まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     audio-technica のデュアル・バランスドアーマチェア型カナルヘッドホン
    ATH-CK90PROを買っちゃいました(てへ
     今まで、ダイナミック型のイヤホンばかり使っていましたから、バランスドアーマ
    チュアと言うのがどんなものか、とても気になっていたのです。

    (追記:忘れてました。以前使っていたER-6iはバランスドアーマチュアでした)
     先日、ヨコハマヨドバシに寄ったらこの ATH-CK90PRO が試聴できるようになって
    いたので、軽い気持ちで耳にはめてみてびっくり。
     なんかすごく耳にあう音が聞こえてきたのです。
     更に驚いたのは、試聴し終わった後に自分が今使っている Victor HP-FX500 の
    音がなんだかつまらなく聞こえた、と言うこと。
     そのくらい、 ATH-CK90PRO の音が耳に馴染んだ、と言うことなんだろうと思います。
     とは言え、 HP-FX500 を買ってまだ一年半も経ってませんから、次のを買うのは
    いかがなものか、とも思っていてイマイチ踏ん切りがつきませんでしたが、ここは
    おのれの耳を信じてみよう、と思ったわけです。

     ……とだらだら書いてきましたが、そんなこんなで ATH-CK90PRO を入手しました
    ので、ファーストインプレッション。
     エージングゼロ。
     比較相手は約1000時間ほど使った HP-FX500 です。

     付属のシリコンイヤーピースの遮音性はまずまず。
     PCのファンの音は全く聞こえません。
     ER-6の二段キノコシリコンイヤーピースよりも上ですね。
     部屋で使う分には十分ですが、外に持ち出したらどうなるかな。

     さて、良く聞く曲を使ってエージング前のファーストインプレッションです。
    (追記:プレイヤーはWalkman NW-S616F。音楽ファイルは全てmp3形式で
     ビットレートは256kbps以上のものです)

     「私のお気に入り」
      全体的に華やか……なのですが、FX500のようなつやが足りない……かな。
      音場は十分に広く、ホーンが全面に出てくるような印象。
      ストリングスが埋もれてる感じがしますが、悪い感じはしません。

     「夕凪のダンス」
      ギターの音が厚いですね。FX500よりも太い弦って感じがします。
      ハンドクラップの音とかに音のキレがもうちょっと欲しいなあ。

     「太陽にお願い」
      これも音が厚め。いや、厚いって言う表現がいいかどうかはともかく、
      厚みを感じます。
      ダメ、と言うのではなく、FX500に比べたら、で、決して聞きづらい音では
      ないし、ガッカリするような音でもないです。

     「CANDY☆POP☆SWEET☆HEART」
      特に問題なし。むしろFX500の方が新谷良子さんの声がこもって聞こえます。
      でも、ヨドバシで聞いた伸びやかさが感じられないから、その辺がエージングで
      変わってくるんでしょうかね。

     「一番星」
      これも特に問題なし。イメージはER6iに近いです。
      ってことは、エージングなしだと中高音が強いイヤホンなのかな。


     総じて、中高音が華やかで低音が厚めに聞こえる感じですね。
     いわゆる「ドンシャリ」なのかな。
     あと、高音が尖ってます。サ行が刺さるほどではないですが鋭い感じですね。
     実はもっとひどい音を想像していたので、思いの外聞きやすくてびっくりしました(笑)
     FX500のエージング前は本当に驚くほどひどかったし、ER6iもそうでしたから、
    これもそんな風かな、と。

     ネットを見て回るとエージングで更に変わるようですし、確かにヨドバシカメラの
    試聴機はもっと低音がおとなしく、音場が広くて、中高音、特に高音の伸びがよかった
    と記憶していますから、これもそんな風に変化してくれるとよいなと思います。
     1万円を越える価格のイヤホンは使い込むと音が変化しますし、カナル型は耳への装着
    がうまくないと本来の音にならないですから、音の判断をするときは注意がいりますね。

     色々な情報を見ていると、積極的にエージングすることを否定する方も居られるようです。
     音の変化を楽しみたい方は、時間をかけてゆっくりやればいいんじゃないかなと思います。

     では、さっそくpinknoizeでエージング開始ーっ。


     12時間後
      低音がおさまりつつあります。
      高音の尖りはまだ取れてないかも。
      ウサコさんのヴァイオリンがとげとげしく聞こえる。

     18時間後
      おりょ? ボーカルが引っ込んだ??
      あ、でも高音が丸まって伸びてきた感じがする。
      ウサコさんのヴァイオリンが気持ちよく聞こえ始めた。
      ゆかなさんの声のつやが増した気がする。
      中音域が引っ込んで高音域が出てきたってところかな。

     24時間後
      0→12→18→24時間後と徐々に音場が広がってきている気がします。
      それに伴って(?)解像度も上がっているような……
      耳がエージングされたのかなあ(笑)
      ずーっと聞き続けているわけじゃないから、そうじゃないと思いますが。
      でも、確実に高音が丸みを帯びてきています。
      尖った感じがなくなりました。サ行だけはまだ尖った感じ。

     40時間後
      サ行の尖りが落ち着いてきたような気がします。
      今まで、FX500では聞こえていなかった音が聞こえるようになりました。
      ヴァイオリンの高音もとげが取れてなめらかに聞こえます。
      でも、まだボーカルが引っ込んだ感じかなあ。

     48時間後
      キー高めの女性ボーカルが引っ込んだまま。
      中低音、ベースやドラムが結構うるさい感じ。
      ここから更に変わるってことなのか?

     60時間後
      変化が落ち着いてきた……かな?
      相変わらず中低音が自己主張が強い気がするけど、高音はちゃんと伸びているし、
     あとは日々聞いていく過程で変わっていくことに期待しましょう。


     ……と言うことで、60時間程度だとまだ低音が響いている感じがします。
     どこまで行けば試聴したあの時の音になるのか、ちょっと楽しみです。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/406-cc166fa6

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3