まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


    太田農林水産大臣が「本当にこの人が大臣で大丈夫か?」というようなことをまた言ったようですね。

    「(汚染米で造られた)焼酎は製造過程で無害化されることもある」「(検出された農薬は)中国製ギョーザ事件のギョーザに比べて60万分の1の低濃度。人体に影響がないことは自信をもって申し上げられる。だから、あまりじたばた騒いでいない」from wikipedia 太田誠一

    この方は以前にも、スーパーフリーの集団暴行事件に対して「集団レイプする人はまだ元気が
    あっていい」とか、食の安全関連で「消費者がやかましいから(対策を)徹底する」とか、
    根が正直なのかなんなのかわかりませんが、おおよそ国会議員がするとは思えない思慮の足りない
    発言を繰り返してますね。
    これで当選8回(福岡3区)と言うのですから国元ではよほど「おらが街の議員様」なんでしょうね。
    スーパーフリーに関する発言で落選してもまた戻ってこれるってことは、地元への貢献(ばらまき?)
    が大きいのか、それとも永田町での立ち回りが相当上手なのか。

    で、今回の発言ですが、濃度がどうとか無害化されるからどうとかそんな問題じゃなくて、
    国が食用としての基準を設け、その基準から外れた「事故米」が意図的に食用として流通された
    と言うこと、そしてそれを農水省が何度検査をしても見抜けなかった、と言うのが大問題。
    低濃度だから人体に影響ないのであまり騒いでいない、と言うのは数字の上っ面をなめただけの
    勝手な判断です。
    入社2~3年くらいの目先の実験データだけ見て一喜一憂するような若手が言うならともかく、
    太極を見るべき大臣がこれではお粗末ですね。
    農林水産省の事務次官も「我々には責任はない」と言い放ったようですが、自分たちが作った
    決まりが守られているかどうかをきちんと見抜けなかったくせに何を言ってるんでしょうね。
    こうなってくると農水省は省ぐるみで業界との癒着とか不正とか、なにかやらかしてるんじゃ
    ないかと勘ぐりたくなってきます。社保庁のように。

    話がずれましたが、こういう人物を(まあ宏池会とのしがらみでもあったんでしょうが)大臣に
    任命してしまう福田総理の「人を見る目」と言うのは相当に怪しいなあ、と思います。
    自分を省みて、上司、部下、先輩、同僚を見る目をしっかり養わないといかんなあ、と。
    そして、見る目が曇っていたならば毅然としてそれを正す勇気も持たねば、と思いました。

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/283-4aad34ec

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3