まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    紫檀様よりコメント頂きましたので、そのお返事です。

     コメントありがとうございました。
     おいしかったですよー。
     そうなんです、本文に書き忘れましたが、写真を見ていただくとわかるように
    元祖よこすか海軍カレーには牛乳とサラダが付いているんです。
     この、カレーと牛乳とサラダの三点セットが「よこすか海軍カレー」を名乗るための
    条件だと「日本酪農乳業協会の牛乳百科事典」に書かれていました。
     ご興味あったらぜひ。

     それでは、紫檀さんもお体には気をつけて。


    コメントここから---

    よこすか海軍カレー!
    いいですね。一度は食べてみたいものです。カレー好きですから。ちゃんと牛乳もついてるんですねw
    ピクルスサラダも気になるところ・・・。今度時間が出来たら行ってみようと思いますー。
    であであ。お体に気を付けてー。

    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト
     ま、見出しだけ見ると相当やばいですね。これ(苦笑)
     なんのことはない、先週の土曜日にTwitter仲間のオイサン(ゆび先はもうひとつの心臓)と、
    これまたTwitter仲間のさんとく君(理科準備室準備室)三人連れ立って、横須賀に海軍カレーを
    食べに行ったって話です。
     なんだよ、今週スピーカー聴きにいって先週はカレーかよ、と思ったあなた。正解。
     実際にはカレーの時に来週こんなスピーカーの試聴に行くんだけどね、と高校生をたぶらかした
    のでした。

     事の発端は……遡ること数ヶ月。
     私が言いだしっぺでカレーをお題としたアマガミのSSを書いたことがきっかけでした。
    (各作品へのリンクエントリーはこちら「カレーSSの輪が広がる」
     このカレーSSの輪に加わってくれた新進気鋭の若者が一人。
     それが、キミキスのえりりんこと二見瑛理子嬢のSSを書くさんとく君です。

     彼がカレーSSを書くきっかけとなったのは、ドラマ「坂の上の雲」を見て彼が赴いた横須賀の地で
    食べた元祖海軍カレー。
     彼の書いたお話の中に広がる鮮やかな光景に、どんなカレーだったのだろうとアラフォーの
    物書き二人が飛びついた。そんな構図です。

     ちなみにオイサンのレポはこちら
     ゆび先はもうひとつの心臓「■懲役1200キロカロリー -更新第651回-」

     この集まり、2月くらいから予定していたのですが、東北関東大震災が起きた関係で
    一度は無期延期となっていました。
     計画停電や余震などの関係で横須賀までの足が確実に確保できるかどうかが微妙だったからです。
     ところがどうやらお彼岸の三連休は計画停電をしなさそうだ、京浜急行も大丈夫そうだと言う
    ことになり、ここはひとつ決行してしまおうではないか、と当日になって話が出て、急遽
    集まることになったのです。
     なんだろう、この無計画っぷりは。
     ……あ、いつものことか(爆)

     と言うわけで3人が集まりやすい横浜駅に集合し、京浜急行線で一路目指すは横須賀。
     ヨコハマ買い出し紀行で北の町と称された場所ですが、それはまた別の話。
     ただカレーだけ食べに行くのも何なので、坂の上の雲でも出てきた日本海海戦で旗艦として
    活躍した戦艦三笠も観に行こうと言うことになってまして、ならばついでにヨコハマ買い出し紀行に
    出てきた北の町の公園にも立ち寄らせてもらおうと密かに企てて、その話が出てくる第三巻を
    カバンに忍ばせていたのでした。

     横須賀に行くのは昨年の秋以来なのでそんなに久しぶりでもなかったりするのですが、あの時は
    海上自衛隊の基地の公開を見たら時間切れで横須賀の市街地の方まで行かなかったから、海兵隊の基地や
    三笠の方まで行くのは実に10年近くぶり。
     そういやその時はHolmes金谷さんと北の町の公園に行ったんでしたっけね(うろ覚え)。

     そんなこんなで、快速特急から金沢文庫駅で各停に乗り換え、さんとく君がカレーを食べた店を
    先ず確認しようと汐入駅で下車。
    (ああ、そういやここでかなりな人数を待たせたことがありましたっけねえ……遠い目)
     ドブ板通りの中ほど山側にあるというそのお店の場所を確認し、そこから国道16号に出て、三笠が保存
    されている三笠公園に向かいました。

     戦艦三笠を船尾から。


     三笠を見に来るのは何度目でしょうねえ。
     多分今回が2回目か3回目かってとこじゃないかと思います。
     大学時代に一度、横須賀沖合の猿島ってところへ行ったことがあって、当時首を突っ込んでいた
    大学生協の活動の一環なんですが、その時に三笠も見たっけかなあ……って感じです。
     その前となると、一度追浜に住む叔父に連れてきてもらった記憶があって、それ時初めて三笠を見た
    のだったと思います。
     今回は残念ながら甲板部分より上の塗り替えをしていて、艦橋上部に上がれず、なかなかもって
    興をそがれた感じだったのですが、展示されている資料についてはなかなか興味深く見ることができました。
     それは私が大学時代から20年、初めて見に来た時から30年余を経て、それなりに大人になったから
    なんでしょうね。
     乃木大将の資料とか新渡戸稲造の武士道の資料とか、なかなか感じ入るものがありました。
     物事に対する「覚悟」と言うものを改めて思い知ったというか、そんなところですかねえ。
    (念のため書いておきますが、私は戦争賛美の立場ではありませんし、戦争放棄の立場でもありません。
    軍艦や戦闘機などについては、人殺しの道具であることを理解しつつ、ある機能をとことん高めたものが
    持つ”機能美”やその技術を技術屋として評価するものです)

     ひとしきり三笠を見たところで横須賀の高台にある中央公園へ。
     上にも書きましたが、この場所は私の愛読書であるところのヨコハマ買い出し紀行に出てくる、
    「北の町の公園」なのです(第三巻第22話ヨコスカ巡航)。
     いわば、ヨコハマ買い出しの聖地巡礼をカレー食べるついでに、ヨコハマの読者でもない二人を
    巻き込んで勝手にしてしまったわけです。
     こう書くとすっげえ身勝手ではた迷惑な野郎ですね。いやまったく。
     一応二人には事情を説明してご理解&承諾いただいた上でご同行願いました。
     ちゃんと押さえるべきは押さえております。はい。

     北の町の公園から、漫画と同じような構図で。
     腕はさんとく君のもの。


     ヨコハマ買い出し紀行が描かれたときには画面中央右の大きなマンションはまだなく、その左のひさしの
    ついた白い建物(県立保健福祉大)ももちろんなく、漫画のコマの完全な再現とはなりませんが、
    それもまた年月の流れなのだろうなと思います。
     同じ第3巻に挿絵として描かれている大船のドリームランドモノレール跡と思しき場所も
    今は造成されて面影もないですからね。
     それにしてもこの公園は、何度来てもちょっと気持ちの高ぶる場所です。
     目的の場所がひと際高いところだから、と言うのもあるのですが、あの公園に行くと必ず高台の
    あの場所に駆け上がりたくなるのです。
     不思議なものです。本当に。
     オイサンにも気に入ってもらえたようでなによりでした。

     その後、山を降りさんとく君が食べたという元祖よこすか海軍カレーのお店へ。
     ドブ板通りの中程の山側、ホテルニューヨコスカ奥。
     「よこすか海軍カレー」の元祖と言われるお店「よこすか海軍カレー館」にて、お目当てのカレーを
    いただくことに。
     正直、そこにたどり着くまでに売られていた「ネイビーバーガー」にもかなり心惹かれたのですが、
    今回はカレーSSのきっかけとなったカレーをいただこうという主旨ですので、初志貫徹。
     私は「元祖よこすか海軍カレー」を選び、オイサンが「ハーフ&ハーフカレー(牛肉とエビ)」
    さんとく君が「ニューよこすか海軍カレー」をチョイス。
     自家製ピクルスサラダなんてのも頼んでしばしカレータイム。
     ちなみにこのピクルスサラダ、本当にピクルスメインです。
     普通のサラダの上に可愛らしくピクルスが載ってるなんてものじゃなく、ガッツりピクルスですので
    頼むときは覚悟の上で(笑)
     で、元祖よこすか海軍カレーですが、こんな感じ。


     あまり辛くない、独特の風味を持った(と多くの人が思うであろう)味です。
     なぜカッコ付きかと言いますと、私には何ら違和感のない味だったからです。
     なんとなれば、実家のカレーを食べてる気分。
     ああ、そういやお袋の作るカレーはこんな味だったなあ、と。
     お袋がどこでカレーを習ったかは、鬼籍に入ってしまった今となってはもうわかりませんが、
    お袋が家で作るカレーに見た目も味も良く似ているものでした。

     さて、ここまで道中どんな話をしたかに全く触れていないことに気がついたあなた、鋭い!
     正直言ってあまり覚えていません(爆)
     カレーを食べながら話したのは、「坂の上の雲」からドラマつながりでさんとく君がよく見ている
    「相棒」のことと、彼の学校の話と、終わりしなにしたSSの書き方とか方法論的な話。
     どういった形でSSのネタを思いつくか、なんて話をしましたね。
     さんとく君からしてみたら、私もオイサンも歳が倍も違うのだから、どう接するのがいいのか
    多少困っているようなところもあるのかもしれません。

     そんなこんなで今日歩いた横須賀の各地点と道のりはこんな感じです。
     最初に出せって? ごもっともで。

    より大きな地図で 20110319横須賀で海軍カレーを食べる を表示

     この後、もうちょっとSSの話をしようってんで場所を横浜にあるウエイトレスさんが見目麗しい
    某カフェに移そうと目論んだのですが、おりからの計画停電の煽りを受けて横浜駅の地下街は軒並み
    早じまい。
     スタバもドトールも同じようにお茶出来る場所を求めた人たちで満員で、あまりの負けっぷりに
    行き場をなくしたアラフォー二人とフレッシュマン一人は横浜そごうの外の自販機で買った缶コーヒーを
    片手に、外で色々とおしゃべりをしたのでした。
     なんだこの、地元のはずなのにアウェイ感満載な状況は。行いか?日頃の行いが悪いというのか!?
     あー、確かに悪いかもなあ。
     
     ……と言うわけで、さんとく君。
     この時といいその次といい振り回してすまなんだ(苦笑)
     そんなオチか、という閉まらない終わり方ですが、オイサンもさんとく君も状況が許す範囲でまたよろしくー。
    web拍手 by FC2

     私はこのブログにも何度か書いているとおり、タイムドメインスピーカーのMarty101(BauXar社)を
    使っています。
    (過去エントリー:・購入直後・電源を色々検討する・設置場所に悩む・三ヶ月後レッグウォーマーをかぶせる 20150122追記 ・我が家の電源は多分これで決まり
     Marty101は、TIMEDOMAIN社のYoshii9と言うタイムドメインスピーカーを手本として、それをいかに
    買い求めやすい価格帯で提供するかに挑戦した製品で、Yoshii9と同じような円筒形でスピーカー
    ユニットが天井を向いた形をしています。
     どんなものかは後述の各社のホームページを見ていただくとして、形が分かっても音が命の
    スピーカーですから、その音がわからないとなかなか手が出せません。
     Marty101はヨドバシカメラなどで販売されているので聞こうと思えばその音を聞くことが
    できないわけじゃないんですが、ヨドバシの売り場をご存知ならばわかるとおり、あのノイズだらけの
    環境ではまともな音などわかろうはずもなく、私がMarty101購入したときは「外れたら授業料」的に
    見切り発車で買ったのでした。
     で、Marty101を2009年の11月末にMarty101を手に入れ、やれ置き場所だ、電源だ、共振対策だと
    やってきて一年数ヶ月。
     Marty101の音に満足して日々使ううちに上位機種のJupity301が気になりだしました。
     アルミボディで重さもそこそこありそうだし、筐体の共振対策も必要無さそうだし、質感も高く、
    どんな音がするのだろう、と思ったのです。
     とは言えJupity301はMarty101の倍以上の値段がしますから、見切り発車的に買うわけにも
    行かず、どっかで音が聞けないかなあと思っていたら、ありがたいことに試聴できる機会を
    見つけました。
     TIMEDOMAIN社やBauXar社のタイムドメインスピーカーの販売代理店をしている有限会社
    「ありがとうございます」というところが月に何度かタイムドメインスピーカーの
    試聴会を開いており、Yoshii9などの試聴をすることができるのです。
    (Marty101やJupity301は開催日によりけりで試聴できない日もあります)
     各社のホームページは以下のとおり。
       TIMEDOMAIN社ホームページ
       BauXar社ホームページ
       有限会社 ありがとうございますホームページ

     ひとりで行くのもなかなか勇気のいるもので、ここはひとつ興味を持ちそうな人を道連れに
    しようと思い(ひでえ)、毎度お馴染みオイサンとカレーSSに参戦してくれた若人さんとく君に
    お声がけをして、試聴会に行ってきたのでした。
     場所は東京は表参道の東京ウイメンズプラザ。
     その日の試聴会は13-16時で、うちらは14時前くらいに着いたんじゃなかったかと思います。
     試聴会を主催するお店のtwitterアカウントを見る限り、試聴会にはそんなに大勢の方が
    来られているわけではなさそうなので、どんなもんかな、と思って恐る恐る会場の様子を
    伺ってみるとどうやら先客がおられる様子。
     ノックして中に入ると先客がお二方おられ、クラシックの曲が流れていました。
     私はクラシックも聞きますが、メインはポップスの女性ボーカル曲であったり、ゲームや
    アニメのサントラだったり、Skaだったりしますし、オイサンも多分アニメやゲームの曲を
    試聴用に持ってきているだろうと思ったので、こりゃあもしかして激しく場違いな選曲をして
    来たかと背筋に冷や汗が伝いました(苦笑)
     ま、それも思い過ごしだったわけでして、その手の曲もあたたかく受け止めていただき、
    Marty101とJupity301、Yoshii9との聴き比べをすることができました。

     この3つはどれもサイズは異なれど似たような形状をしていて、音の傾向も似ていますが、
    音のスケール感や低音の出方とかが異なっており、私が聞いた限りでは
    「Yoshii9>Jupity301>=Marty101」の順番で音がしっかり出ている気がしました。
     Jupity301とMarty101の差は劇的なものではなく、オイサンいわく「Jupity301の方が低音と
    高音のバランスが良い」程度のもの。
     ただ、Marty101かJupity301か、と問われたら、私もオイサンもさんとく君もJupity301を
    選ぶと答える、そんな違いです。
    (Yoshii9は価格も大きさも別格なので、選択対象外)
     さんとく君は、Yoshii9と比較しても、曲を聴くならばJupity301が良いと言っていたのが
    印象的でした。
     え? おまえはどうだったかって?
     Yoshii9は確かに良い音なのだけど、これの本領を発揮させる音量を我が家でしかも私の部屋で
    出すのは多分ほぼ無理なので、相変わらず高嶺の花で在り続けるのだろうと思います。
     実際に我が家で音を奏でるのは、依然としてMarty101か、Jupity301なのだろうな、と思いました。
     ただ、じゃあ手元にある貯金を崩してすぐにJupity301を買うか、と言われたら、多分我が家の
    いくつか手を加えたMarty101との音の違いを考えるに、すぐさま飛びつくほどではないだろうな、
    と思います。
     でも、次にもう一組スピーカーを買うとしたら、それはMarty101ではなくJupity301でしょうね。

     試聴していてすごいな、と思ったのはYoshii9で雷鳴を再生したときで、正に雷が大気を切り裂く
    あの音が聞こえてきました。
     ガラスが割れる音もリアルでしたねえ。
     多分、水滴の音とかもリアルに聞こえんるんじゃないかなと思います。
     聞いていてちょっときれい過ぎる音かも、とも思いました。

     この日はMarty101とJupity301の開発者であるBauXar社の栗田さんもお見えになっていて、
    図らずもMarty101のお話を色々と聞くことが出来ました。
     とあるホームページを参考に我が家のMarty101に嫁さんのおフルのちょっとダボッとした
    靴下を履かせましたが、栗田さん曰く「これは音の向上に効果ありです。ルーズソックス
    みたいなのがいい」とのこと(以前のエントリーから再掲)。


     これは私の推測ですが、プラスチック筐体のMarty101は音量をあげるとどうしても筐体
    そのものが振動してしまいそれがノイズとなるのに対して、靴下を履かせることでその振動に
    よるノイズが吸収されるからではないかな、と思います。
     Marty101の分解の仕方も教えていただきましたが、あれをバラして手を加えるだけの
    知識も技術も今のところないので、知識として頭に入れておこうと思います。
     Jupity301のこともお聞きすることができましたが、あのアルミのボディの加工は結構大変
    だそうで、Jupity301の価格の大半が工賃だとおっしゃっていました。
     確かにあれの加工は大変そうです。
     でも、オブジェとして部屋に飾るにしても安っぽさがなくて確かにきれいなんですよね。
     また、BauXar社のカナルイヤホン「イヤーフォンM」を試聴させてもらうことができました。
     「Martyの音をカナルで」と言うコンセプトで作られたそうで、確かにMartyのような
    クリヤーなピシッとした音がしました。
     その他にも色々とお話をさせてもらいましたが、私が仕事で扱っている「光や色」と
    「音」は、やはりよく似通っているものだと言う認識を強くしました。
     もちろん、イコールではないですけどね。

     と言うことで、タイムドメインスピーカーの試聴に行ってきました。
     有限会社「ありがとうございます」の岩崎様、BauXar社の栗田様、ありがとうございました。
     百聞は一見にしかず、百聞は一聴にしかず。
     聴いてみて「なるほど」と思うことが多かったように思います。
     オイサンもさんとく君もどうやら楽しんでもらえたようで、声をかけてよかったなあと
    思いました。

     Jupity301を買うかどうかは、今回の試聴を元にさらに検討しようと思います。
     お小遣い制のサラリーマンにとってはそうは言っても安い買い物ではないので(^^;
     

    web拍手 by FC2
    モルモット様からコメントを頂きました。
    ありがとうございました。
    以下お返事です。

    アマガミSSの感想をご覧いただいていたようでありがとうございました。
    他の方々と比べて、それこそかなりビターなあまり受けの良くない感想だったのでは
    ないかと思っていましたので、楽しんでいただけたのなら幸いです。

    今回のちょおまの感想についてもご期待にそえたようで何よりです。
    モルモットさんのおっしゃるとおりで、マジメだけど堅物ではないのが彼女の良いところですね。
    元からそうなのか、はるかの相手をしているうちにそうなったのかはわかりませんが、
    彼女なりの茶目っ気というのが垣間見えた気がします。

    響先輩SSについては、更新間隔がかなり開いてしまっていてすみません。
    頭の中に番外編の続きの構想はあるのですが、いかんせんうまくまとまってくれなくて
    困っているような感じです。
    番外編もいずれ完結させたいと思っていますので、気長にお待ちいただければ、と思います。

    また何かありましたらコメントをお寄せください。
    ありがとうございました。


    コメントここから------------------------------------------------------------

    以前からここのアニメの感想などを楽しく拝見させてもらっていました。
    今回もちょおまの響先輩編が出たのでちびすけ父さんが何か感想を述べてくれているかな~と
    期待して見にきてみたらやはりそうでした
    どこまでも真面目な人ですけどそれなりのユーモアさも持ち合わせているのがやはり響先輩の魅力ですよね
    他のヒロイン達とは多少違うビターな感じのストーリーでしたが、それもまた響先輩らしいなと
    特に一枚絵の響先輩が抱きついてからの好きだけど甘えてしまうと我慢している響先輩の切なさを
    感じさせてかなり胸にグッときました
    雑誌のなびかない発言に関しての解釈は私も全く同じ意見ですね
    他のヒロイン達なら抱きつく辺りの下りも仕方ないなと流されてしまいそうですが
    見事に切り返す辺りが響先輩のなびかないという事をわかりやすく象徴しているように思いました
    何はともあれ響先輩の最後の笑顔で救われました。
    ハッピーエンドへの妄想もしやすいですし
    ヒッソリと響先輩SSの更新を楽しみにしています
    長々と失礼しました。
    ありがとうございました

    web拍手 by FC2
     テックジャイアン誌の付録、アマガミちょっとおまけ劇場 塚原響編
    「響く想い 彼方へ」の感想です。

     ネタバレ回避したい方はブラウザの戻るボタンでお戻り下さいませ。

    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2
     えーと、ネット上では「ヤシマ作戦」と言うのでしたっけ? ←ヱヴァンゲリヲンはよく知らない
     ヱヴァンゲリヲンをよく知っているかどうかはともかく、先日の東北関東大震災で発電所も
    被災し、東京電力管内が電気不足になっているのことをご存じの方も多いと思います。
     で、我が家にできそうな貢献の一つとして節電をしてみようと思い立ち、計画実行中です。

     ちなみに、東京電力管内における電力不足とそれに伴う計画停電および節電の呼びかけは、
    あくまで東京電力管内での電力供給不足(福島の第一と第二が止まったことで910万kw、その他
    火力発電所もいくつか止まっている模様)によるもので、直接的な東北の被災地支援になる
    わけではないですが、関東が電力不足で大規模停電となると首都機能を含めて物流その他が
    滞ってしまいますし、経済活動という面においても大きな打撃になりますから、計画停電等で
    大規模停電を起こさないことも広い意味での復興支援と言えるかもしれません。
     まあ、そういう御託はともかく。

     一口に節電と言ってもやれることは色々あるわけで。
     瞬間最大風速的にやろうと思えば、電灯を消してロウソクにし、TVを見ないで携帯ラジオから
    情報と娯楽を得て、炊事も電子レンジなどを使わない方向で、もちろんPCなんて使わない……
    なんてことをすることでかなりの消費電力を減らすことができます。
     できますが。上記内容だとまずもって持続性がないでしょう。
     少なくとも我が家では一晩ならともかくそれ以上は多分持続しません。
     
     発電所の復旧には週単位月単位の日数が必要で、それまでの間はずっと電力不足が続くわけです。
     それだけの期間、節電が必要なわけです。
     だから、節電、という言葉の枕詞として、持続可能な、が必要だと思います。

     じゃあ、我が家にできる「持続可能な節電」ってなんだろう? と考えて今実行しているのは
    こんな感じです。

     ・使わない電灯はこまめに消す
     ・コンセントにささったままの、使わないACアダプタを抜く
     (ACアダプターは充電していなくても、コンセントにささったままの状態で電気を食う)
     ・パソコンは必要ないときは消す
     (我が家のPCはそこそこ電気を食う)
     ・エレベーターは3F程度までなら階段を使う

     我が家にはエアコンが無いのでエアコンの温度調節なんていう項目が入ってませんが、
    一般の家庭にはエアコンがあるのが普通でしょうから、エアコンの温度設定を緩やかに
    するというのも効果的でしょうね。

     なんのことはない、常日頃からでんこちゃんに言われている「電気を大切にね」の内容です。
     でもね、これって結構地味に大事なんじゃないかと思います。
     問題は夏場どうするか/どうなるか。
     冬場は着こめば寒さをしのぐことはできるけれど、夏の暑さはそうも言っていられません。
     昨夏並の猛暑が来たらエアコン無しでは熱中症で倒れる人続出でしょう。
      各自体調に支障をきたさない範囲でエアコンの設定温度を上げる。
      エアコンではなく扇風機を使う。
     などで消費電力量をなるべく少なくする努力はもちろんするとしても、節電のために
    エアコンを切ったために熱中症で病院搬送なんてことのないようにしたいものです。
     うちの親父にもよく言っておかねば。
     あ、でも計画停電で送電そのものが止まったらアウトか……。
     小さい子や年寄りには死活問題だなあ。
     停電直前まで冷凍庫でペットボトルや水に濡らしたタオルを凍らせておいて、停電中はそれを首筋に当てる
    とか頭に載せるとか、そんな感じですかねえ……(なんか対策考えねば)
     
     あ、それと、これは節電とは直接関係ないけど、根拠のないデマにご注意を。
     こういう状況の時は口先三寸で人を煽る人がでてきやすいです。
     情報元はどこなのか、信頼できるのか、その情報は妥当なのか。
     なにかの情報を見かけたら一度深呼吸してその情報を読み返してみましょう。
     慌てるのはそれからでも遅くはないです。

    web拍手 by FC2
     先日、母が亡くなりました。
     糖尿病とリウマチと間質性肺炎を患い、間質性肺炎が発病から徐々にその進行
    スピードを増し、最後は駆け抜けていくような、そんな数年間でした。
     このエントリーは、私が母を忘れないようにするために、そして、同じような
    症状の方をご家族にお持ちの方の参考になれば、と思い書き留めたものです。

    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3