まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    天気図を見ていると、本当に冬なのかと思ってしまう毎日です。
    気温も例年並にはほど遠く、3月中旬だとか4月並だとか
    そんな言葉がニュースで踊っています。
    気の早い桜がもう咲いた、なんてのもニュースで見かけました。
    エルニーニョ現象のせいだとか、地球温暖化が顕著になった
    とか、色々言われていますが、少なくともおいらや嫁が
    子供だった30年前くらいとは、様相が変わってきている
    みたいです。
    後30年したら、どうなっちゃっているんでしょうね。


    気が早いのは花粉も?
     東京が史上最速で杉花粉の飛びを観測したそうです。
    (え? 情報が遅い)
     確かに1月の末あたりから、なーんか頭が重くて鼻が出て
    ……と花粉のような症状がありました。
     2月に入って、急激な頭痛に見舞われまして、風邪か!?
    と思ったらどうも花粉のせいみたいです。
     マスクしたらかなり収まりました。
     とは言え、喉の痛みと首のリンパの腫れもあるので、花粉4割
    風邪6割と言ったところでしょうか。
     どっちにしても、うれしくないです(--;)
     花粉と言えば、嫁が友人から花粉の薬を紹介してもらったそう
    です。
     フマキラーの鼻の穴に塗る花粉の薬だそうです。
     こんなの。
     内容成分を見ると、精製長鎖炭化水素とありますから、
    すごくきれい(?)な室温で固体の油、と言うことじゃなかろうかと。
     その油を鼻の穴の中に塗りつけると、鼻毛に油がついて、その
    油に花粉がトラップされる、と言うからくりのようです。
     なるほどねー。
     さて、効くかどうかはこうご期待!?
     嫁さんで効果があれば大した物です。


    バブリー?
     昨日、アマゾンでCDを注文しました。
     そしたら発送オプションに、+350円で2/10中にお手元に!
    と言うのがあったので物は試しと言うことでそれを選んでみました。
     通常発送だと2/11に発送(と言うことは早くても到着は
    2/12)だそうなので確実に早いのですが、なんかうまく向こうの
    ペースにのせられてる気もしないような……(^^;
     まあ、普通のお店なら金曜の夜に発注→発送は早くて土曜日、下手
    すると月曜扱い、なわけですから急ぎなら350円払う価値はあるかも
    しれません。
     嫁に話をしたら「普通に届けてもらえば送料無料なんでしょ?
    (アマゾンは1500円以上の買い物は送料無料)なんてバブリー(笑)」
    と言われました。
     確かに(苦笑)
     学生時代のお金のない頃だったら、絶対に選ばないオプションです。
     それだけゆとりがある(精神的にもふところ的にも)ってことかなあ
    と思いました。
     んで、配送当日。
     20:30を過ぎて、いつ頃くるのかなあ? と思っていたら玄関の
    チャイムが鳴りました。
     おりょ? CDだからメール便じゃないんか?
     クロネコのお兄ちゃんが届けてくれたのは、CD1枚にしては随分
    大層な段ボール箱。
     確かに時間内に配達しましたよ、と言う証明がメール便ではできない
    ためなんですかね。手渡しでした。
     気持ちとお金に余裕があって、切実かつ早急に欲しいときには、
    要するに350円出す価値がある、と思えたときにはまた利用するかも
    しれません。


    懐かしい曲
     上のトピックスでCDを買ったと書きましたが、何を買ったか。
     サーカス、と言うグループがいます。
     そのサーカスの「歌の贈り物」と言うベスト盤を買いました。
     ここでピンと来た方、相当趣味が似ているか、それともエスパーです。
     代表作として、アメリカンフィーリングとかミスター・サマータイム
    とかがあります。
     んで、一時期「夜もヒッパレ」と言う三宅裕司さんが司会をしていた
    NTV系の番組に出演していたこともあります。
     アメリカンフィーリングは確かに良い曲です。
     ミスター・サマータイムも良い曲です。
     でも、その2曲が目当てではないのです。
     むかーしむかし、軽く20年以上昔。調べたら1979年。
     「鉄道公安官」と言うドラマがありました。
     鉄道公安官、なんかかっこいい響きです。
     保安官、みたいです。でも馬にまたがる人ではありません。
     敢えて言うなら鉄道をまたにかける人。
     今の「鉄道警察隊(鉄道関係を管轄とする警察)」の前身となったのが
    鉄道公安官で、特別司法警察職員と言う人たちです。
     まだJRが「国鉄」と呼ばれていた時代の組織で、国鉄の職員で警察と
    同じ司法警察権(武器の携帯や逮捕、令状の取得)を持っていて、国鉄の
    管轄地域限定の警察官という存在でした。
     1980年前後というと、今日からは想像できないくらい寝台特急や
    特急、急行が隆盛を誇っていた頃で、星の数ほどの……と言うと言い過ぎ
    ですが、とにかくたくさんの特急が走っていました。
     東京発着の東海道線を走る寝台特急だけでも、出雲、紀伊、瀬戸、
    あさかぜ、みずほ、はやぶさ、富士、さくら、と8種類もありました。
     その鉄道人気の中で作られたのがドラマ「鉄道公安官」
     当時、鉄道好きだったおいらは、毎週のように寝台特急が見れるこの
    ドラマを心待ちにしていたものです。
     んで、このドラマのエンディングに流れていたのが、サーカスの
    「ホームタウン急行(エクスプレス)」と言う曲でした。
     ようやくサーカスと「鉄道公安官」がつながった(笑)

     ちなみに、こう言う話の持って行き方はいかにも日本人的で、
    プレゼンテーションでこれをやると、大概上司に怒られます(爆)
     サーカスと言うアーティストの「○○」と言うCDを買いました。
     そのCDに「ホームタウン急行」と言う曲が収録されていて、それが
    目的です。
     その「ホームタウン急行」と言う曲は……
     てなところですな。

     ずいぶん前から耳の中で時折リフレインする曲で、いい加減気に
    なってどのCDに収録されているのか(古いのでそもそも収録されて
    いるのか)を調べたら、サーカスのベスト盤に入っているのがわかり
    ました。
     「アメリカンフィーリング」も「ミスター・サマータイム」も入って
    いるし、ヒッパレで当時カバーしていた曲も収録されている、と言う
    ことなので、えーい買っちゃえ、と(爆)
     届いて、とりあえず流しながら何曲か聴きましたが、いやー、
    サーカスいいわ。
     アーティストの好みは人それぞれですから、別に「聞け」とも
    「買え」とも言いませんが、少なくともおいらには「買って良かった」
    と思える1枚のようです。

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://hm13chibi.blog36.fc2.com/tb.php/132-c5fdcb99

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3