まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。


    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

     なんのことはありません。単なるオフ会レポと称した雑記です。

     さて、どこから話しましょうかね。

     舞台は夏の湘南―江の島~鎌倉。
     登場人物は
      パトランカさん―パト君/パトやん―西から来た男
      しらすさん―湘南ボーイ
      オイサン―先日アラフォーの仲間入り

     いずれもTwitterで私が仲良くさせてもらっているアマガミ関連のお知り合い。
     オイサンについてはここ何回かの日記にもご登場いただいているので詳細は省きます。
     先日携帯電話をスマートフォン(格好いいひびきだ)に乗り換えた御仁です。

     お一人目、パト君。
     「彼はおすすめ、フォローした方がいい」
     鎌倉でお会いした際にオイサンと第4先輩の強いすすめを受けて彼をフォローしたのが
    6月の半ば。
     以来二ヶ月ほど経つわけですが、いやー「フォローして正解」(笑)
     彼のツイートがTLにあるだけでTLに華が咲くと言いますか、見てて楽しい、これに
    つきます。
     いえ、こう世間様から比べて彼が特段スゴイことを言ってるわけじゃないんですよ?
     でも、入れるタイミングといい間といい内容といい、本人はこれを素でやってるってんだから
    神様ってのは居たら結構面白い人だなと思うわけなんですが。
     先日こちらにいらした際にアマガミクラスタでオフ会があって、私は家の用事で
    いけなくてちょっと悔しい思いをして、今回また来ると言うことで「この機会を逃しちゃならねえ」
    と約束をさせてもらった次第。

     お二人目、しらすさん。
     アマガミ、ヨコハマ買い出し紀行、写真、鉄道、飛行機、ぼく管……と、なにかと共通の話題を
    お持ちな湘南在住の、オイサン曰く「がたいに似合わぬシャイボーイ」
     アマガミ関連のフォロワーさんが増えだした初期の初期の頃から私をフォローしてくれている方で、
    その割に意外とTL上でやりとりする機会の少なかった不思議な人。
     彼のツイートはそんなに長くなく、かつ、そんなに量も多くないのだけど(日曜日の午前中を除く)
    私の中ではそれなり以上の存在感を持っています。不思議。
     恐らく、先ず間違いなく、リアルで私の一番近くに住んでいるので、多分日常生活ですれ違って
    いることうけあい。
     オイサンとしらすさんがあった際に私の話題が出たらしく、それをきっかけにしらすさんから声を
    かけていただいて今回お会いすることが決定。

     ……と言うことで、しらすさんとお会いすることが決まり、オイサンにも参加してもらうことに
    なってどこでダベろうかと思案していた夏真っ盛りの8月中旬。
     おおよそ社会人に優しくない日程でパト君が上京してくることが判明。
     当初、水曜~と言うことで時間も合わないし今回も厳しいかなと思っていたのですが、いつの間に
    やら東京滞在が土曜まで延びたらしく、しかも土曜日がその時点でフリー。
     しかし、その土曜日の午後にしらすさんと会うことになっていましたから、ちょっとアクロバティック
    ですが午前中にパト君にあって午後からしらすさんに会う、と言うスケジューリングをしました。
     したのですが、ま、色々あるのは当たり前。
     当人同士知らないわけでもなく、パト君は午後も開いているというのでどうせなら午後の部にも
    参加してもらおう、と調整し今回の集まりの体となったわけです。

     で、せっかくパト君に湘南界隈まで来てもらうので、鎌倉~江の島見物でもしようか、と目論見、
    待ち合わせ場所を藤沢にセットしたのが前日。
     いやー、こう言うのっていつもはもっと余裕を持って設定するのですけどね、私の仕事が忙し
    かったこともあって直前まで時間が決められず色々ご迷惑をおかけしました。

     さて、迎えた当日。
     パト君は東京を挟んだ反対側に宿があり、普段あまり早起きでない人に早起きをしてもらって
    わざわざ横浜を超えた先まで来てもらいました。
     待ち合わせ場所の藤沢は私にとっては馴染みの場所なので、まあこのくらいの時間に出れば余裕で
    つくだろう、と適当に考えていて、出発までTwitterのTLを眺めていようなんて思っていたら、
    パト君のこんなツイートが。
     「よーこーはーまー」
     マジか。予想よりも30分以上はえーよ。
     彼に「藤沢到着、ぼっちなう」とつぶやかせても良かったのですが、見知らぬ土地で30分放置は
    キツかろうと思い、あわくって家を出ました。

     んで、なぜか私の方が待ち合わせ場所に早く着くと言う不思議な体験をしつつ、パト君と会合。
     TLのイメージそのままの、大人しそうな男の子でした。
     んー、例えて言うなら小動物系?
     OLさんくらいの人から可愛がられそうな、いわゆるお姉様受けしそうな印象です。
     早速オイサンに連絡を取り、アラフォーのあほなやりとりをパト君に苦笑いされつつ、オイサンと
    合流。
     パト君のキャリーは持って歩くにはちと大きかろうとコインロッカーを探したのですが、どこも
    いっぱいだったので、とりあえず昼ご飯兼第1ダベリ場所の喫茶店へ。
     あ、そうそう、しらすさんは用事があって昼以降に合流でした。

     お昼ご飯は純昭和風喫茶にて~喫茶店「灯」
     少し前にオイサンとしらすさんが藤沢でお会いしたときに使った喫茶店。
     ここを含めて3軒をオイサンがランチ候補に挙げてくれたので、パト君に選んでもらいました。
     ここで改めて自己紹介やら東京でのパト君の観光先やら何やらの話。
     まあ、いつものことなんですけどね、話題多すぎてちゃんと覚えてません(爆)
     パト君が好青年だと言うことがよくわかりました。
     あと、パト君ママン素敵。
     そろそろしらすさんとの待ち合わせ時刻と言うあたりで、しらすさんから連絡が入り、パト君が
    子供の頃から聞いて育ったサザンの曲にもいくつか出てくる江の島へ。
     パト君のでっかいキャリーバッグは彼の日頃の行いの賜物か、江ノ電藤沢駅のロッカーが
    通りがかったらたまたま開いており、そこへ放り込むことができました。

     ところで「江の島」って駅名が「江ノ島」だから「江ノ島」って表記されることが多くて、正式な
    地名も「江ノ島」と思っている人が多いようですが、正しくは「江の島」なんですね。
     ややこしい(笑)
     私もかなりごっちゃになっていました。
     しらすさんからのメールには、さすが地元だけあってきっちり「江の島」と書かれてました。
     こう言うこだわりは大事だよね。うん。

     さて、江ノ電に揺られて「江ノ島駅」へ(江ノ島ってたくさん書いた結果、軽くゲシュタルト崩壊
    したのは内緒)
     江ノ電の江ノ島駅って、江の島からはそこそこ離れていて、暑い中汗を拭きつつ、水着姿で
    闊歩するお姉さん達に目を奪われつつ(野郎は意識的に視界から排除)江の島大橋を渡って、
    江の島へ上陸。
     パト君が、街中を海から上がった水着姿で歩いてる人を見てびっくりしてましたね。
     彼の住む神戸のあたりの海岸ではそんなことはないそうで、ま、江の島が街ごと観光地だから
    こその風景なんでしょうね。
     江の島入ってすぐの広場で先に来ていたしらすさんと合流。
     さて、どうしましょう、と言うことで、とりあえずせっかく来たのだし江の島の展望台に上る
    ことにしました。
     実は私も新しくなってからは初体験(古い方は記憶の彼方なので不明)。
     江の島の標高と同じ位の高さのそのタワーに向かって、若者2人とオッサン2人が階段を
    上っていきました。
     いえね。江の島には「エスカー」と言う観光用のエスカレーターがあって、有料だけどてっぺん
    まで運んでくれるのですよ。
     でも、せっかくだからとそれを使わずに上り始める「西から来た男」とそれならばと一緒に上り
    始める「湘南ボーイ」を前にして、エスカレーター使うなんてそんな無粋な真似はできないですよね。
     だから上りましたとも、オッサンも階段を。
     途中、やたら人慣れした猫がいたり、なんだこりゃって枝をした樹があったり、東雲というなの
    お茶屋さんにオイサンが軽く興奮してみたりしながら、展望台へ。

     せっかくカメラを持ってきたので2枚ほど。
     レンズは、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

     辻堂方面


     風に乗って飛ぶトンビ


     暑い日でしたが、展望台のてっぺんのデッキには終始風が吹き、思った以上に過ごしやすかった
    です。
     日陰で涼む人多数。気持ちはわかります。

     さて、展望台を堪能し、下界へと戻ります。
     途中、私が持参したエアバンドを取り出してみたり、しらすさんと航空管制話をしてみたり。
     タコせん買いはぐったり、ウナギの焼きおにぎりがおいしそうだったり。
     そういや、初めて「グリーンコーラ」が自販機に入ってるところを見かけました。

     主にしらすさんと地元トークをしながら長谷へ、大仏へ。
     途中の自販機で「焼きりんご缶」なるものを買い、ついでに山本山のお茶のペットボトル
    (これが結構いける)を飲んで水分補給をしつつ。
     名古屋の某先輩がいらしたときには敷地の中に入らなかった長谷の大仏ですが、今回は
    ちゃんと拝観料払ってご尊顔を拝してきました。


     外人さんであふれる境内を後に、オイサンが新規開拓をしようと目論んでいる由比ヶ浜の
    カフェへ。
     そういや「ゆいがはま」のイントネーションって、「ゆ」にアクセントがくるのか「ゆい」に
    アクセントが来るのか、なんて話もしましたね。どうでもいいですが。
     実はここのカフェのすぐ脇を家族であじさい見物に来た帰りに歩き、なんか気になるお店があるね
    なんて話していたのでした。
     お店の名前は「松原庵カフェ」
     オイサンがスコーンを頼んだので、私はガトーショコラにしてみました。
     うーん、濃厚。


     ここで日暮れまでダベりました。
     内容については例のごとくあまり覚えてないのですけどねっ!
     途中から近くの席に座ったお姉様の仕草がいちいち魅力的で気になったのはよく覚えている。うん。
     それと、持参した「ヨコハマ買い出し紀行」にパト君が意外と食いついてきて、第1巻をしっかり
    読んでいたのが印象的でかつうれしかった。

     パト君が23時に新宿につければいいと言うことが判明し、場所を藤沢に移して夕飯。
     ボリュームがあってそこそこ安いところ……をオイサンとしらすさんが考えてくれて、里のうどん
    と言うお店へ。
     豚バラ丼が有名らしく、でも丸っと食べきるにはかなり量が多そうで、結局「半うどん+半豚バラ丼」を
    チョイス。
     豚バラ丼はたれでしっかりと味がついた肉がご飯+千切りキャベツの上にドンと乗ったもので、
    食べ応え抜群。
     しょう油ベースのたれの味になんだか懐かしさを感じました。
     我が家のショウガ焼きとかの味付けってこれに近かったなあ……なんて。

     うどん屋さんを出て時間調整のためにマックへ。
     今からパト君を秋葉に放流して「秋葉なう」とツイートしたら誰が回収に来るだろうか、
    なんて言う話をしつつ、またもやダベる。

     なんて言うか、オイサンのツイートじゃないんですが、レコーダーで自分の発言を記録しておきたい
    気分です。
     そのくらいなにしゃべったか頭から抜けている。
     初対面のパト君やしらすさんと楽しくお話ししたことは覚えているし、オイサンが要所要所で
    ぺらぺらしゃべりすぎる私の方向修正をしてくれていたのも覚えている(感謝)
     とても楽しかったことはよく覚えているのだけど、個々の細かいところまで覚えていないのが
    歯がゆいなあと思います。

     でもまあ。うだうだと書いていますがおじさんは楽しかったのですよ。
     わざわざ宿泊先から東京を超えて湘南まで来てくれたパト君や、近くに住んでいるから一度会って
    みようと思ってくれたしらすさん、パパさん一人じゃ心許なかろうと来てくれたオイサンに
    感謝したいと思います。

     3人とも、これに懲りずにまたよろしく。


    web拍手 by FC2
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

     今回は今までよりもちょっと、いやかなり辛口ではないかと思います。
     べた褒めレビューが読みたい方は回れ右してGoogleさんで再検索してくださいませ。

    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2
     3年ぶり位にコミケに足を運びました。
     いつもはサークル「轟天社」の首謀者たるところの桜木さんが我が家に泊まりに
    くるので、その時に色々お話しをしたりして交流ができるのですが、今回は主に我が家の
    事情で新橋のホテルにお泊まりだったので、顔見せ半分申し訳なさ半分で売り子を手伝わさせて
    もらいました。

     で、売り子ついでにアマガミの同人誌をマリみて島まで買いに行ったり、よく買っている
    同人音楽サークルさんに立ち寄ってみたり、立ち寄ってみたくていつも日にちが合わなくて
    立ち寄れなかったもやしもん関連のところに立ち寄ってみたりできて感謝しています。
    (売り子もちゃんとしましたよー)

     んで、さらに、最近Twitter経由で懇意にしてもらっているアマガミ関連の方々のうち、
    お二方が会場にいらしていて、わざわざうちのサークルスペースまで足を運んでくださいました。
    この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
     暑い中&通行規制の中ありがとうございました。

     まずお一人目。さんとくさん(理科準備室準備室
     私より娘に年が近いお方。
     「キミキス」の二見瑛理子嬢をこよなく愛する、ビオラをたしなむ好青年です。
     最近ブログとSS書きを始めて、今後に大いに期待したい御仁一人です。
     よし、ちゃんと持ち上げたぞ。
     ま、冗談はさておき、Twitter上のやりとりでイメージした像と、本人がさほど
    ずれていませんでした。
     高校時代にこう言う友達がいたら楽しかったろうな。
     コミケの会場で立ち話ではなく、腰を落ち着けて彼の「えりりん」や「キミキス」に対する
    思いや、その他の、例えばビオラの話であったり、初音ミクのおすすめ曲だったり、を聞けたら
    楽しいだろうな、と思いました。
     コミケの暑さにやられて、なにしゃべったか細かいことまでちゃんと覚えてなくて
    彼には申し訳ないんですが、あ、そうそう、STKはちゃんとポイントを還元可能ですので
    しっかりポイント数を覚えておいてください。
     おじさんは最近物覚えが悪いのでさっくり忘れかねません(笑)
     アマガミSSの薫編の話になって、彼が「休み時間に後ろ振り向いて田中さんとあんな風に
    会話できる時点で橘さんはリア充だ」と言ってましたね。
     なるほど確かにそうかも(笑)

     お二人目。甲子二郎さん(Little Library in the Big Woods
     いまいちお年がわからなかったお方。多分私と娘の中間よりやや娘よりかと。
     型月―今はTYPE-MOONをこう言うんですね―ファンにして、FateのSSを書くお方。
     2006年からSSを書いておられて、「アマガミ」では七咲逢のSSを書いておられます。
     SSのスタイルとしては、絢辻さんSSを書いておられるオイサンよりも、むしろ私に
    近いかな、と思います。ご本人がどう思われるかはわかりませんが。
     正当派七咲逢SS―甘酸っぱくってくすぐったくてかわいい七咲―を読まれたい方には
    おすすめです。
     甲子さんもTwitterでの印象と本人があまりずれていなかった方です。
     さんとくさんのところでも書きましたが、やはりコミケという限られた時間、空間の場ではなく
    腰を落ち着けて、SS書き談義とか、私はあまり詳しくはないけどだからこそ、野球の話とか
    サッカーの話とか相撲の話も聞いてみたいな、と思いました。
     あ、そうそう、これもご本人がなんと思われるかわかりませんが、ぱっと見の印象が某名古屋の
    第4先輩氏に似ておられました。
     なんか20分位お引き留めして立ち話をしたはずなのに、内容を断片的にしか覚えてないのは
    私の年のせいなんでしょうね。申し訳ないことです。

     私は普段出不精なので、こう言う機会にTwitterと言うvirtualな空間を隔ててお話ししている
    方々に直接お会いできて非常にうれしかったです。
     お二方とも、今後ともよろしくお願いしますね。


    web拍手 by FC2
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点で数週遅れの地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。

    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2
     夏休みに入り、家族でどこかに行こうと言う話になって、東京ディズニーシーに
    行ってきました。
     去年も同じ時期にディズニーシーに行って、土砂降り+カミナリに見舞われた、と言う
    実績がありますが、今年は天気にも恵まれ暑~~~~い1日でした。
     んでは、写真を何枚かぺたぺた貼ります。

     レンズは、Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D、をつけていったのですが、ディズニーシーの
    風景をメインで撮るには画角が狭すぎですね。
     やっぱりポートレート用に使うのが良いんだろうなあ。
     娘の写真は、すごくよい感じに撮れていましたからね。

     で、入場してすぐの地球のオブジェ。
     画角が狭いので、がんばって下がってもこれが限界。


     逆にその画角とボケを活かしてこんな写真も。
     ちょうど目の前歩いている方がこれから冒険に行くぞ、って感じでした(笑)


     それにしてもディズニーシーって不思議な空間ですね。
     シカゴっぽい感じ?


     どこかの港町?


     アルプスの麓に見えなくもない


     地中海……ちょっと無理があるか。
     この辺から画角が欲しくなってタムロンの28-300mm ( F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO ) に交換


     どこぞの高原リゾート風


     とまあ、ちょっとアングルを変えただけで風景がころころ変わります。

     んで、中にはこんな、非日常の中の日常が見えるわけで。
     現在建設中の橋が向こうに見えます。これも面白いですね。
     ちなみに当日は羽田に降りる飛行機がバンバン飛んできてました。



     チップとデールの放水イベントが始まって、ぬれちゃまずいと荷物抱えて木陰に逃げる私。
     荷物を預けてぬれにいく嫁と娘。
     娘にいたってはぬれる気満々で服の下に水着を着ていくほど(笑)


     んで、放水が始まって逃げる人(笑)


     この「L」の旗のところのお姉さんがノリノリでした。


     いやー、それにしても暑かった。
     夏らしい入道雲がむくむくと育っていくのが見えました


     で、まったり好きな我が家はゆったりとゴンドラに乗ることを選択。
     ゴンドラの待機列からパシャリ


     ゴンドラの上からパシャリ。いちいち絵になる場所だなあ


     乗ったゴンドラには11人位が乗り合わせていて、船頭さんが前と後ろに2人。
     前は乗りが良くがたいの良いお兄さん。
     後ろはかわいいお姉さん。


     キュートなかわいいお姉さんでした。いやー、ついてたついてた。


     ちょっと暗いけどもう一枚。乗客に応えてポーズとってくれました


     そんなこんなで外界へとつながる広場に戻ってきました。
     画角が違うとこんなに違うんだなあ(あたりまえ)


     そんなこんなでこんがりと焼けて帰ってきました。
     たのしかったぁ。
     たまにはこう言う非日常も良いですね。

    web拍手 by FC2
     前口上、と言う名の注意書き。
     アマガミSS(アニメ版アマガミ)は全国一斉放送ではありません。
     放送日時にラグがあり、場合によってはひと月遅れ、場所によっては放映されずDVD待ち
    と言う状況です。
     幸い(?)私の住む地域は先頭を切って放映されるのでこうして感想をすぐに書けますが
    これを書いている時点でまだ第1話が放映されていない地域があります。
     要するに、ネタバレが嫌な人は以下を見ずにブラウザの戻るボタンを押してくださいね、と言う
    警告を最初にしておきます。


    ⇒続きを読む


    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3