まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点でまだ第1話が放映されていない地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

    web拍手 by FC2  第5話。棚町薫編スタート。

     最初に記して起きましょう。
     私は棚町薫が「かなり」好きです。

     はいリセットきました-。
     森島はるか編が終わり、あれを導入だと考えると、少しテンポアップを期待したくなる
    二番手に、テンポアップが可能な薫を持ってきた意味があるかないか。
     そして実際にテンポアップするのか。
     薫編の4話がやはり「起承転結」で語られるのか。
     この第5話がその「起」にあたるのか。

     興味は色々あるわけで、まあ、そんな目で第5話を見ました。

     まず、テンポアップしたか、ですが、森島はるか編に比べて確実にテンポアップしてます。
     なにを持ってテンポアップか、と言う話もありますが、さらっと流れていく感じがなくなった
    気がします。
     もともと中学からの腐れ縁で橘さんとの距離が最初から近く、絡ませやすい上に、森島はるか編で
    膝裏とかゴロニャーンとか「食事!? 食事なの!」をやった後なので、比較的ネタに持っていき
    やすいのでしょう、そっち方面は最初からかなり飛ばしていた気がします。

     薫編も起承転結で語られるか、第5話は「起」か、ですが、第5話、薫編第1回を見た限り
    「起」であったと思います。
     棚町薫との恋愛ストーリーという点において。
     腐れ縁の悪友にときめき始める、これを「起」と言わずしてなんと言いましょう。
     多分次週にくるであろう「へそチュー」とか「ノーカウント」を「承」として受けて、薫の
    ウェットな内面を薫編第3回(第8話)あたりで「転」として見せるんじゃないかと予想して
    いますが、どうでしょうね。


     さて、第5話(薫編第1回)の中身をみてみましょうか。

     冒頭は森島はるか編と同じく2年前の丘の上の公園で振られるところから。
     第1話ではこのまま押し入れに閉じこもったのですが……なんと今回は薫が登場。
     ちょっとまて、そんなエピソードあったっけか??
     いえ、無かったはずです。
     そもそもゲームの薫ルートではこのトラウマの話には触れてないはず。
     だからこれはアニメの独自設定ですね。
     「うちにケーキ食べに来る?」と言ってますから、少なくとも薫にとっては中3の時点でかなり
    距離が近いことがわかります。

     で、OPを挟んでいきなり耳をアマガミ。
     薫と言えばここ、と言うシーンがいくつかありますが、その中の代表的な一つですね。
     ゲームでは片方だけですが、アニメでは橘さんが挑発して両方です。
     うちの嫁はゲーム中のこのシーンをみて「さすがに学校でこれはありえん」と言ってそれ以降
    アマガミと言うゲームそのものに触れなくなりました。
     人間、どこに琴線があるかわからないものです。

     それはともかく。
     その後、ポートタワーの話題を絡めて、夫婦(どつき)漫才に突入して、絢辻さんが学級委員と
    して介入することになるのですが、ここで絢辻さんが絡むのは薫がステップアップしていくための
    伏線だったようです。
     あとで薫が自分で語ってますね。
     初見の時は顔見せかと思った。
     で、薫が八つ当たりしてパステルピンクなイベントが入って腹にパンチ決められて橘さんが
    医務室送り、と。

     アニメの薫はゲームよりも主人公に近い立ち位置にいますね。
     あんなに密着しねーよ、付き合ってもないのに、って言う人も居そうな位(笑)
     友達以上恋人未満からのスタートを見せることで、はるかとの違いを際立たせようと
    しているのかも知れませんね。

     で、その医務室で、心配した薫とちょいちょいっとやりとりをしますが、ここでね橘さんが
    こんなことを言うのですよ。
     「そんな顔したら怒れないじゃないか」と。
     これ、橘さんがはるかに言われていたセリフですよね。
     薫編の橘さんは、薫がはしゃぐ分だけ橘さんがしっかりして見えます。
     「輝日東の核弾頭」という字(あざな)も出てきますね。
     Bパートでは薫の家の事情(母子家庭)がさらっと語られ、薫のバイトの様子をみることが
    できます。
     森島はるか編と比べて、各エピソードのつながりや、その中への薫と言う子の説明の折り込みが
    うまいなあと思います。
     そんなちょっとしっかり目の薫編の橘さんも男の子なわけで、薫のセリフに妄想大爆発。
     この妄想シーンもゲームにはなかったですね。
     アニメならではのものでしょう。
     つーか、普段どんなこと考えてるんだ、純一。
     いや、気持ちはよくわかるけど。んで、内容的にはかなりお約束だけど。
     でも、この辺が健全な男子高校生だなあ(笑)
     んで、結局盛り上がった末に「ここ保健室なのよ」とたしなめられて妄想おしまい。
     ひびきちゃんが良い仕事をしています。

     アイキャッチを挟んでBパート。
     田中さんの相談イベントが丸っとそのまま入ってます。
     アマガミCSでサトリナさんとアスミンが演じたのとは違う演出になってますね。
     妄想大爆発で喜び勇んでやってきた橘さんがいじけてるのが何とも(笑)

     んで帰り道。
     薫のくるくる変わる表情がかわいいですね。
     多分この下校シーンもアニメオリジナルかな。
     途中、美也と紗江ちゃんがカットインして消えていきます。
     これ、後々意味を成すのかな。
     で、ゲームの序盤には出てこなかったバイトシーン。
     薫の動揺を表すのにうまく使っている気がしました。
     いちいち書きませんが、二人のやりとりや薫の仕草がかわいいと思います。
     つーか橘さん、仕事の邪魔すんな(笑)

     薫が悶々とし始めて、無頓着な橘さんがコーヒーすすっておしまい。

     EDですが、薫の曲に変わりました。「きっと明日は…」です。
     薫の心の揺れ具合を表すような歌詞ですね。
     このEDからも薫編はスキBESTにそって、薫のウェットな部分を描いていくのだろう
    と言うことがわかります。
     「just a friend. such a friend. still a friend」と言う歌詞からも変わっていく
    二人の関係が見て取れますね。
     歌としては、はるかの「キミの瞳に恋してる」がサビでぐぐっと上がっていくような歌だった
    のに対して、しっとりとしながらもサラッと流れていくようなそんな風に仕上がってます。

     不意打ちだったのは次回予告のはるかさん。
     いやー、はるかさんだわ。ラブリーがラブリーでラブリーでした(意味不明)
     もうね、これで今週のはるかさん分を補えたと言っても過言ではないですね。


     今週の塚原ひびき

     森島はるか編が終わり、出番が激減することが予測されるひびきちゃんですが、
    今週は出番がありました!
     Aパート終了前に橘さんが妄想爆発して叫んだところをたしなめる役どころです。
     彼女の能力の一つに、その独特な雰囲気で周囲の空気を整流する、と言うのがあり、
    今回は橘さんの妄想をうまく断ち切ってCMへ持っていっています。
     きっと今後もこんな感じで登場するのでしょうが(七咲逢編を除く)、塚原ひびきファンとしては
    出番があるだけでもありがたいのです。
     次週は、次回予告に映っていなかったので微妙ですけどね。


    感想の最後に、第5話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから------------------------------------------------------------------------------------------

    ふむ、やっぱりここから始まるのか

    ええー!?

    このエピソードは初見じゃね?
    ゲーム中にあったっけ?? ないよね???

    薫、マジいい女

    そしてOP

    あいしてーるー♪

    第1話で来るとは思ってたけど、いきなりかーっ

    とばしてるなあ。
    薫編はもしかしてこの勢いで行くのか?

    モブのメガネの子が(ry

    仲良いねえ。お二人さん。

    この距離感は…… ゲームよりもやたら近くないか?

    うんうん、梅ちゃん良い表現だ<夫婦漫才

    純一の立ち位置に比べて、薫の立ち位置がずいぶん近いな

    ゲームに比べてかなりオーバーリアクション気味な気がする。
    この薫は好みというか評価が分かれるかも

    お、ポートタワー。これはきっと第8話かな。
    とするとあのセリフが聞けそう。

    そっか、森島先輩編でもつるんでたけど、アニメ世界観では
    この三人(+田中さん)がいつもセットなんだな。

    ネガティブ発言の裏には……多分高所恐怖症が

    絢辻さん介入

    こう言う当たり前のシーンがゲームには出てこないよなあ
    んで、私はこう言う当たり前のシーンが見たかった

    薫八つ当たり

    弱い、弱いよ純一

    うわ、あのシーンをここに持ってくるか
    んで、パステルですかw

    とどめ。合掌。

    薫ぅw

    お約束w

    なんやかんやと薫は良い子

    ちょ、そんな顔されたら怒れない、かあ

    薫編の橘さんは、薫がお子様みたくはしゃぐ分、大人に見えるな

    いいシーンきた

    いきなり茶々入った

    お、「輝日東の核弾頭」がさらっと出てきた

    なんだろう、緩急がうまく効いているのは薫だからかな

    こう言う関係、大好き

    ああ、序盤のあのイベントを入れるのか
    アレは確かに必須っちゃあ必須かも

    ないない

    そうくるかw

    発想が飛びすぎだ

    でもこの二人の関係だとこう言うのは作りやすいんだろうな

    じゃ、じゃーまん?

    健全な高校生男子の妄想&視聴者サービスカット

    深夜アニメだなあと思うシーンでもある

    これはこれで純一の願望が出てるんだろうなあ

    髪の毛アップした薫はマジ可愛い

    三つ指つきますか

    ひびきちゃんキター
    延々と垂れ流されかねない橘さんの妄想をぶった切るには最適な人だなあ

    はるかも寝てたのか

    Aパートおわり

    麻耶ちゃんが仕事してる

    絢辻さんといい梨穂子といい、あとで「誰これ?」って言われないような工夫をしてるなあ

    こんなところで彼女の話題がっ
    これも伏線とみていいんでしょうかねえ

    そっか、なんやかんやと、この4話分の橘さんは既に薫が気になってしょうがないのね

    orz 笑った

    いじけるなよぉ

    このイベント、橘さんがこんなにいじけてるのは新鮮だ

    薫の表情の変化が良いなあ

    でも、どうしても、このシーンは頭の中でアスミン声がオーバーラップする

    恐るべしアスミン

    ここはそのままゲームをなぞるのか

    ちょっと照れる薫かわいい

    田中さんは典型的な、ダメ男に尽くして泣かされるタイプっぽい

    薫の性格が良くでてる

    お、ちょいちょいっとアニメの独自解釈を交えてるなあ

    かしこまりましたー

    初てんきゅ

    さらっと薫の家庭事情が

    ふーん、アニメじゃ一年生トリオは3人つるむことがあるのか

    アイス載っけてサーモンとウィンナー? クレープかな。

    で、この二人を出したのはどんな意味が……

    し・て・あ・げ・ないっ

    仲いいよなー

    照れ隠しのバッグ

    バイトシーン、キター

    髪の毛アップした薫はかわいいなあ(二回目)

    絶対領域w

    男の子だねえ

    バイトのじゃますんなっ

    薫はかわいいなあ!
    薫はかわいいなあ!!
    薫はかわいいなあ!!!

    男の子だねえ(二回目)

    そしてED

    んー、結構落ち着いてる歌だね

    次回予告にはるかキター
    変態淑女の面目躍如ですかw

    心配が一つ消えました。
    でもゲームはもうちょっと声が高かった気がするんだけどね。
    演技の仕方を変えたのかな。


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/486-3114f252

    (アニメ感想) アマガミSS 第5話 「棚町薫編 第一章 アクユウ」

    アマガミSS 1 森島はるか 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)クチコミを見る いつも近くにいて、だからこそ気づかない。しかし、よく見ると・・・。というわけで、今回のヒロインは棚町薫でございます。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメント...

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3