まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

     昨年からPC関連界隈を賑わしているwindows10へのアップデート。
     自動アップデートされて手痛い目にあった方も居られるようですが、
    今私が使っているwindows7はいずれサポートが切れて、今後はwin10のみの
    サポートになると言うことで、どこかでwin7から乗り換えるなりしないと
    いかんなーと思っていました。
     ところが私が使っているPCをwin10にするにはいくつか懸念点がありまして……。

     懸念点。
      ・マザーがP55チップセット(2009年発売のASUS P7P55D-E EVO)
       ・チップセットの機能を使ってRAIDを組んでいる
      ・色々とシステムの奥を触るようなソフトを入れている
       ・eBooster3.0
       ・ERAM
       ・MacType
      ・色々と古いソフトを使っている
       ・Speedfan
       ・StartEx
       ・ObjectDock

     と言うわけで、特にシステムおさわり系のソフトについてはwin10では動かないかもなあ
    と言う覚悟の元、ダメならwin7に戻せばいいやと割り切ることにしました。
     なお、widgetが使えなくなるのは織り込み済み。
     脆弱性があることを承知の上なら使う方法もあるようです。

     さて、四の五の言ってても始まりません。
     とりあえず以下の手順にてアップデートを開始。

     1.Cドライブのディスクイメージを外付けHDDへ書きだし
     2.念のために修復ディスクを作っておく
     3.windows updateからwindows10への更新をかける

     後は野となれ山となれ。
     イメージを書き出すために小一時間、win10のダウンロードは既に済んでいたようで、
    ファイルの更新に数十分。
     意外と早くwin7がwin10に変貌を遂げました。
     しかも、なんのエラーも出さずに。なんのエラーの一つも出さずに。

     いやいや、これ、あれでしょ? win10じゃ動かないソフトをしれっと動作不能にして
    済ませてるとかそう言うヤツでしょ? と思って起動後に色々調べてみたところ……

      ・チップセットの機能を使ってRAIDを組んでいる → 問題なし
       (ただしインテルラピッドストレージテクノロジーのソフトは最新に更新が必要)
      ・eBooster3.0 → 動作
      ・ERAM  → 動作
      ・MacType → 動作
      ・Speedfan → 動作
      ・StartEx → 動作
      ・ObjectDock → 動作

     ……とまあ、意外と何とかなっちゃうものね的な結果になり拍子抜け。
     ERAMは動かないと聞いていたし、設定画面のアプリの所には「利用不可」となって
    いるので当然ダメだと思ってたんですけどね。
     アップデート前のwin7の段階で動いてればOKってことなんでしょうかねえ?
     まあ、なにはともあれ、予想していた大きな問題もなくwin10にできたので、
    しばらく使って様子を見ようと思います。
     なにか大きなトラブルが発生したら、ここに追記すると言うことで。


    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

     ていおん!とはバスとバリトンの声楽家4人(上田さん、古澤さん、平岡さん、
    横山さん:順不同)で構成された音楽ユニット。
     文字通りの豊かな低音を駆使して、歌曲から歌謡曲はてはアニソンまでを歌い
    上げる集団です。
     その第12回公演が開催されると言うことなので男性ボーカル、特に低音が
    好きなお嬢とネット仲間のJKPさんを誘って聴きに行ってきた、と言うお話。

     ていおん!の過去の公演の感想はこちら↓
     「20140505 ていおん! 第10回公演感想」
     「20150419 ていおん! 第11回公演感想」

     ていおん!のオフィシャルブログの今回の公演の記事はこちら
     「ていおん!12終演」

     さて、そんなわけで約1年振りの公演です。
     また、今回から(?)学生料金が設定されたようで、私的には懐に優しい公演
    でした(笑)
     前回の公演で、無期限活動お休み、なんて言ってましたからそう考えると
    次の公演まで1年というのは割と短く済んだかなと言う印象。
     プレスCDを作る!と言う前回の公演での話だったのですが、どうやら本当に
    これまでのライブベスト的なプレスCDを作ったようで、そのお披露目の意味も
    あったようです。
     なおそのCDは5/1からAmazonや全国CD屋さんに並ぶのだとか。
     内容的には今までに公演会場で扱っていたCD-Rと同じ感じですね。
     取り直し音源だったらホイホイと買ったのだけど、そこがわからなかったので
    会場では購入せず、でした。

     公演の会場は東京は新宿にある新宿文化センター小ホール。
     公演の最後に裏話的にリーダーの上田さんが語っておられましたが、今回の
    公演は昨年末に思い立ってそこから会場探して空いてるところをおさえたの
    だとか。
     やればできるじゃん、とは上田さんの弁(笑)
     んで、やればできる子たちなので今年はもう一回公演をやる、とおっしゃって
    ました。
     今年2回目の話はメンバーも寝耳に水だったようで、メンバーも驚いた顔を
    していました(しかも内容はその時点ではノープランだそうで……)。
     2回目は秋みたいですね。お嬢の予定が空いているといいのだけど。

     公演はていおん!のブログにもあるように、CDに収録されたアニソン、
    歌謡曲を歌っていく内容。
     前回や前々回のようなコント的寸劇や各人の見せ場的ソロ曲はありませんで
    した。
    「コントなし」「ソロ曲なし」「中途半端な笑いなし」と言うコンセプトだった
    とのことで、過去二回とは明らかに趣の違う様相で舞台が進んでいきます。
     結局、最終的にはお遊びが入ってgdgdになった訳ですが、公演自体も
    アンコールを入れても21時くらいには終わり、余裕を持った時間運びになって
    た感じです。
     アニソンの方に「銀河鉄道999」と「天使にふれたよ!」が入ってないなあと
    思ったらちゃんとアンコールにとっておいたようで、公演の最後で聞くことが
    できました。

    今回の新曲 進撃の巨人より「紅蓮の弓矢」


     耳がビリビリくるような音圧と皆さんの低音、よこばりさん(横山さん)の
    高音を楽しんだあっという間の約2時間でした。
     個人的には前回前々回のように各人のソロ曲を聴きたかったところで、それが
    なかったのはちょっと残念だったかなあ、と思いましたが、そこら辺は色々事情
    やお客さんの好みというのもあるでしょうから、まあ致し方ないかと。

     公演場所が終了後その日のうちに家に帰り着ける範囲であれば次回も聴きに
    行こうと思います。

     と言うことで「ていおん!12」の感想でした。

     参加者の皆さま&スタッフの皆さま、お疲れさまでした。

    web拍手 by FC2

     桜の花びらがハラハラと舞う横浜です。
     一年365日52週のうちのほんの一週間から10日だけの桜の季節。
     今年は残念ながら一番いい数日が曇天で、あまり良い写真が撮れませんでした。
     来年こそは青空をバックに淡いピンクの桜を撮りたいものです。

     さて、タイトルの内容ですが、数年前から指にできていたイボを治療しま
    しょうと言うお話です。
     気がついたら小さいイボができていて、それがふやける→別の指でひっかくを
    繰り返した結果徐々に大きくなり、至る現在。
     大体直径5mmくらいですかねえ。
     痛くはないから放っておいたのですが、別の指にも似たような物ができはじめ
    てしまったので、これはさすがによろしくないと思い、受診にいたったわけです。
     で、このイボはウイルス性なのだそうで、大きくなると放っておいても治らな
    いどころかこうして飛び火していくらしいのです。
     以前、娘が似たような症状で受診していましたし、ツイッターのフォロワー
    さんも同じような症状で皮膚科にかかっていたので、これはもう行き時だろうと
    あきらめました。

     とは言っても実は皮膚科には馴染みがなく、どこへ行ったものかと首を捻って
    しまった訳なんですが、以前娘がお世話になった医院がまだやってるようなので、
    先ずはそこへ。
     レトロなものすごく昭和な雰囲気のする皮膚科の門を意を決して叩いたのです。
     受付のおばあちゃんがでっかいルーペで保険証を確認し、後から今日は少な
    かったのねと嫁さんに言われる程度の人数を待ってから診察室へ。
     古いマンガ家さんが使うような青いインクの付けペンを駆使する老齢の先生と
    相まみえ、先の細く尖ったピンセットで手をあちこち診ていただくこと数分。
     やはりウイルス性のイボだろうと言うことで、先ずは大きいものからやっつけ
    て行くことになりました。
     実は足の甲にも1,2カ所似たようなものがあるので、これは手が済んだら
    着手予定。長丁場になりそうです。

     んで、治療ですが、ネットとかをざっと調べればわかるように、液体窒素を
    使います。
     ー196℃(77K)の液体窒素に綿棒をひたし、イボに押しつけて凍らせて
    イボの部分(ウイルスによる異常組織)を壊死させます。
     壊死した部分の下の皮膚が再生してくるのですが、うまくウイルスごと
    壊死させられればその壊死した部分(大抵はかさぶたになるそうで)を除いて
    終了。
     この再生してくる一番上にまだウイルスがいる場合は、また液体窒素をつけて
    ……の繰り返しだそうです(私はまだ一回目が終了したところ)
     ウイルスの増殖速度に治療速度が増されば治るって所ですかねえ?(;^_^A
     飛び火してしまったところも含めて液体窒素を染みこませるのですが、これは
    子供にはきついかもなあと思いながら治療を受けました。
     なにせー196℃ですからね。
     ドライアイスを一瞬でも触ったことがある人は、冷たさじゃなくて痛みを
    感じた経験があると思うのですが、まあそれをやられるわけです。
     刺すような痛み、ですね。
     んで、治療が終わってしばらくすると、患部がじんじん痛むのです。
     そりゃあそうです。
     液チで焼く、なんて表現もするようですが、積極的に低温ヤケドをさせて
    組織を殺すのですから、殺された患部の方はそりゃあもうパニックになって
    直そうとするわけですよ。全力で。
     私の場合は、凸になっているイボはかゆみを感じる程度でしたが、皮膚に半ば
    埋まっているようなイボの場合は強烈な痛みが来ました。
     その指でものを持ちたくない程度の痛み、と書けばわかるでしょうか。
     先生からは毎週来なさいと言われたので、週一で通う予定。
     はてさて、いつ頃治るやら。

    2016.06.25 追記
     通うこと一ヶ月。
     凸になっていたイボも、半ば埋まっていたイボも4回の治療ですっかりきれいになりました。
     いや、びっくりですね。
     ただまあ、やはり毎回の治療は痛かったですけどね(苦笑)


      web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。