まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

     唐突ですが、私は感想を言ったり書いたりするのがあまり得意ではありません。
     小学校や中学校の課題の読書感想文がなかなか書けずに泣きそうになった嫌な思い出が
    頭の片隅に残っています。
     得意って人の方が少ないかも知れませんね。

     さて、SSを書いたり読んだりしていると、感想を書く機会が巡ってくることがあります。
     それは能動的に「読んで感じたこの気持ちを伝えたい」と言うものであったり、受動的に
    「誰かに頼まれて感想を書く」場合であったりと様々ですが、いずれにせよ、感想を書く
    と言うことには変わりありません。
     変わりないはずなのですが、自分としては変わりないつもりで書いているつもりですが、
    書き上がった感想を自分で読み返してみて(少なくとも2回は読み返します。誤解されるような
    表現がないかとか、受け取る相手が理解できる例えになっているかとか)思うのです、
    多分これ、書いてるときのテンションも、書き上がった文章も、受け取る人が持つ印象も
    違うんだろうな、と。
     能動的だからすごくたくさん書いたり、すごくまじめに書いたり、受動的だから量が少なかったり
    適当に書いている……と言うわけではないです。それは断言できる。
     だって、大抵逆だから。
     能動的に書く感想は短く、受動的に書く感想は長くなる傾向にあります。

     それは多分、能動的に書く感想は、そのお話を読んで「ここのこれをこう思ったからそれを
    書きたい、伝えたい」と思って書くからで、勢い文章も短く内容も端的になるのではないかと
    思われます。
     過去にtakatakaさんの書いた某お話などで、話そのもの丸ごとが良くてどこから書いていいやら
    困り果てて、なかなか感想を送れなかったなんてこともありましたが、こう、なんて言うのか、
    キーボードを打つのももどかしいくらい感じた気持ちが先走ることが多いのです。
     で、まとめきれずに、読み返して削っていった結果短くなる、と言うこともあります。

     一方、受動的に書く感想は、結構冷静に対象となるお話を読んで全体を概観したり、相手のことを
    思い浮かべてどんなことを書いたらその人のプラスになるだろう、なんてことを考えながら
    書くことが多く、「あ、これも言った方がいいかな、ここはこんな感じかな」と付け足し付け足し
    していくので、結果として文章が長くなるのではないかと思います。

     そして、能動的な感想は概して暖かいもしくは丸い印象を与え、受動的な感想は鋭く冷たい印象を
    与えるようです。
     繰り返しますが、本人はそれを使い分けている気はありません。
     ありませんが、書き上がってから冷静に振り返ってみると、そう言う傾向があるなあと思います。

     ところで、どんな短い感想でも、感想を書く、と言う行為は相当のエネルギーと思い切りを必要と
    します。
     冒頭に「読書感想文が苦手だった」と書きましたが、それは今も変わりません。
     会社の同僚や以前葉鍵系のSS書きさん達と話をしたときも、みんな「苦手」と言っていました。
     やっぱり、得意な人の方が少ないんじゃないかなと思います。
     そんな、書くためには思いきりとエネルギーを必要とする「感想」だからこそ、いただいたときは
    書いてくれた人に頭が下がる思いがするのです。
     これを書くのにどれだけかかったんだろう、と。
     どんなことを考えたんだろう、送信ボタンを押すきっかけはなんだったんだろう、と。

     正直なところ、さくらがおかのSS群へいただいた感想は数える程度です。
     まったく感想のなかったお話が大多数です。
     でもそれは、読んでくれた人に「感想を書く」「書いた感想を送る」と言うハードルを
    超えさせるだけのなにかを、そのSSが持っていなかった、と言うことなんだと思います。

     その何かを感じて、感想を書いてくれたのですから、いただいた感想はその内容にか関わらず
    敬意を持って扱いたい、と思うのです。


    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/466-81ec193e

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。