まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


    ちびと一緒に近所の図書館に行きました。自転車で。
    その道中で、ちびの自転車ライフにおける致命的な点が発覚。
    ちびに買い与えたニュー自転車は、またがる分にはサイズ的に全く問題ないのですが、
    ブレーキレバーの位置が手の大きさに合っていませんでした。
    しかも、かなり握りしめないとバンドブレーキがしっかりタイヤをロックしてくれない
    らしいのです。
    つまり、平地で特に障害物がなければてれてれとスピードを落としつつ止まれるの
    ですが、スピードが乗っていたり下り坂だったりすると思った場所に止まれない、と言う
    ことなのです。下手するとそのまま大きな道路に飛び出しかねません。
    普段ちびが自転車に乗っているのはほぼ平地で大きな坂もなく、またちょっとした
    下り坂なら問題なく乗れていたので全く気づきませんでした。
    Oh Jesus!!

    実際に帰り道の下り坂で、ちびの前を歩くご婦人と運の悪いことにこちらへ広がって
    歩いてくる人たちとさらに運の悪いことにこちらに向かってくる自転車に遭遇し、
    しかも思ったように減速できない事態に遭遇したちびに対して、前方からくる自転車を
    避けようとしてご婦人がちびの側へ寄ってきたからさあ大変。
    ちびは止まりきれず、ご婦人にかすって自爆。
    幸いご婦人にケガはなく、ちびは腕をすりむいた程度ですみました(汗)

    もう自転車乗るのイヤだ、と泣きじゃくるちびを嫁さんがなだめすかし、その間においら
    はちびの自転車にまたがってブレーキのきき具合をチェック。
    前輪は軽く握っただけで効き始め、後輪はかなり握り込まないとキッチリ止まらない
    ことを確認。
    その上でちびに来てもらい、指先の位置とブレーキハンドルの位置を比較して、指先が
    余裕を持ってブレーキハンドルを握れるところまで位置調整。
    どこまで握ったらしっかり止まれるか、をちびにレクチャーしました。

    結局ちびはぐずりながらも自転車に乗って家路につき、途中に何度かあった下り坂も
    ビビリながら問題なく降り、無事家にたどり着きました。
    とは言え、前輪のブレーキハンドルがまだちびの指のポジションと合っていませんから
    来週末くらいまでに調整しないといけなさそうです。

    うーむ、まさかこういう事態になるとは。
    これで自転車を嫌いになったりしないと良いんですけどね……(^^;;


    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/238-600f1ab7

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3