まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     7月に入り、暑い日が続いています。
     いやー、こんな陽気じゃ体調が狂う狂う。
     うちの部長がなぜ四六時中元気でいられるか不思議でなりません。
     うちの部でピンピンしてるのは部長だけ。
     あとはみーんな、何かしらあっちが痛いだこっちが痛いだ、風邪を引いただなんだと
    言っています。
     隣の部署のとある方がぼそっと言った一言
     「部長に精気を吸われてるんじゃない?」
     冗談になってないので勘弁して下さいorz


    FX500のイヤーピースあれこれ

     先週の日記で、購入したFX500のイヤーピースをあれこれ変えてみた、と言う話を
    書きました。
     先週試したのは、FX500付属純正品(シリコン)とSONYのEP-EX1(シリコン、
    純正品と見分けがつきにくい、つーかつかない)とaudio-technicaのファインフィット。
     音圧はイヤホンの音筒部の太さそのままの大きさの穴の空いている、
    純正品とEP-EX1が大きく、ファインフィットは比較小さめな感じ。
     一方低音は、ファインフィットがもっとも厚めに出ている感じでした。
     でも、遮音性となるとどれもイマイチ……ニ……サンな感じ。
     遮音性の比較対象がER-6iだから、なのですが、ER-6iに慣れた身としては外部の音が
    思った以上に聞こえてきてそれが不満でした。
     ああ、ER-6iの三段キノコが使えたら……
     そう思っていたときにSoundHouseのホームページで見かけたのがER-6。
     音筒部はFX500ほど太くはありませんが、それなりの太さを持っています。
     で、イヤーピースが二段キノコ

     写真を見てピンと来ました。
     「もしかしてこれならFX500の音筒部にはまるんじゃない?? ちょっときついかもしれ
    ないけど。うまくはまれば遮音性はかなりアップするぞ」と。

     と言うわけで、他にも買うものがあったのでそのついでに二段キノコのスペア(ER6-14)を注文。
     これ。
    二段キノコパッケージ


     純正品やファインフィットと比べるとこんな感じです。
     左から付属純正品、ファインフィット、二段キノコ
    比較01


     上から見るとこんな感じ。耳に入る側。うーん写真だと違いがうまく伝わらないなあ。
     実際に音筒部を装着するのは裏側で、右端のER-6用のイヤーピースの穴は裏側の方が
    大きくなっています。
    比較02


     穴のサイズは純正品よりも小さめですが、音筒部の端に引っかけるようにして、むにっと
    広げてやれば入ります。

     注意! 入れ方をしくじると音筒部の先についている布製のスクリーンを破ってしまう
           恐れがあります。つーかおいらは破りかけました。
           試してみる方は細心の注意を払って装着して下さい&くれぐれも自己責任で。

     装着後。
    装着後


     知り合いのデザイナーの女の子からは「本体が木目のシックなものだから、似たような
    色合いが良かったかもしれませんね」なんて言われましたが、透明なタイプしか
    なかったのだから仕方ない(^^;

     結果。音圧はさらに下がった気がします。これはイヤーピースの穴がさらに小さくなった
    のだから仕方ないのかも。
     低音はファインフィットと同じかそれ以上。
     遮音性はこれまでで一番良いです(それでもER-6iに比べたら劣りますけどね)

     おいらのFX500はエージングを20時間かけたら中高音が伸びた代わりに低音がおとなしく
    なってしまいましたから、低音の厚みが増したのはちょうど良かったかも。
     ER-6i(100時間使用後)の音をご存じの方なら、ER-6i-若干中高音+低音、と言う感じ
    の音になったような気がする、と言ってわかってもらえるでしょうか。
     ER-6iに比べて、中高音が若干控えめになってボーカルがちょっと奥に引っ込んだ感じが
    しますがその代わり低音部の厚みが増してイコライザの助けがいらなくなりました。
     遮音性は若干落ちますが、まあこの程度あればそれなりかと。
     なにより、宮川彬良さんの「私のお気に入り」や、ヨコハマサントラの「夕凪のダンス」
    ニコニコ動画のティッシュ姫のベースがおいらの耳にとって心地よく響いてくれるので、
    おいら的には満足です。

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/258-cdcc0b48

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3