まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点でまだ第1話が放映されていない地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人はブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

    web拍手 by FC2  もう一つ。
     私は森島はるかが結構お気に入りなのでその補正があると思って適当に割り引いて読んでください。

     さて、第2話の感想ですが、その前に前回OPやEDに触れてなかったので、そっちを先に。

     OP:
      曲:きれいな曲ですね。さわやか。OPの映像によく合ってると思います。
        さわやかすぎてさらっと流れてしまうような感じがあって、でも、アニメの内容を
        考えたらこのくらいがいいのかなとか、そんな風に思いました。
        ちょっと声の線が細いかな。なんとなく頼りなさを感じます。
       7/19 追記
        本日のUstreamのライブを聴いてOP歌っているAZUSAさんへの印象が変わりました。
        頼りなさはなかったです。儚さを少し感じましたが、総じて華やかな気持ちのよい声でした。
      映像:
        曲にシンクロするようにさわやかな感じがします。
        やっぱりあの風車には違和感があるなあ……
        ヒロインの顔見せ、と言う役割をしっかり果たしてますね。

     ED:EDは各ヒロインごと(=4話ごと)に変わるとか。まずはラブリーのからですね。
      曲:はるからしいアップテンポな曲ですね。私的にはipodに入れて通勤時に聞いてもいいかな。
        「雨上がりの虹の空に~♪」のあたりは結構好き。
        伊藤静さんの声が好きなので、その補正が入っています。
        「わんわんディスコフィーバー」もTH2の環のキャラソンも好きですし。
      映像:はるかさんのプロモですね。わかります。最後の投げキッスがかわいいな。


     んで、2話の感想です。

     第1話がどうだったか覚えてないのですが、所々「ん?」と思うような絵が……。
     全編に渡って高いクォリティを求めるのは難しいのでしょうが、キャラがキャラっぽく見えない
    のはちょっと興醒めですね。

     内容は、第1話に引き続き、森島はるかルートを駆け抜けていくもの。
     起承転結の承に当たるお話ってところですかね。
     森島はるかという子がどんな子なのかがある程度わかるように時間配分がされていた気がしますが、
    どうでしょう?

     保健室、東プロレス、一緒に下校、怒る美也、薫との空中戦、プールで泳ごう、図書館。
     ざっと記憶に残った物を書き出してみましたが、相変わらずエピソード詰め込みです。
     ゲーム経験者なら、ああこれはあれね、と言う楽しみ方ができると思うのですが、
    アニメから入る人の興味をどこまで引いているかは微妙かも知れませんね。

     橘さんは、ゲーム内での「変態紳士」というイメージではなく、等身大の高校生として描かれて
    いるなあ……と思います。
     ゲームの時よりも親近感がわきます。
     この純愛風(?)なストーリーにはちょうどいいのかも知れません。

     私としてはひびきの声の演技が安定しているのがうれしいです。
     絢辻さんのドラマCDで感じた違和感はなく、ゲームのままのひびきがアニメにいる。
     そんな気持ちで見ています。

     さて、この流れで行くと第3話にポンプ小屋がくるわけで、多分それが声優さん達への
    インタビューにもあった「恥ずかしくて周囲がスタジオを出て行く」ようなシーンなのだと
    思うのだけど、どう表現されていることやら。
     伊藤静さんは三度あのセリフを言うことになったのか。
     来週のお楽しみですね。

     さて、第3話でどう転じて、第4話でどうまとめるのか。
     4話トータルで納得のいくシナリオになっているのか。
     はるかの話は、後ろに続く各ヒロインの話への試金石でもあるわけなので注目しています。


    最後に、第2話の初見時の感想をそのまま載っけておきます。
    ツイッターでの実況風、かな。

    ここから------------------------------------------------------------------------------------------

    今回もアスミンがいい仕事をしてますね。

    薫は下手するとゲームの時よりも橘さんに近い立ち位置にいますね。
    いや、描かれていないだけでこっちが実際なのかも。

    OPは良い曲なんだろうけど、線の細さに頼りなさを感じて不安が募る。

    そりゃあ、橘さんの反応が普通だよなあ。

    全部思いつきだろう。それ。

    わかりやすい、わかりやすいよ。橘さん。

    んっと、アコガレ移行ですね。

    で、東プロレスっと。

    そっか、ここでフラグが一個消えるのね。

    ひびきちゃん、きたー。
    なんか安定した気がするなあ。

    ひびきちゃんと一緒に帰れるなんて……いいなあ

    はるかが女の子からも人気があるって描写は初めてかな?

    お、ダブルブッキング話はさらっと流すのね。
    時間ないしそりゃそうか。

    みゃーが可愛い。
    こう言う妹が欲しかった……と思うのは自分にリアル妹がいないからなんだろうな

    梅ちゃんの後ろの席の女の子が気になる程度にポニテ好き。

    いや、薫可愛い。マジ可愛い。こんな同級生が、以下略。

    わお、麻耶ちゃんが怒った。

    プールきたー

    おーきーどーきーの使い方ってこれで合ってたっけ?
    んー、本編見返さないといけないな。

    七咲! それも警戒モードバリバリの。
    一応これで面識あり、か。

    ひびきの鋭い目!

    なによひびきの味方するつもり? → はい!

    そして、犬へ。

    ここで二度目!?

    お、ぐらついてる。

    でこちゅー、きたー

    ん、ポンプ小屋は次週ですね。

    次回予告。どっかで見たような風景だなあと思う。
    房総半島とか三浦半島の先っぽとかそんな感じかなあ。

    ---------------------------------------------------------------------ここまで

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/477-cb853d06

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3