴を知っておくと良いと思います。

     さて、当座はHDDでいきましょうかね。
     新しいSSDを買う余裕があまりないのです。
     お金がない、と言うよりも、対費用効果的に二の足を踏んでいる、と言った方がより正確かな。
     数年して、SSDにまた興味が出てきたら、その時また情報収集してSSDに手を出してみようと思います。

     寿命予測ソフトが最後にはき出したSSDの断末魔のログを以下に載せておきます。
     よくがんばってくれました。合掌。

    -------JSMonitor Version 0.4c-------
    Copyright (C) Lansen 2008-2009

    Controller: JMicron JMF601/602 Family
    Model: OCZ CORE_SSD
    Drive Size: 32.0GB
    Firmware Version: 02.10104
    Firmware Date: 08/10/16
    Flash Vendor: Samsung
    Flash Type: MLC
    Flash Name: K9GAG08U0M/K9LBG08U1M/K9HCG08U5M
    Block Size: 4MB
    Flash ID: 0xEC 0xD5 0x14 0xB6 0x74 0xEC 0xD5
    Channels: 8
    Banks: 2
    Power Cycle Count: 3346
    Average Erase Count: 7225
    Maximum Erase Count: 7329
    Good Block Count: 7916
    System Block Count: 272
    Error Correction Count: 60
    Last EC Channel: 2
    Last EC Bank: 0
    Last EC Address: 0x01 0x7B 0x1E
    Expected T.E.C.: 2011/03/02
    T.E.C. Calculated using: Average Erase Count (Last 100 Data)


    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/506-653b2617

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。