まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     齢をそこそこ以上重ねると身体のあちこちが悲鳴を上げ始めるようで。
     近くが見えにくくなったり、疲れやすくなったり、血圧が上がったり、筋力の低下や
    胃腸の活動低下など、挙げればきりがありません。
     考えてみればほんの百年くらい前までは「人間五十年」なんて舞にもあったように
    男性の平均寿命は43歳くらいだったわけで、それが戦後の栄養状態の向上とか
    医療技術の発達とかで大幅に伸びてきた結果の今の平均寿命80歳オーバーだとすると、
    人間の身体がつつがなく普通に過ごせる時期って意外と短くて、40超えたら徐々に
    壊れ出すんじゃないかなあ、それが老化でありその症状としての老眼であったり、
    血圧調整不足だったりするんじゃないかなあ、などと思うわけです。
     仮にそうだとすると、40を超えて久しくそろそろアラフィフの声が聞こえてくる
    私なんぞに何かが起きてもおかしくないわけで……。
     そう起きたのです、起きていたのです。気がついてしまったのです。

     「じゃあ24時間計ってみましょうか」
     カルテの数字を見ながらお医者様がそう言いました。


     今月になって引いた風邪がなかなか治らず、近所の内科医にかかったときに
    ついでに血圧も測りましょうと言うことになり測定してみたところ、3回続けて、
    深呼吸もしたのに、上が140オーバー下も90オーバーと言う、いわゆる「高血圧」と
    診断される数字が出たのです。
     実は医療機関で血圧が高く出るのは今に始まったことではなく、会社の健康診断や
    献血時の血圧測定でも上が140オーバー下が80オーバーと言うのはよくありました。
     家で手首型の血圧計で測ると120以下85以下とそう高くもないのでいわゆる「白衣高血圧」
    ってやつだろうくらいに思っていたので今回もお医者さんにその話をしたところ、
    年齢も年齢だし実際に白衣高血圧かどうか確定させましょう、と言う話になり自動測定タイプの
    血圧計を24時間つけて平常時の血圧を測定することに。

     「着替えやお風呂入るときは外して結構ですよ」
     装置を装着しながら看護師さんがそう説明してくれました。


     定期的に24時間血圧を計るってどんな装置だろう、と思ったら、いわゆる腕にまくタイプの
    血圧計の小型版で、腕に測定するためのマジックテープで巻くあれから携帯用の血圧計本体
    (小型&首からかけられる)にチューブが伸びていて、時間が来ると勝手に腕に巻いた部分に
    本体から空気が送られて測定が始まるというもの。
     中にバッテリーとメモリーが入っていて、朝医者で装置をつけ、次の日の朝に医者で装置を
    外して結果を見てもらうような格好です。
     私が計ったケースでは、夜の10時までは30分間隔、夜10時から朝6時までが1時間間隔で、
    その後また30分間隔という測定タイミングでした。
     家にいようが外にいようが、決まった時間になると勝手に測定が始まるので、外にいるときは
    立ち止まって測定が終わるのを待つって感じですね。
     お風呂とか着替えの時は装置を外せばOKとのこと。
     ま、そんなこんなで計ってみました。

     結果は……。上の平均が120mmHg、下の平均が83mmHg。
     上は問題なし、なれど、下が黒に近いグレー。


     仕事が休みの日に測定したので、家で本を読んだりちょっと外に買い物に出たりして
    過ごしました。
     最初のうちは何をしててもいきなり測定が始まるのでかなりびっくりしましたが、
    ものの数回で慣れ、最終的には寝てる最中に測定されても気がつかないくらいに(^^;
    (嫁さんは測定の音にびっくりして飛び起きたらしい。すまぬ……)
     そんなこんなで一日が過ぎ、翌日測定結果の診断のために受診。
     診察の結果、要経過観察となりました。
     下が高めの境界領域なのだそうです。
     まずは食事改善(塩分を減らす)と運動(通勤時に歩くとか)で血圧が下がるかどうか
    一ヶ月様子を見ましょうと言うことになり、カップラーメンはスープを飲まないことにして
    ポテチも量を控えめに、会社と最寄り駅の間をなるべく歩くように意識することにして、
    起床時と就寝前の1日2回血圧を測る日々です。
     血圧計もいい機会なので買い直しました。
     腕にまくタイプ。
     これが一番正確に測れると言うことなので。
     メーカーは私の好みでオムロンにしました。上腕式血圧計HEM-7130。
     なんかメモリ機能とか管理機能とかそういうのがごてごて(失礼)ついたモデルもあったり、
    スマホ連動なんかもあったりしたのですが、最低限のことができればいいと言うことで、
    一番シンプルなタイプに落ち着きました。
     さあ、このひと月で血圧がどう推移するか。
     最低血圧が下がってくれるといいなあ……。
    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3