まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    風強く、晴れ、気温5度
     と言うわけで今日もシャボン玉日和にはほど遠く。
     元々、おいらの実家へちびの髪の毛を切りに行く予定だったので、
    準備をしてでかけました。
     いやー、ほんと寒いです。
     手袋を持ってでなかったのを、マンションの出口で後悔しました。


    髪の毛ちょっきん
     実家について、ちょうどお昼時だったのでまずは腹ごしらえ。
     その後ちびはおじいちゃんに髪の毛を切ってもらいました。
     おいらは、その間にお袋(=ちびのおばあちゃん)につきあって
    近所の量販店へ。
     なんでも湯沸かしポットがご昇天あそばしたと言うことで、代わりを
    探しに行ったのです。
     広告の品として4000円で2.2Lのポットがあったのですが、
    今時保温するのに電気を流しっぱなしと言うの芸がないと思い、魔法瓶
    タイプの湯沸かしポットを選択。価格は2倍強。
     沸騰したら電源が切れて魔法瓶で保温する、と言うものです。
     大体、4時間で100℃が80℃になる程度の保温能力だそうで。
     実家がメインで飲むのは煎茶ですから、80℃あれば全く問題ありません。
     必要になったら再沸騰させればよいのだし。
     湯温が80℃以下になったら再沸騰させる、としても4時間は全く電気を
    使わないわけだし、実家がポットをメインで使うのは朝と夕方ですから、
    節電効果はそれなりにあると思います。
     ちなみに、買ったのはタイガーのとく子さんの多分型落ち。
     家に帰って試運転してみましたが、お湯が沸くのもそれなりに早く、温度の
    下がりも大体思った通りなので一安心です。
     まあ、しばらく使ってみないと実際のところはわからないですけどね。
     次に実家に行くのは正月なので、その時に状況を確認してみたいと思います。


    ヨドバシヨコハマ再び
     昨日、FAVO(タブレット)とキーボードを買いに来たので、今日はスルー
    する予定だったのですが、ちびが行きたいと言うので寄りました。
     いや、おもちゃが我が家以上にある実家でのおもちゃ遊びを切り上げてまで
    行きたいと言うので(^^;;
     ちゃんと全行程歩いているし、わがままもそれほど言ってないし、まあ、いいか。
     ちょっと甘かったかなー? とは思いつつ。
     世の中のお父さんというのは、総じて娘には弱いのです。
     そう言うことにしておきましょう。

     で、ヨドバシのおもちゃコーナーへ。
     ちびの案内でお茶犬とポケモンを見て回りましたw
     ポケモンのおもちゃを堪能したちびはガチャポンコーナーへ。
     ここでちびに100円玉を2枚渡し、こう言いました。
      おいら「どう使うかはよく考えてみてね」
      ちび 「うん」
     ガチャポンコーナーには基本的に100円のガチャポンが置かれています。
     でも、中には200円出さないと買えないガチャポンもあります。
     ちびが200円のガチャポンを1回するのか、100円を2回するのか。
     どんな基準で選ぶのか、そもそも200円のガチャポンが存在することを
    ちゃんとわかっているか、色々と観察してみました。

     結果。
     色々見た末に、100円を2回。
     200円のものがあることは認識してました。彼女の琴線に触れなかった様子。
     100円2回の内訳は、お茶犬の起き上がりこぼし(?)とハム太郎のシール。
     お茶犬はちびの好きな種類だった様子で、喜んでました。
     ハム太郎の方は、前回やったときに出たものと被ったそうで、かなり凹んでました。
     まあ、人生色々ですw それも良い経験と言うことで。


    下りエスカレーターでの出来事
     おもちゃコーナーのある6Fから駅へ戻るために下りエスカレーターを使って
    降りました。
     途中の階でのこと、ちび、おいらの順で前後に並んでエスカレーターに乗っていました。
     ちびの前には小学校高学年くらいの男の子。
     ちびの隣にその男の子の父親らしき人。
     エスカレーターの降り口で、その男の子が降りてすぐ立ち止まりました。
     確かに、その先が混んでいます。
     混んでいますが、全くのすし詰めではないので、比較人の少ない方向へはければ
    済むような状況です。
     それに、そこで立ち止まられては後ろにいるちびがエスカレーターから降りられません。
     ちびだけでなく、後ろに続くおいらも、その後ろの人も、です。
     エスカレーターだから止まるわけにも行きません。ところてん状態です。
     でも、その男の子は立ち止まってしまいました。
     「危ない!」
     どうしようもなく、ちびを引き寄せながら叫びました。
     おいらが下にいればその子の背中を押すこともできたでしょうが、ちびが前にいます。
     その声に気づいた父親が、男の子の背中をぐいと押し、降りる隙間ができたので
    そこへおいらとちびが降り、人混みの比較少ないところへ逃げ……と言う形で難を逃れま
    した。
     男の子からしてみたら、降りた先がすごく混んでいてどうして良いかわからず父親が
    来るまで待っていた、と言うところでしょう。
     父親を待つことは悪いことじゃないですが、待つ場所が悪かった。
     エスカレーターを降りた直後に立ち止まると言うことがすごく危険だと言うことを
    今の子は教えられていないのでしょうか?
     それとも、想定外の状況に頭の中が真っ白になって、普段ならできることができな
    かったんでしょうか?
     いずれにしろ、危機管理という点で色々と考えさせられる出来事でした。
     ちびにものを教えるときにどうすればいいか。
     何かことが起きてしまった場合、どう動けばいいか。
     そもそも満員状態のエスカレーターで、人をかき分けるように降りてきた男の子と
    父親を見て、思わぬことが起きるかも知れないと警戒しなかったこと。
    (普通の感覚なら、満員のエスカレーターで人混みかき分けて登ったり降りたりは
    しません。それをすると言うことは、常識外のことをしかねないと言うこと)
     なんにせよ、休日の横浜ヨドバシの低層階のエスカレーターはかなりの混雑なので、
    利用するときは要注意だと思いました。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/28-a3225567

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3