まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。


    web拍手 by FC2
     紗江ちゃん編で6人いるメインヒロインも折り返しを迎え、今回の七咲逢編から後半戦に突入です。

     公式サイトで、隠しキャラの上崎裡沙編と妹の美也編を制作するという発表がありましたが、
    このアニメが2クールであることを考えると、それぞれ1話ずつの割り当てになるのだろうと
    言うことが容易に想像できます。
     隠しキャラと妹とは言え、それぞれ1話で描くには足りないんじゃないかなあ、と思ってまして、
    さてどんなことになるやら……と興味半分怖さ1/4諦め1/4ってな感じです。

     で、今回―第13話から七咲逢編がスタートします。
     あらかじめ言っておきましょう。
     私は1本ですが七咲のSSも書いているように、七咲はかなり好きです。
     ですので、多少ひいき目にバイアスがかかると思います。
     そこら辺をさっ引いてお読みくだされば幸い。

     さてと、七咲編第13話:第1回。
     七咲はアマガミヒロインの中でも群を抜いて人気のあるキャラですから、この七咲編を
    どう描くか注目している人は多いんじゃないかと思います。
     これまでに、原作を忠実になぞった森島はるか編、多少のアレンジを入れてきた棚町薫編、
    コメディ路線に走った中多紗江編とやってきたわけなんですが、七咲編は、さて、どうなるんで
    しょうね。
     第13話:第1回、七咲の編の「起」を見る限り、森島編寄りと言う感じでしょうかねえ。
     ゲーム本編のデアイの主要イベントを押さえつつ、ごほうびイベントのたくし上げと海岸ゴミ拾い
    を入れてまとめています。
     お話しの流れにはあまり無理がなくスッと流れていきますが、一つ一つのイベントが薄まって
    しまうのは、まあ尺的に致し方ないんでしょうね。
     私的にはこのお話しがスッと流れる部分は結構重要で、それは本来ゲーム本編ではぶつ切りだった
    各イベントをうまくつなげるようなシーンを新たに、違和感なく入れていると言うことだから。
     それと今回は、冒頭の2年前のところに既に七咲と遭遇していた、と言うエピソードを盛り込んで
    ます。これが後々何かの意味を持ってくるのか、にも注目してみたいな、と。

     と言うわけで、始まりとして旧来のファンにもアニメからのファンにも悪くない入りだったんじゃ
    ないかな、と思いました。
     少なくとも、私的に違和感はなかった。
     ゆかなさんの演技も、七咲の年齢と、橘さんとの距離を考慮して変えていたように思えたし。
     ここから第14話:第2回以降をどうつなげていくか、どんなエピソードを盛り込むのかが、
    ちょっと楽しみです。
     多分、デアイ→アコガレ→スキと進んでいくのだろうと思うのですが、そうするとナカヨシルート
    のファラオであったり、ポケットに手を突っ込むであったりが抜け落ちるのでなかなか悩ましいですね。
     私個人の希望を言うと、最初にトラウマ話を持ってきたのだから、何らかそれを解消する形で
    終わらせてもらいたくて、できれば最後はクリスマスパーティ→橘さんからの告白と言うのが良い
    なあ、なんて思っています。多分そうはならないでしょうが。


     では、第13話:第1回を振り返ってみましょう。

     冒頭は2年前の降られた直後のシーンから。
     このとき既に七咲と出会っていたという形に改変。
     これが先々どう活きてくるのでしょうね。
     七咲の声が美也のように甲高く聞こえますが、これは七咲がまだ中学生だと言うことを考慮した
    演技なのかな、と思いました。

     OP後、学校のシーン。放課後です。
     絢辻さんが登場して、状況説明的な会話をして去っていきます。
     お約束の顔見せ。

     帰り道、ここの最初の風の描写は確かに寒そうだなあ、と思いました。
     あまりの寒さにトイレが近くなって公園へ。
     そして七咲との出会い。
     ちなみ、ゲームの時も思ったんですけどね、むやみやたらに名乗らない方がいいですよ。橘さん。

     翌日、登校シーン。
     薫の絡み方が自然で良いなあ、と思いました。

     食堂でのシーフードカレーかとんかつ定食かのイベントを経て、クロネコに誘われて校舎裏へ。
     水泳部が昼休みもプールを使えるとか、どんな学校なんだろうとちょっと思ったり。
     ひびきちゃんの笑顔がかわいいです。
     で、そのまま流れでたくし上げイベントに突入するのですが、たくし上げながらほほを赤らめる
    七咲ってのがちょっと新鮮でした。
     ゲームでは挑発的な表情でためらいもなく見せていましたからね。

     家でのシーンを交えて水飲み場のシーンへ。
     ああ、尺が足りないのが残念だ。
     これじゃ美也が単なるいたずらっ子じゃないか。
     なんかこの時点で七咲が随分打ち解けてます。帰りにちょっと付き合ってくれと誘ったり。
     この辺の距離=七咲の心境の変化がちょっと読みづらいな。
     単純に友達のお兄さんだから、ってことで良いんだろうか。

     プー、を介して梨穂子とまなるっこ先輩登場。
     こたつ運びのシーンですね。
     後ろでオケの練習やってるっぽい音が聞こえるのが、高校らしくて良いな
     で、今日の紗江ちゃん登場シーン。
     作るのはコスプレ衣装?(マテ

     で、七咲の買い物に付き合う橘さんなわけだけど、さらに距離が近づいてるなあ。
     一日、二日の間の変化にしてはちょっと大きいかな。
     商品券をゲットして、大判焼きイベントへ。
     大判焼きが熱々のうちに海岸に出られると言うことは、商店街のすぐ近くが海ってことですね。
     ではばひろいn、ここの描写はどうなんだろう。熱々の大判焼きを食べてる風にはちょっと見えないなあ。
     海岸散歩してゴミ拾いして終了。
     ラストの七咲の笑顔が彼女の気持ちを物語っている気がしました。

     七咲ED「恋はみずいろ」
     七咲チックなメロディラインですね。
     マイナー基調なんだけど、暗すぎずはじけすぎずでもちょっとはしゃいだ感じがあるような。
     でもちょっと歌詞を詰め込みすぎな気がするなあ。
     頭の中で鈴木雅之の声で再生されましたが、そう言う路線の歌だなあ。

     予告編はひびき先輩でした。
     そうそう、彼女はこういう人です。
     かわいい後輩に中途半端な気持ちで手を出そうものなら……ですね。


     今日の塚原ひびき
     予想通り、何度か登場シーンがありました。
     今回は予告のナレーションまで入れて5回。
     登校シーン、昼休みのプール、水飲み場、橘さんとすれ違う、予告ナレーション。
     基本的に七咲との関係性の濃さやシーンの状況を示すようなものでした。
      登校シーン:先輩後輩関係であることがわかります。どんなポニテかよくわかりますね
      昼休みのプール:ひびきが水泳部であること、大会が近いことがわかります。笑顔が素敵
      水飲み場:七咲のジャージ姿が水泳部の朝練後、とわかります
      橘さんとすれ違う:これはおまけかな。ひびきなら笑うはるかをたしなめる気がしますが……
      予告:「遊びだったら許さないってことよ」にひびきの七咲を思う気持ちがが出てるなあ
     七咲編で、水泳部の部長として、七咲の相談相手として、塚原ひびきがどう描かれるのかを
    楽しみにしたいと思います。
     ま、順当に行くならば、森島はるか編ほどの絡みもなく1話あたり数度の登場で、第16話:第4回
    は出番無しか、屋台でおでん売ってるシーン程度になると思いますが……ね。


    感想の最後に、第13話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから------------------------------------------------------------------------------------------


    今回はトラウマ話からスタートなんだね。

    お? っと、こう来るのか。

    声が高めなのは2年前を意識して、なんでしょうね

    この頃の七咲は、知らない人に対して警戒感バリバリではない様子。
    それとも郁夫のおもちゃを買ってテンション高いからかな

    風車は2年前から回っていたのか。

    あれ? 「i Love」? 新OPになるんじゃなかったの??

    夕暮れの学校。絢辻さん登場。さりげなく状況説明
    正直、お近づきになりたいです。

    あ、ここの風の描写はいいな。
    寒いって気がした。

    七咲、華麗に登場。
    中身は黒、なんですが、学校帰りに水着を着ているわけもなく、と言うことは……

    警戒感バリバリモードキター

    「自ら名乗る痴漢も珍しいですね」
    個人情報の漏洩には気をつけましょう

    みゃーがにゃーをにゃーといった。
    ややこしや

    薫登場。らしさ満載。良きかな。

    ひびきちゃん登場。

    ちょっと待てみゃー、どっからそこへいった

    あいかわらず充実した食堂だなあ

    七咲だなあ、うん、七咲だ

    ご飯少なめってあたりが女の子だなあ、と思いつつ、いや待て運動部がそれじゃもたんだろう

    確かになぜラーメン

    そっか、七咲編では、森島編と同じように薫は梅ちゃん共々つるむポジションか。

    クロネコ登場。

    一方プールでは。

    笑顔のひびきちゃんはかわいいなあ!
    この際作画は問わん、そんな贅沢は言いません

    ほー、こういう風にたくし上げに持ってくるか

    んー、まあサラッと流してもいい場面ではあるが……

    何とも思わないと言いつつほほを赤らめる七咲はちょっとかわいい

    なるほど、下が水着で問題ないようにちゃんと考えていたわけね。

    ポンポンとデアイのシーンを流していくけど、つながりは悪くはないなあ

    Aパート終わり

    信用のない兄(笑)

    来た、福引き

    つーか、この絵柄は誰の趣味

    みゃーはかわいいなあ

    さりげなく登場するひびきちゃん

    一等ハワイ……ではないけど、みゃーの気持ちがより伝わるな

    ああ、尺がないのが口惜しい。このエピソードはフルで見たかった

    あ、もう警戒モードが解けてる。はやっ

    お、りほっちにまなるっこ先輩登場。こたつ運びエピソードか。

    続いて紗江ちゃんも。そっか、コスプレ衣装を自分で作るのですね(違

    なんかすっかり打ち解けてる

    これは、大判焼きイベントのフラグ。

    あたりーっ

    海岸まで持ってきても熱々ってことは、商店街から海まで相当近いね。

    つーか、あっという間に距離が近づいた

    海岸ゴミ拾いイベントも盛り込んだか

    七咲ED
    んー、説明しすぎ? 言葉詰め込みすぎ? メロディラインは悪くないんだけどなあ。

    次回予告はまさかのひびきちゃん。なんかすっげえぶっとい釘を刺したような(笑)
    もちろん「はるかがひびきにトキメク」のですよ(違)


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/503-0866a404

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3