まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     最初にお断り。「アナタノオト」のレビューではありませんし、マクロスFの紹介や感想でも
    ないので、そう言うのが読みたい方はあしからずご了承を。
     アラフォーのおっさんが、昔を懐かしんだだけですので(苦笑)

     さて、前書きはともかく。
     先日、ようやく腰を据えてマクロスFの最終話を見ました。
     実は他のお話は一切見ていません(えー
     何に魂を引かれたかよくわからないうちにマクロスFの曲につかまり、これも一種の原点回帰
    かなあ、などと初代マクロスの頃を懐かしみつつ、折角だからと最終話をHDDレコーダーに
    録画したまま、ダイヤモンドクレバスだノーザンクロスだライオンだとCDを購入しては
    Walkmanに突っ込んで聞いているうちに、最終話くらいはちゃんと見ておこうか、と言う
    気になったわけです。
     あ、娘トラも買いましたよ。娘々サービスメドレーは聞き応えがありますねえ。

     で、最終話「アナタノオト」ですが、見終わった最初の感想は「河森さん、今回のはどのくらいの
    厚さの絵コンテを切ったのだろう?」でした(^^;
     初代マクロスの本来の最終話「愛は流れる(27話)」の絵コンテも河森さんなのですが、電話帳
    並みの厚さだったと言う逸話があり、思い入れと描き込みたっぷりの絵コンテだったと記憶して
    います。
     マクロスFの最終話を見るに、同じくらいの絵コンテを切ったのではなかろうかと、まあそんな
    風に思ったわけです。
     次の感想は、「なんか映画マクロスのラストと類似点が多くね?」でした。
     遥か20数年前の記憶との対比なので、どこまであっているかはわからないのですが、なんとなく
    作り手が意識してそれをしているような、知ってる人はにやりとしてください的な、そんな
    作りにしている気がしました。
     以下、そんな気がしたシーンを列挙。記憶の糸をたどった結果なので、勘違い記憶違いはご容赦を。

    弱音を吐くシェリルのほおをはたくランカ ←→ ミンメイ説得の最中にミンメイのほおをはたく輝
    ランカの歌で味方につくヴァジェラ ←→ ミンメイの歌で味方に回るゼントラーディ
    ジェフリー・ワイルダー艦長のアジテーション ←→ ブリタイ7018のアジテーション
    アルトのバトルギャラクシーへの進入 ←→ 輝のボトル旗艦への進入
    バトロイド形態でステージのシェリルに敬礼 ←→ バトロイド形態でブリッジの未沙に敬礼
    シェリルとランカを背景にグレイスの前に躍り出るアルトのVF-25
               ←→ ミンメイの映像を背景にボトルザーの前に躍り出る輝のVF-1
    「この歌なんだったのかしらね」「あれは、恋の歌よ」「恋?」以下略
         ←→ 「結局、なんだったのかしらあの歌」「ただの流行歌よ」「流行歌?」以下略

    それにしても、相変わらず歌をシーンに絡めて効果的に使ってますね。
    でも、映画マクロスの「あたりまえのラブソング」ほどの衝撃はなかったかなあ。

    ああ、そうそうyoutubeでTVマクロス27話を久々に見ていて気がつきましたが、多分、
     ランカ救出時に丸い穴を開けてアルトが単身飛び出していくシーンは、TVマクロス27話の
    早瀬未沙救出シーン(丸い穴開けて、VF-1を降りた輝が迎えに行く)、
     ランカ救出後のアルト再出撃シーン は TVマクロスOPの輝の出撃シーンのイメージですね。

     単なる思い込みかも知れませんが、こういう見方もそれはそれで面白いし、ありだと思うのですよ。
     20数年前の記憶と遊ぶことができて、意外と覚えてるなあとびっくりしつつ、かなり楽しめ
    ました。
     今度暇ができたら、当時の設定資料集を荷物の中から探してみましょうかねえ。
     確か捨ててなかったはずです。

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/297-e65c845e

    【マクロスF最終話】についてブログの検索結果をまとめると…

    マクロスF最終話 についてブログの検索結果をまとめると…

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3