まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

     会社に来ている常駐のプログラマさんや良く行くチャットの常連さんが、
    Windows7βはVistaに比べて軽いよー、と言うので、昨日買ったWD10EADSに
    入れてみることにしました。
     フォーマットの時点でドライブを300GBと700GBのパーティションにわけておいたので
    300GBの方へインストール。

     たびたび書いていますが、おいらの使っているPCは
       MB : MSI P965NEO-F
      CPU : C2D E6420
      RAM : DDR2-800 2GB x 4 (システムで使っているのは3.4GB)
     VIDEO : RADEON 4850 HD
    SOUND : ONKYO SE80-PCI

     と言う構成です。

     さて、どこまで自動で認識してドライバを入れてくれるか、そもそも簡単に
    インストールできるのか、ちょっとわくわくしながらインストール開始!

     ……
     …………

     30分かからずにあっけなくインストールが終わりました。
     Videoは11月版のドライバーが自動で入ったようですし、ワイヤレスマウスも問題なく
    動きますし、MBのサウスブリッジドライバも勝手に入れたようだし、たいしたもんだ。

     インストール時に認識できなかったのは、サウンドカードのSE80-PCIのみ。
     まあ、こいつはVメーカーがVista非対応と言っている代物で、実際にVistaのSP1では
    音が鳴らないそうなので致し方ないところではあります。
     管理者でSetup.exeを起動してみたり色々試してみましたが、デバイスマネージャーで
    不明のデバイス、となっている時にドライバーをインストールすると、そのときは音が出る
    ことがわかりました。
     ところが再起動すると音が鳴らないどころかサウンドカードそのものを認識しません。
     ダメじゃん┐(´д`)┌
     結局のところ、Windows7βでSE80-PCIから安定して音を出力することができませんでした。
     なんかいい方法ないもんですかねえ。
     ちなみに友人のSE-200PCI LTDはOSが勝手にドライバーをあてがってくれたようです。
     windows7βのリリースは来年の初頭らしいですから、SE80-PCIでどうにもならないときは
    サウンドカードを買い換えるようですかねえ。
     いいサウンドカードなんですけどねえ、SE80-PCIは。

     さて、機嫌良くインストールが済んだので、常用しているソフト類を突っ込んでみました。
     具体的に言うと、GavotteRamDisk, ATOK定額制サービス, eboostr, ノートン, GDI++
     この中で、ATOKとノートンは問題ないだろうと予想。つーか、問題あるようだとかなり
    ( ゚Д゚)マズーな感じ。
     一方、GavotteRamDiskとかeboostrとかGDI++は動いたらめっけものくらいのつもり。
     特にGDI++はVistaでも動いたり動かなかったりする代物なので、windows7βで動いてくれたら
    相当ラッキーです。
     ClearTypeがなんぼ良くなったとは言っても、やっぱりGDI++はフォント表示がきれいで
    おいら好みなのです。

     んで、順番に入れていってみました。

     ATOK:○
     ノートン:○

     この辺は予想通りですね。

     GavotteRamDisk:○
     Vistaで使う際に「管理者として実行」しないとうまく動作しないと言う情報がありましたので、
    「管理者として実行」することで問題なくRamDiskを構築できました。
     また、神パッチと呼ばれているbatファイルも使えました。
     使えましたができあがったRamDiskにアクセスしようとすると権限が足りないと言うメッセージが
    出てアクセスできません。
     どうやら神パッチの@initialize.cmdの中にある「administrator」の部分が問題のようで、ここを
    「everyone」に変えると無事アクセスできるRamDiskができあがりました。
     うーん、この辺の認証関連はVista譲りで厳格なんでしょうかねえ。
     自分用のアカウントにはadmin権限をつけてあるのですが、ユーザーがAdministratorでないと
    ダメってことになるようです。

     eboostr3β490:○
     問題なく動きました。
     メモリキャッシュも構築できるし、ふつーに動きます。
     RAMを使ったReadyBoostができるわけですからありがたいことです。

     GDI++(Helium 20081225dev):○
     えーと、動いちゃいました(^^;
     HeliumはVistaでも「動かないケース」が多発しているらしいのですが、なんの問題もなく、
    特にぐずることもなく、本当にふつーに動いています。
     それも、付属のdgitrayを起動していますから、ほぼ全てのプロセスに適用できてしまっている
    状態。
     いやいやいや、びっくりです(笑)
     来年と言われている正式版のリリース時にも動いてくれることを願いたいですね。ええ。
     そしたらそっこーでwindows7に乗り換えてもいいです。

     ……ここまでインストールして、Operaを入れてブラウジングできるようにして、ネットを見て
    回ったり、文章を打ってみたりしてみましたが、特に問題は起きていません。
     一度ブルー画面が出ましたが、ノートンが何かとぶつかったようです。
     再起動したら何事もなく元通り。
     ウィンドウ周りのエフェクトを切っていませんから、うにょっとウインドウが開いたり、メニュー
    の表示がもっさりしていたりしますが、重い、とは感じないですね。
     ちなみに、エクスペリエンスインデックスは5.3
     CPUが足を引っ張っているとのことでした。

     タスクバーが新しくなっていて、95,98,2K,XPと来た人はちょっと戸惑うかもしれないです。
     おいらもまだちょっと触った程度ですが、クイック起動とタスクバーが一体化した感じ?

     とりあえず、ファーストインプレッションは相当良いです。
     来年初頭と言われている正式版のリリースが楽しみになりました。

    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト
     HDDが逼迫してきた……と言うほどではないですが空き容量が少なくなってきたので
    思い切って大容量HDDを購入することにしました。

     いやー、しかし内蔵用のバルクとは言え1TBが¥7700とかありえん(^^;

     購入したのはWestern Digital のWD10EADS
     ネットで、安くて大容量で32MBキャッシュでしかもそこそこ早い、と評判だったので
    これにすることにしました。
     ちなみに購入した横浜の某ショップでは、おいらが買ったのが最後の一個。
     やっぱり売れ筋なんですねえ。
     さて、せっかく買ってきたので夕飯とその後の団らんの時間を利用してフォーマットを
    かけることにしました。
     なにせ、1TB。フォーマットするにもそれなりに時間が必要です。
     結局3時間くらいかかってフォーマットが終了したので、速度を測ってみました。
     はてさて、どんなもんでしょうねえ……


    WD-10EADS-1TB
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 113.728 MB/s
    Sequential Write : 98.074 MB/s
    Random Read 512KB : 52.556 MB/s
    Random Write 512KB : 92.484 MB/s
    Random Read 4KB : 0.768 MB/s
    Random Write 4KB : 2.454 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2009/01/25 7:27:2


    ちなみに置き換える予定の旧ドライブ
    WD3200AAJS
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 59.083 MB/s
    Sequential Write : 57.685 MB/s
    Random Read 512KB : 25.742 MB/s
    Random Write 512KB : 36.698 MB/s
    Random Read 4KB : 0.330 MB/s
    Random Write 4KB : 1.255 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2008/11/06 22:34:11


    総じて大体2倍の早さになってるみたいですね。
    さて、体感上はどうなるんでしょう??

    このまま遊んでいると、気がつくと朝、ってことになりかねないので
    一旦打ち切り~(^^;


    web拍手 by FC2

     阪神淡路の震災から早14年。
     実はこの日は我が家にとっては記念日だったりします。
     ついつい夫婦揃って忘れがちな記念日なのですが、1月17日は結婚記念日なのです。

     結婚記念日だからと言って、取り立ててお祝いをするわけでも、めかし込んで出かけるわけでも、
    花束を買ってきたりケーキを買ってきたりするわけでもなく。
     ちびの成長の早さに目を見はりつつ、あー歳を食ったねえお互いに、と顔を見合わせています。

    web拍手 by FC2
    SSDでRAIDを組んだら、eboostrが使えなかったり、
    ウィルスソフトがインストールできなかったり
    ラジバンダリ(一度使ってみたかった)

    さて、SSDにして転送速度が早くなったので、eboostrのようなキャッシュソフトは
    なくても体感上は困らないわけなのですが、もしかしたらあるともっと早くなるかなー
    と思うのが人情と言うもの。
    メモリをキャッシュにしたり、RamDiskをキャッシュにした場合、転送速度が一桁以上早い
    のはわかっていることですからね。

    そうは言っても頼みのeboostrが使えません。
    何か代わりになるものは……と探してみたところ supercache3 と言うのがありました。
    129ドルなので決して安くはないのですが、15日間試用できるというのでとりあえずチャレンジ。


    supercache3 C:OCZ-raid0 32kb
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 3223.975 MB/s
    Sequential Write : 72.526 MB/s
    Random Read 512KB : 3283.896 MB/s
    Random Write 512KB : 49.766 MB/s
    Random Read 4KB : 249.380 MB/s
    Random Write 4KB : 2.183 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2009/01/10 13:53:31


    supercache3 C:OCZ-raid0 4kb
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 2752.991 MB/s
    Sequential Write : 114.491 MB/s
    Random Read 512KB : 2729.793 MB/s
    Random Write 512KB : 65.473 MB/s
    Random Read 4KB : 279.932 MB/s
    Random Write 4KB : 2.173 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2009/01/10 13:54:29


    再掲 RAID0のみ
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 151.577 MB/s
    Sequential Write : 139.769 MB/s
    Random Read 512KB : 137.650 MB/s
    Random Write 512KB : 58.359 MB/s
    Random Read 4KB : 13.826 MB/s
    Random Write 4KB : 2.102 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2009/01/09 23:43:39

    と言うわけで、当然ですがREADが劇的に早くなります。
    いや、すごいね。
    すごいけど、SSDとの違いはあまり体感できませんでした。
    だからおいらのPC的には特に必要ないかなー。

    HDDと比べたら引っかかりがなくなって良いのではないでしょうかねえ。
    メモリをOS上限一杯まで積んで有り余ってる人は、1GBくらい割り当てて
    やると幸せになれるかも知れません。保証はしませんけど ;-p


    web拍手 by FC2
    さて、正月休みを利用して年末に購入したSSDx2&RAIDケースを使って、RAID0を組んで
    システムの移行をしたわけ何ですが、各種ドライバーや必要な常駐ソフトをインストール
    していて困ったことが……

    1.McAfeeのウィルススキャンのインストールに失敗する
      → ウィルススキャンはRAID0環境をサポートしていないそうです。
        ウィルスチェッカーの乗り換えをすることになりました。
        ググった結果、公式非公式含めてRAID0に対応していそうなのがカスペルスキーと
       ノートンユーティリティ。
        うーむ。ノートン先生はあまり言い噂を聞かないのでここはカスペルスキーか??
        ここまでは前回の日記に書きました。
        で、カスペルスキーの試用版をインストールして一週間ほど使ってみたのですが、
       いやこれが遅い遅い。
        特に起動時に他の常駐ソフトと当たるのか、SSDへのアクセスをガンガンします。
        それと、ファンコントロールソフトのspeedfanの動作をシステムへのアクセスとして
       検知するため、さらに動作が重くなっているようです。
        speedfanを検知しないように設定しましたが、それでも起動時に相当重くなるので、
       結局カスペルスキーをアンインストールして、ノートン先生を使うことにしました。

    2.eBoostr3.0βのキャッシュ構築に失敗する
      → eboostrのフィードバックを見てもRAID0のことを書いている人が見あたらないので、
       RAIDケースとの相性じゃないかと思いますが、eboostr3.0βでキャッシュを構築しようと
       すると、eboostrのサービスが停止してしまい、キャッシュを作ることができない状況です。
        結局、eboostrの使用をあきらめましたが、RAIDのお陰で(?)まあなくても気に
       ならないくらいの体感速度にはなっているので、いいか(^^;


    さて、本題のOCZのSSDx2によるRAID0の速度計測結果、ですが、こんな風になりました。
    ちょっとしくじったのは、焦るあまりSSD単体での速度計測結果を保存し損ねたこと。
    おおざっぱな値は覚えているので、それでご勘弁を(^^;


    OCZx2+DIRACのケースでRAID0した速度計測結果

    OCZ SSD2-2C30G
    RAID0構築後 システムとして使用中(NTFS,クラスターサイズ4KB)
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 151.577 MB/s
    Sequential Write : 139.769 MB/s
    Random Read 512KB : 137.650 MB/s
    Random Write 512KB : 58.359 MB/s
    Random Read 4KB : 13.826 MB/s
    Random Write 4KB : 2.102 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2009/01/09 23:43:39

    ちなみに単体ではこんな感じ
    Sequential Read 140MB/s
    Sequential Write 89MB/s
    Randomはあまり変わらず


    AKIBA HOT Lineの記事を見ると、Silicon Power製の32GB MLC-SSDでの
    結果ですがほぼ同じような数値になってますね。


    OCZ SSD2-2C30G での速度計測結果はこちらのホームページに細かいレポートが
    載っていました。
    マザー直づけのRAID0で
    Sequential Read 260MB/s Sequential Write 170MB/s
    と言うスピードですから、うちのマザーのせいなのかはたまたRAIDケースの問題なのか、
    ともかく条件次第ではさらに高速になるってことですね。



    ちなみに元々システムとして使っていたHDDはこんな感じ
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    Sequential Read : 59.083 MB/s
    Sequential Write : 57.685 MB/s
    Random Read 512KB : 25.742 MB/s
    Random Write 512KB : 36.698 MB/s
    Random Read 4KB : 0.330 MB/s
    Random Write 4KB : 1.255 MB/s

    Test Size : 100 MB
    Date : 2008/11/06 22:34:11


    Sequential Read で約3倍
    Random Read 512KB で約5倍
    Random Read 4KB で約40倍
    の高速化。

    事実、Windowsの起動速度は体感できるくらい早いし、各ソフトの起動も速くなっています。
    耐久性とかプチフリとか色々問題はありますが、SSDすげーってのが率直な感想です。

    web拍手 by FC2
    年末に、SSDとSSDx2でRAIDの組めるケースを購入し、年末年始にちまちまと
    いじってシステムの移行をしていました。

    HDDよりも高速なSSDが、MCLとは言え安くなってきていて、懸念されている
    プチフリーズ(プチフリ)はRAID0を組むことで回避できるっぽいと言うのは
    ネットで色々調べて知っていました。
    ところがおいらのPCはMSIのP965NEO-F。
    IntelのICH8でボードのみではRAIDには対応していない代物です。
    さて、どうしたものか、と思っていたら、11月にSSDのケースでRAID0が組めるものが
    発売されたので年末にそれをゲット。
    Diracの DIR-2221-SRAID-I 2.5インチHDD用RAIDイージーラックって言うものです。
    SSDは OCZ SSD2-2C30G メーカー公称値 リード最大170MB/s、ライト最大98MB/s

    で、このケースはSSDを2つ挿して後ろのディップスイッチを設定してボタンを押せば、
    設定したRAIDモードになる……とマニュアルに書かれています。
    なので、ディップスイッチをRAID0にしてボタンをポチッ。
    んで、ケースをUSBでPCに接続!
    さあ、これで30GBのドライブとして認識されるはず……ハズ?
    あれー?? 30GBのドライブ2つとして認識されちゃってますねえ。
    RAID組むのは初めてだし、さてこれはどうしたもんでしょう。
    んー、よくわからん。
    何度か試した結果、付属のユーティリティソフトを使って設定することにしました。

    設定完了。
    さっきまでもがいていたのが何だったんだろうという早さで、RAID0設定が終わりました。
    なんだかなー。
    んで、KINOPIXを使って旧システムから丸ごと引っ越しを試みましたがうまくいかず。
    結局、イチからクリーンインストした方が早いという結論にいたり、Windowsを
    SSDにインストール。
    全く問題なくインストール終了。

    うーん、なんか色々回り道をしたっぽいですが、何とか使えるところまで来ました。
    初めからこうすりゃ良かった(^^;
    プチフリっぽい現象はシステムを入れただけの状態では感じられません

    ちょっとした(?)誤算はウィルスチェッカー。
    McAfeeのウィルススキャンはRAID0に対応していないようで、何度インストールをしても
    ウィルススキャンのインストール時にエラーが出ます。
    それも明示的にエラーが出るのではなく、いざ使おうとすると「保護されていません」と
    言うアナウンスが出て、オンラインスキャンがONにならないのです。
    Windowsのアプリケーションのログをみて初めて、ウィルススキャンのインストールに
    失敗していることがわかり、それから色々ググってみると、RAIDに対応していない
    らしいと言うこともわかり、どうせ3月に更新だから、と思ってRAIDに対応していそうな
    別のウィルスチェッカーに乗り換えることにしました。

    とは言えあまり選択肢もなく、とりあえずカスペルスキーの試用版をインストール。
    問題なくインストールできたので、しばらく使ってから購入するか決めようと思っています。

    ベンチマークの結果とかは後日にでも。


    20090111 追記
    購入したOLIOSPECのホームページにハード側でのRAIDの設定方法が追加されています。
    http://www.oliospec.com/item_detail/itemId,1465/
    ディップスイッチを変更後、
    「設定変更で「CHANGE MODE」ボタンを押した後、LEDが点灯するまで待って(15~30秒)
    電源OFFしてください。」
    とのこと。ちなみに日本語マニュアルにはここまで細かくは書かれていませんでした。

    web拍手 by FC2

    あけましておめでとうございます。
    今年も一つ、ご贔屓に。

    昨年お世話になった方々、ちょっと縁遠かった方々、その他諸々の皆さま。
    本年もよろしくお願いいたします。


    それにしても。
    去年はfedora(Linux)のインストールでもがき、今年はSSDへの移行でもがいていますか、自分。

    日記に書こうと思って積み残したことがいくつかあるので、それを消化せねば、と
    思っていますが、とりあえず三が日は三が日らしく過ごさねば。

    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3