まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2
     先週の日記に、決戦は土曜日、と書きましたが。
     来ました。名古屋から。
     オイサンをして「六天魔王」と言わしめるその方が。
     11時北鎌倉集合なのに、勢い余ったのか5時半に名古屋を出て9時過ぎにはもう北鎌倉について
    しまったと言う気合いの入りよう。
     オイサンは「11時待ち合わせって言ったよね?」と慌て、私はモニターの画面に表示された
    「北鎌倉なーーう!!!wwwwwwwww」の文字を見て軽く頭を抱えました。
     だが敢えて言おう。
     北鎌倉駅界隈には牛丼屋もハンバーガー屋もないぞ、そのくらいのリサーチは必要だ、と。
     男子校と女子校があるから、学生の数とうざさはハンパないし、観光客はそれこそ掃いて捨てる
    ほどいるけどな。

     まあ、前振りはこれくらいにして。
     アマガミのSS仲間の一人にして、Twitter上で他の追随を許さない比類なき書き込みをしている
    ことでごく一部に有名な、第4先輩さんがわざわざ名古屋からいらしたわけです。
     第4先輩のブログ兼SSサイトは左側のリンク欄の「アマガミSSなどを捨てて置く場所」です。
     七咲逢のスキBADルートをこよなく愛するお方ですので、万民受けするSSではありませんが、
    その取り組む姿勢や考え方には間違いなく一本筋が通っていますので、興味がある方はぜひどうぞ。

     事の発端は私とオイサンが鎌倉ミニオフ会を企てたところに遡ります。
     以前から「鎌倉でミニオフ会をするなら絶対に行く、万難を排しても行く」と第4先輩は宣言
    されていて、となれば呼ばない故はないわけで、やるけど来ますー?的に声をかけたところ、
    ホントに名古屋からやってきた、と言うわけです。
     この第4先輩がTwitter上でどんな発言をしているか興味がある人は、左のツイッター窓から
    私のホームへ跳んで、そこからD4_Sと言うIDの方を探して読んでみると良いかと。
     ざっと私なりのイメージを抽出すると「シニカル」「どS」「趣味人」「どっちかってーと
    偏った人」「スキBAD」。
     正直、Twitterでの発言からは、丸腰でなーんも考えずに懐に飛び込んだらばっさりやられる
    くらいのオーラを感じるわけですが、果たしてその実像やいかに。

     ……と書いてきましたが、正直言って昨日のミニオフ会はぐだぐだのうちに始まりぐでんぐでんに
    なって終わりましたので、どんな中身だったかなにがなにやらヽ(´ー`)ノ
     「アマガミの話」「SSを書くと言うことについて」「お互いのSSの印象や感想」「世の中の話」
    「仕事の話」「Twitterの話」「ネット上で議論すると言うことその方法」……えーと他になにか
    あったっけかな。
     とにかく色々ありすぎて、それがしかもどれも濃くて、頭の中から昨日の記憶のかけらが蒸発して
    なくなる前になるべくかき集めて、それを断片的にでもお伝えしようかと思います。

     それにしても昨日の鎌倉は人が多かった。
     週末に某TV局が鎌倉特集的な番組を2時間もがっつりやってくれたせいなのか、はたまた天気が
    下り坂と言う、あまりあてにならない週間天気予報を信じた人が多かったせいなのか、とにかく
    すごい人出。
     第4先輩がなぜか北鎌倉から大船駅まで歩いてきたというので、大船駅での合流を試みるも失敗。
     北鎌倉駅での合流を試みるも人が多すぎて断念し、当初の予定通り「東慶寺」にて合流しました。

     んでね。
     私、Twitter上の発言から第4先輩の外観イメージを勝手に作り上げてて、もちょっとこう細身の
    カミソリみたいな人をイメージしてたんですが、ご本人は意外とふくよかな方でした。
     でも、最初の挨拶のしゃべり方とテンポを聞いて、ああなるほど、と納得した次第。
     思考の早そうな方です。

     早速、オイサンお勧めの「喫茶吉野」に腰を落ち着けて雑談スタート。
     ……ここでなにしゃべったっけ?(汗)
     適当にお互いの身の上の交換がメインだったっけか。
     ああ、自己紹介の時に「なんでも聞いて! なんでもは困る(cv早水リサ)」を言おうと思って
    いてその場ではすっかり忘れてたなあ。
     第4先輩はご自身のブログにも書かれていますが、うちのアマガミSSを公開当初(昨年の5月末)
    からご存じで、随分しっかりと読んでくださっているかたなのだそうです。
     ありがたやありがたや……。
     小一時間ほどおしゃべりして建長寺へ移動。
     「吉野」は落ち着いていて良いお店でした。
     心静かにお茶するのにもってこいです。
     今度娘と来よう。うん。

     さて、鎌倉への道をたどって途中にある建長寺へ……と行きたいのですが、これが一苦労。
     わかる人はわかると思うのですが、北鎌倉駅前を通って鎌倉へ抜ける道は車道も細く歩道もかなり
    狭い道で、そこに観光客が鈴なりになっているのですよ。
     全然動かねー。
     ようやく建長寺に到着して、山門などのいい感じにくたびれた感じを堪能。
     コンデジではフレームに入りきらないので、なぜか手前のこれをパシャ。



     建物や自動車を見て思う、一種の職業病についてちょっとお話ししつつ鶴岡八幡宮へ。

     脇の階段から上り、本宮(上宮)の横から大石段へ。



     やはり何度見てもこの光景は不思議。
     舞殿の周囲になにやら仮設の座席がもうけられていました。
     なにか祭事があるんでしょうかね。



     大イチョウの残された根や横に置かれた幹から芽吹いてきましたね。
     これが新しい命となって数百年後にまた大きく育ちますように。

     八幡様を若宮大路方面へ抜け、お昼ご飯。
     出がけにツイッター仲間のyotsuakiさんが紹介してくれた丼物屋さんへ。
     我が家に縁のあるカトリック雪ノ下教会のお隣、「bowls」です。パシャリ。



     丼のサイズをS,M,Lから選べるのがありがたい。
     休日のお昼だからか、前菜と丼とドリンクのセットコースしかありませんでした。
     量的に言うと、前菜もドリンクもいらないのでそう言うのも選べるともっと我が家的に
    立ち寄りやすくなるなあ、なんて思いました。
     私はおしゃべり始めると食べるのが遅くなるので、写真等は自粛してごはんごはん。
     ところで、ここでなにしゃべったんだっけ?(マテ
     ああ、一つ思い出した。

     関東では「坊(ぼん)さんが屁をこいた」をまず使わない、と言うこと。
    (関東圏だと「だるまさんがころんだ」が一般的)
     転じて「屁をこいて寝る」と言う言葉は関西圏では「寝るわ」と同義だが、関東圏では
    文字通りおならをしてから寝ると捉えられる可能性が高いと言うこと。

     夜に立ち寄るお店の場所をチェックしつつ小町通りを抜けて、江ノ電鎌倉駅へ。
     なんかやたら混んでるけど、今日の出足を考えたらそんなもんかぁ……。
     当初は、”江ノ電で極楽寺へ、成就院であじさいを愛で、長谷に抜けて大仏を拝み、そこから
    鎌倉駅前の市役所へ抜ける……”と言うルートをオイサンが考えてくれていたのですが、急遽変更。
     想定ルートの逆を行こうと言うことになりました。
     歩くことしばし。
     確かイヤホンの話とかMarty101に絡めてタイムドメイン理論の話をした気がします。
     まあ、好みの問題ですけどね<イヤホンとかスピーカー

     さて、道すがら第4先輩が自家製ジンジャーエールを見つけて買い求めて、それをお裾分け
    してくれたり(オッサン3人で回し飲みかよ)
     それが思った通りからかったり。

     オイサンが事前リサーチで押さえていた甘味処で休憩。
     「くずきり みのわ」
     ここって、銭洗い弁天に行く途中にある老舗の甘味処で、結構いろんな雑誌に紹介されている
    くずきりで有名なお店です。
     前回下見できたときに気づかなかった(苦笑) 頭に入っていた地図と歩き方が異なったせいかな。
     魅惑のメニューが並び、どれも美味しそうです。
     結局絞りきれずに、「宇治金時氷」「くずきり」「田舎汁粉」を注文。
     あとでホームページを見たら宇治金時は、今シーズンは訪れた日からメニューにのったっぽいです。
     ラッキーだったなあ。
     あんこが甘さ控えめで美味しいこと美味しいこと。
     ここでもオッサン3人でそれぞれの甘味を回し食べしてそれぞれの味を堪能しました。

     ところで、このお店でたまたま隣に座ったOL風のお姉さん達がちょっと興味深いお話を
    されていました。
     本来別の方々のお話に聞き耳を立てるのはいかがなものかと思うのですが、内容が「ドクター
    フィッシュ」だったものでつい……(^^;
    (アマガミ本編中でヒロインの一人の中多紗江ちゃんのシナリオに、デートでドクターフィッシュを
    体験するというのがあるのです。アマガミつながりで集まった3人としては聞かない風を装って
    それぞれがそれぞれに興味津々だったに違いありません)
     どこで体験できるとか、指突っ込んだらそこにも来るとか、入れるならもっとずぼっと入れないと
    とか、まあ色々。
     嫁さんも言ってましたが、ドクターフィッシュ、一度体験してみたいものです。
     えーと、それで、ここで何の話したんだっけかな。

     さて、小腹を満たしたのでそこから長谷にある鎌倉の大仏を目指します。
     正しくは「高徳院」と言うお寺さんですね。
     道すがら多分アマガミ関連の話題で雑談をしつつ大仏の入り口へ。
     さて、中に入るどうする? と言う段になって第4先輩が「入り口まで来て入らないで帰るのが
    おいしい」とおっしゃいまして(笑)
     なんか徒然草の第52段「仁和寺にある法師」を思い出しました。
     まあ、うちらはわかってて敢えてやってるのが違うんですが……ね。

     高徳院の入り口の前にある、武器屋さん(ここも超有名なところですね)を軽く冷やかし、
    (いえ、ハルバードとかバスタードソードとかウォーハンマーとか、TRPG経験者としてはよだれ
    ものの武器のレプリカがいっぱいで、思わずあれがそうかーなんて思っていたわけですが)
    あまりの人の多さに辟易しながら長谷駅を横目に海(由比ヶ浜)へ向かいました。
     この日の海は折からの強風で荒れており、ここはホントに湘南か、と思うような波が押し寄せて
    いました。



     第4先輩は「まさにスキBADな風景。これで人がいなければ」と喜んで居られましたがね。
    (彼がこよなく愛する七咲逢スキBADルートのラストシーンは、誰もいない冬の海岸が舞台なの
    です)
     せっかくなので何枚か写真を撮りました。重いからと一眼をやめてコンデジにしたんですが、
    一眼を持ってくれば良かった……。
     ウィンドサーフィンには持ってこいな風だったかもしれませんね。
     豪快にジャンプされてる方も居られました。




     これなんだかわかります?
     写真の左上に見える黒い四角いものが大凧。
     地上から大凧につながるロープにたくさんの鯉のぼりが強風の中を泳いでいます。



     もうちょっと拡大するとこんな感じ。



     それにしても潮風で身体がべたつくことべたつくこと。
     メガネに波の飛沫が張り付いてえらいことになってました。

     ひとしきり海を堪能してから成就院へ。
     毎年おなじみの光景なれど、撮らないわけにはいかない(笑)
     ついた時点で16時を回っていましたが、そこそこの人の出でした。




     でまあ、お約束のようにあじさいを撮るわけですが、コンデジで撮るのは慣れてないので難しい。
     クローズアップモード(お花モード)にして露出を少し下げ気味で飛ばないように気をつけて
    何枚かパシャリ。






     陰影感出すのが難しいですね。ホント。
     見頃は……今週がピークだったかも。
     雨が続くような予報なので、うまくいけば来週の土日までもつかどうか……

     時間が余ったので、極楽寺の駅から江ノ電沿いに稲村ヶ崎~七里ヶ浜を目指しました。



     ま、単純に由比ヶ浜との違いを見ようってだけなんですけどね。

     稲村ヶ崎の七里ヶ浜よりに到着。
     やっぱ今日は波が高いです。



     由比ヶ浜よりも人が少なくて、第4先輩歓喜状態。
     波打ち際まで降りていって写真を撮ってました。
     まあ、確かに七咲スキBADのあの雰囲気に近いのかも知れません。




     あまりの風の強さに音を上げた我々は鎌倉に戻るべく七里ヶ浜の駅に向かったのでした。
     途中、小腹が空いたので17アイスを食べたり、小町通りで鎌倉帆布のお店をのぞいたり、
    ジェラート屋さんにトラップされたりしながら夜宴の席へ。
     「企久太(きくた)」と言うお店です。
     小町通りを少し入ったところから裏道に入ったあたりにあります。ジェラート屋さんのご近所です。
     そこで熊澤酒造の純米吟醸酒「千峰天山」や「浦霞」の特別純米酒などをいただきながら、
    美味しい肴に舌鼓を打ちました。
     こう言うお店を見つけ出してくるオイサンってすごいなあ、と思います。

     話題はあっちからこっちまで尽きることなく、主に二次創作小説の方のSSの話題―お話を書く
    ときの考え方とかポリシーとか、キャラの根幹はなにかどこにあるとか、スキBAD七咲とはとか
    ―を話しつつ気がついたら3時間半が経過していた訳なんですが、ちょっと気の毒だったというか
    申し訳なかったのは、下戸なオイサンのことをあまり考慮しなかった(できなかった)こと。
     日本酒を2合ずつ頼むような飲み助(第4先輩)やおちょこでちびりちびりと絶え間なく飲み
    続けるオヤジ(私)の、妙なテンションと自分の価値観を暑苦しくしかもオーバーに語るような
    妙な空間に巻き込んでしまいました。
     酔っ払いの暑苦しい話をある程度面白く聞けたのだとしたら、それはオイサンの人柄によるもの
    だと思いますし、逆に楽しめなかったとしたら、それは私の配慮不足です。

     結局宴は22時過ぎまで続き、私とオイサンは自宅へ、第4先輩は宿を探しに横浜へ、それぞれ
    向かったのでした。
     第4先輩が見つけた宿が横浜アニメイトの入っているホテルだった、と言うのは何かの縁なので
    しょうかね(笑)

     オイサンの時もそうでしたが、第4先輩に実際にお会いしてみるとTwitterの時よりも角の取れた
    もう少し大人な印象を受けました。
     「頭の回転が速そう」「自由人」「趣味人」と言う当初の印象が変わることはほぼなく、「ドS」
    で且つ「(ストイックという意味での)ドM」であることがよくわかりました。

     ちなみに当日の総歩数は18968歩。いや、よく歩いた。うん。

     企画&コーディネートのオイサン、遠路名古屋から参加してくれた第4先輩、ありがとう
    ございました。
     とても興味深く楽しい1日でした。
     またお付き合いいただきたく。
     今度は酒抜きで美味しいものを食べに行きましょう>オイサン

     しかしこのエントリー。
     オフ会の報告なのかなんだかよくわからないなあ。写真結構あるし(苦笑)

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

     うわああああん!! (泣)

     仕事が・・・仕事が忙しすぎるのがいけないんだからね!

     ・・・できることならばご一緒したかったです。
     楽しそうでなによりです。

     Twitterやブログでの話もいいのですが、やっぱり直接お会いしてお話ししてみたいので。

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございました(^^;
    なんと声をかけたら良いやら。
    確かに顔をつきあわせるのと画面越しとでは話の内容も濃さも
    変わりますよね。
    次の機会には必ず、ね?

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/469-909c5dd9

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。