まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     知覚過敏チックな痛みを感じ、都度痛み止めで散らしていたら、ある日突然ものが
    噛めなくなるくらいの激痛に襲われて、人生初のCTを撮り、歯が原因と診断されて
    虫歯もないのに死んでしまった歯の神経を抜いてから早3ヶ月。
     その後の顛末です。

     えーと、最初に書きます。治療、終わってません。

     歯科医曰く、歯の炎症は治まっている、とのことなのですが、上顎洞=副鼻腔のあたりの
    痛み(=炎症)が治まらないのです。
     3ヶ月と言うのは歯科治療で言うところの根の治療(根管治療)の大体の目安なのだそうで
    普通は3ヶ月(そこの歯科は混んでいるので2週に1回の治療だから6回)も根管の掃除を
    すれば炎症は治まるのだそうです。
     事実、仮詰めした歯で少々硬いものを噛んでも痛みを感じません。
     もし根管周辺に炎症が残っているのであれば、噛むと痛みが出たり違和感が出たりするのだ
    そうです。普通は硬いものなんて噛めない、と。
     なので歯科医的には歯の部分の治療は終了ではないか、と言う判断です。

     じゃあ、この痛みはどうするの? なんですが、ここからは耳鼻科の領分ではないかとの
    ことでして、歯の治療は終わったけれど痛みがあるからと言うことで耳鼻科に紹介状を
    書いてくれるようです。
     過去にも似た症状の患者さんがいて、その人は結局耳鼻科で手術をしたそうなので、
    そのことが念頭にあるのかも知れません。
     問題となる歯を抜いて、膿が出てくるようならそこから上顎洞の洗浄をする先生も
    いるようですが、うちのかかりつけはなるべく歯は抜かずに温存したいようなのです。

     さて、いい加減仮詰めの歯もうっとうしくなってきてましたから、一旦終了で様子を
    見るのはいいとして、CT撮ってもらった大病院と、かかりつけの近所と、どっちの耳鼻科に
    いけばいいでしょうかねえ。
     大病院は平日しか外来を診てくれないから、また会社を半日休んだりとかしないと
    いけなくなるのだけど、副鼻腔の炎症の度合いによっては大きい病院でないと対処が……
    なんてこともありそうなので、一度大きな病院に戻してもらって、状況見てもらい、
    そこから更にかかりつけかなあ。

     まだまだ先は長そうです。


    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3