まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     盟友、Holmes金谷さんのさんからお誘いいただきまして、艦これSSを寄稿しました。
     明日9/28に札幌はJRタワープラニスホールにて行われる艦これオンリーイベント
    艦これtheフェスタ2」において「アイリ@ドット絵工房」さんより頒布される
    オフセ本「戦闘詳報一四〇九二八」に『艦これ戦記if とある司令部のものがたり』
    と言うタイトルで収録されています。頒布価格は赤字上等のワンコイン500円だそうです。
     当日会場に行かれる方、今後のイベントで「アイリ@ドット絵工房」さんを見かけられた
    方はお手にとってどんな出来映えかご覧いただきたく。よろしくお願いいたします。

     以下、収録されたお話の導入的なお話と、本編の最初の部分です。以前書いたキス島撤退作戦話の
    前段となる、あの司令部の黎明期のお話です。よければごらんくださいまし。
     書いてる最中にHDDがすっ飛んでものすごく嫌な汗をかきました(苦笑)

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    「とある司令部のものがたり ~遠征艦隊がゆく~」

    「おーい、周囲に異常はないかー?」

     遠征艦隊の先頭を行く軽巡洋艦天龍が僚艦に声をかける。

    「右前方、異常なしです」
    「左前方も異常なしっ」
    「右後方、異常ないわ」
    「左後方、異常ないよ」
    「……後方異常なし」

     天龍の声に補給艦の周囲を取り巻くように陣取る駆逐艦達が返事を返す。
     順に五月雨、涼風、叢雲、曙、霰。
     先日まで水雷戦隊を組んで鎮守府近海や南西諸島海域の掃討に当たっていた
    仲間達が水雷戦隊ごと遠征艦隊に鞍替えし、こうして護衛任務に就いているのだ。
     とは言えこの海域は彼女たちが制圧し制海権を握った場所なので、遠征任務で
    輸送の護衛と言っても実はあまりやることがない。
     不意に敵の潜水艦や水雷戦隊が出てこないとも限らないのでこうした護衛は
    必須だが、敵が現れないことが多く、結果天龍達は暇をもてあますことが多かった。

    「……暇だな」

     天龍が呟く。

    「そうですね」

     苦笑交じりに五月雨が返す。そんなやりとりがお決まりとなっていた。

    「そういや、オレが来る前の司令部ってどんな感じだったんだ?
    五月雨は最古参だから知ってるだろう?」
    「そうですね。司令が赴任する少し前から着任して準備をしてました」

     ふと思いついたように天龍が五月雨に声をかけた。

    「そうなのか。司令の着任……か」
    「はい。優しく抱き止めてもらいました」

     思い出すように五月雨が言う。ちょっとうれしそうだ。

    「なに!? それってどういうことだ」
    「そいつぁ初耳だねえ」
    「せ、説明なさい」
    「どうせあのクソ提督に騙されてるだけよ」
    「……」

     五月雨のちょっとした言葉に静かだった艦隊が色めき立つ。

    「さて、説明してもらおうか」
    「え、えーと……」

     遠征艦隊はどうやら今日もつつがなく任務に勤しんでいるらしい。 

    つづく。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    以下本編の冒頭部分

    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    『艦これ戦記if とある司令部のものがたり』

    一.「司令、着任ス」

     とある鎮守府のとある司令部。その建屋の木の階段を一人の少女が駆け下りていた。
     白いセーラー服に身を包んだ青く長い髪の少女だ。
     彼女は脇目も振らず建屋の入口を目指していた。
     まだうら若く幼さも感じさせる横顔は、だがとても真剣で、でもなんとなくうれしそうな
    気配を漂わせていた。
     建屋の入口にたどり着いた少女は駆けてきた勢いのまま扉を開けようとドアノブに手を
    伸ばした。

     同じ建屋の入口に一人の男が立っていた。
     海軍二種軍装に身を固めたその男は襟章から海軍大佐のようだった。
     男は背筋を伸ばし帽子のつばを直すと、建屋のドアノブに手を伸ばした。
     ガチャリという音とともにドアノブが回る。
     男が扉を開くと不意に中から黒い塊が飛び出してきた。

    「わ、わわわわわわわわわわわ」

     男は手に持った鞄を地面に落とすと両手を広げその青黒い塊を身体ごと受け止めた。
     どうやらバランスを崩して一緒に転がるという醜態を晒さずにすんだようだ。
     男は軽く息を吐くと自分の胸元に飛び込んできた青い塊を見やった。
     白いセーラー服、青く長い髪の少女だった。

    つづく。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    ここまで。
    なお本作は「戦闘詳報一四〇九二八」頒布後、期間をおいてから「さくらがおか」と
    pixivで公開予定です。

    それではよろしくお願い致します。
    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

     予めお断りしておきますが、多分ネタバレを含んでいることと多分に個人のそこそこ辛口の
    感想ですので、ネタバレ見たりちょっと批判的な内容を見てムキムキしちゃう人はここで
    回れ右と言うことで一つよろしくお願いします。

    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2

     はーどでぃすくがとーんだー とーつぜんとーんだ
     2ねんくらいで こわれてきえたー(シャボン玉の節で)

     Seagate社製HDD Barracuda ST2000DM001(2TBモデル)を2012年春過ぎあたりから
    使っていたのですが、今年の8月のお盆の時期に前触れなくお亡くなりになりました。
     今思い返すと、ハードディスクの軸がいかれるときの高い音が鳴ってたようにも
    思いますが、その時は「まだ買って2年だし、そうそう壊れることもないだろう」と
    たかをくくっていたのです。SMARTの数字も全然問題なかったし。
     艦これで言うところの「慢心」と言うやつです。

     その結果、HDDは突如として壊れ、2012年の6月くらいからのデータが全て電子の海の
    藻くずとなって消えてしまいました。
     撮りためた写真、書きためたSS、その他資料等々、ぜーんぶ動かなくなったHDDの中に
    封じ込まれてしまいました。
     幸い、と言うか起動ディスクをSSDにしていたので、システムそのものは特に問題なく、
    データだけが飛んでしまった状態で、更にデータも、写真のうちjpg化してタブレットへ移して
    おいたものや、ネットにアップしたSS、その他、たまたま他のHDDに退避していたデータ等は
    難を逃れました。でも被害甚大(汗)
     特に、Holmes金谷さんに依頼されて9月頭納期で書いていた艦これのSSがバックアップごと
    全て消えてしまったので大慌てです。
     久々にものすごく嫌な汗をかきました。

     データについては、HDDの状況が状況(軸からいったら大抵どうにもならない)なこと、
    ざっと調べたらこのレベルのHDDを修復してもらおうとすると10万円越えは普通なこと、
    上述のように多少のデータは何とかなっていたり、2年より前のデータは過去に使っていた
    HDDからサルベージ出来たことなどを考え合わせて、早い段階(1日以内)でもうダメだと
    あきらめをつけました。しゃーないものはしゃーない(汗)
     代わりとなるHDDを発注し、まだ頭の中に書いていたお話の記憶があるうちにだーーーーっ
    と書き直しを始めました。

     そのかいあってか、金谷さん向けの原稿は消えた部分のリカバーを数日で終え、更に書き
    足して期日に間に合わせることが出来ました。よかったよかった。
    (その話は9/28に札幌のJRタワープラニスホールで開催される艦これオンリーイベント
    「艦これtheフェスタ2」でアイリ@ドット絵工房・書籍部から発刊される
    『戦闘詳報一四〇九二八』に『艦これ戦記if とある司令部のものがたり』のタイトルで
    収録されます。五月雨が可愛くて天龍が格好良いお話……のつもり―宣伝宣伝っと)

     さて、今回壊れたSeagate Barracuda ST2000DM001ですが、この品番でググってみたら
    2013年の11月の時点で突然死の話題がとあるブログに載っていました。こちら。

    「突然死 SeaGate ST2000DM001」 ミネワークスのお家探しと日々のブログ

     これに夏前に気がついていればなあ……(^^;
     まあ、こう言うのを思うときには大抵後の祭りだったりする訳なんですがね。
     今、2012年に買ったST2000DM001を使ってる人がいたら、念のため大事なデータだけ
    でもどこかへバックアップを取ることをお勧めします。
     壊れてから泣いても遅いですからね。

    web拍手 by FC2
     いつの間にか我が家のOperaが25になって、なんかフォントまわりが汚くなったので
    その対処方法をメモ。

     こちらの記事が参考になりました。
     「Google ChromeのDirectWriteを無効にする(Windows版 Ver.37以降) 歌うキツネ

     まあ、要するに、DirectWriteって言うフォントまわりをきれいにする機能が入ったのだけど、
    そのせいで勝手にメイリオ使ってビットマップフォントだひゃっはー状態になってしまった
    ようなので、我が家のように自前でMacTypeみたいなレンダリング入れてる人はその機能を
    無効化しやがれ、と言うことですね。はい。
     んで、アドレスバーに opera:flags と入力すると「試験運用機能」なるページが開くので、
    そこで「Disable DirectWrite」という項目を見つけて「有効にする」をポチッとすればOK。
     DirectWrite機能をDisable(無効)することを有効にする、なので、無効化されて今までの
    ような表示に戻ります。と言うか戻りました。

    以上。
    web拍手 by FC2

    生きてます。
    と言う冗談はさておき。
    HDDが壊れて過去数年分のデータがすっ飛んだり、
    お陰で書いていたSSが電子の彼方に旅立ったり、
    ついでに仕事が忙しかったりと、まるで更新できてません。

    ひと月更新しないと広告がトップに表示されるんですが、
    その広告の拍手ボタンに2拍手入ってたりして、
    これはその広告に拍手が入ったのかなんなのか、なかなかに
    謎です(笑)

    と言うわけで、生存証明書き込み。
    もうしばらくすると、電子の海の彼方に消えた内容を記憶の中から
    呼び戻してなんとか書き上げたSSについての告知ができると思います。

    では、また。

    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3