まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    これだけ休みが長いと、休みボケがすごそうですが、まあがんばりたいと
    思います。


    今更かも知れませんが
     とあるまとめページを見ていて、そこで紹介されていた
    上越新幹線「とき325号」のページ
     久々によいものを見た気がしたので。
     自分が技術屋だから、と言うわけではないですが、こう言う、がんばった
    機械なり装置なり設備と言うのは、光っているなあと思います。

    #よく考えられた機械には、元々独特の美しさがあって、それはその機械が
    #どんな目的で生み出されたとしても変わらないと思いますが
    #話がずれるので割愛w


     この件で、マスコミは一斉に脱線したことを批判しましたが、当時その
    批判はあまりに科学的でないなあと思いました。
     ある事象、この場合には地震という天災が起きたときに、どれだけの
    力がどこにどのようにかかってその結果どうなるか、を基に実際に
    起きた現象を評するのがあるべき姿だと思います。

    #むろんどんなことが起きても脱線しない、事故を起こさないことが
    #理想なんでしょうが、そもそもエラーを起こす存在である人間が
    #生み出したものに、エラーが存在しないわけがないと思うし、
    #限りなく安全性を求めるとコストが膨大になるがそれは容認されない
    #わけで……


     センセーショナルに取り上げるがために、ある部分、この場合は
    脱線したと言うことのみを抜き出された感があります。
     脱線したが死傷者がゼロだったこと、がもっと初期から評価されても
    良かったんじゃないかと思います。

     昔に比べ、様々な情報が瞬時に手にはいるようになりました。
     新聞一つとっても、以前なら(わざわざ買いにでも行かない限り)契約
    している一紙の内容しかわかりませんでしたが、今は各社の報道内容が
    ネットを通じてすぐわかるようになっています。
     また、何か事が起きたときには、報道各社のホームページ、ニュースサイト、
    掲示板などを巡ることによって、なにがどのように起きているかが以前よりも
    多角度に入手できるようになりました。
     入手できるようになって、どの情報を信用すればいいのか、情報の取捨選択の
    重要性を改めて実感しました。
     報道機関だから内容や主張がすべて正しいわけではない、と言うことを改めて
    感じました。

     うちのちびは、生まれたときに既にインターネットが整っていた世代です。
     情報過多な世代と言っても良いかも知れません。
     ちびが育っていく過程で、いつか情報の取捨選択の話をしてあげようかと
    思っています。
     流れている情報の全てが正しいわけではないこと。
     それを知った上でより多くの情報を入手して、取捨選択をし、自分の役に
    立てること。
     取捨選択の基準がどこにあるのか。どうやって決めるのか。
     そのために、最低限知っておかなければいけないことはなにか。

     間違ったことを教えてちびが恥かかないように、親の目も磨いておかないと
    いけないですね。

     単に「良いページがあったのでご紹介」のつもりがあらぬ方向へ行きましたが、
    まあ、ヨシと言うことで(^^;
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/48-212dbde8

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3