まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    昨日は早起きしたせいか割と早い時間に睡魔がやってきました。
    接骨院でいつもよりも濃いめに揉んでもらったせいもあるんでしょうねw


    Opera9.0
     知る人は知っている、知らない人は全く知らないブラウザ、Opera
    9.0正式版が先日リリースされました。
     Opera6から使い始めて、7,8と使い続けて、とうとう9です。
     8.54と言うバージョンがそこそこ安定しているので、嫁さんにはそっちを
    使ってもらってますが、おいらはそこそこ新しもの好きなところもあって、
    9.0のPR1が出たときに9へ移行しました。
     以来、PR1,PR2,β1,β2,と来てようやく正式版です。
     早速インストールしてみました。
     んで、数日使ってみて結局β2へ戻すことにしました。
     正式版も悪くはないのですが、自分がよく使う部分に若干の変更が入って
    いて、それが設定ファイルでは変更できないとか、まあ使い勝手的にちょっと
    イマイチに感じたので。
     とりあえず、9.1か9.2か、とにかく次のが出るまでこのままβ2で行こう
    かなあ。

    ……なんて書いていたら、Operaの脆弱性が発見されたらしいです。
      ver.8.54以前の脆弱性
      ver.9.0の脆弱性
     とりあえず、8.54以前の方がやばそうな感じなので、嫁さんのOperaをver.up
    しないとなあ。

    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト
    今日はお休みです。
    えーと、代休みたいなもんと言えばあたらずも遠からずかな。


    ワールドカップF組予選
     日本vsブラジルの試合が朝4時からと言うことで、がんばって
    早起きしてみました。
     もともと我が家はサッカーにはほとんど興味がないんですが、
    会社の先輩の薦めもあってオーストラリア戦を見て、流れでクロアチア戦も
    見たので、せっかくだから最期まで見届けようと思ったんです。
     嫁さん曰く「珍しいこともあるものね」
     まあ、今日休みだから、と言うのもあります。
     早寝したとは言え、早起きしてそのまま仕事は結構辛いです。

     で、4時から観戦。
     内容については、あちこちのブログが専門的な解説をしてくれるでしょう。
     見て思ったのは「ブラジルはすごいなあ」と言うこと。
     優勝候補になに言ってるんだと思われるかも知れませんが、なにせおいらは
    普段サッカーをほぼ全く見ない人なので(^^;
     それと、3戦見て「川口&DFお疲れ!」と思いました。
     がんばって守っていたと思います。
     守備はがんばっているんだけど、打線がふるわない野球の試合を見ている
    ようなそんな気がしました。

     日本の出番は終わっちゃいましたが、せっかくなのでワールドカップ
    そのものは(時間があれば)見続けたいと思います。

    web拍手 by FC2
    仕事抜きで東京方面へお出かけ。
    たまには良いですね。
    ついでに秋葉によって、ぶっ壊れた(と思しき)ビデオボード修理に
    出しました。


    うわの空・藤志朗一座番外公演
     2月に弟に誘われて見に行った劇団の公演があると言うので見に行って
    きました。
     2月のは「ライブ」と言って、台本無しのコントをいくつか集めたような
    公演だったのですが、今回のは台本のある「お芝居」(なんて書くと怒られそうだ)
     かなり雰囲気が違うのだろうなあ、と思いつつ見に行きました。
     昨日まで仕事でバタバタしていて劇場の場所だけとにかくチェックして
    行くという体たらくで、とりあえず今回のタイトル「雰囲気のある死体」
    と言うのだけが頭に入ってまして、きっと死体が3つも4つも並ぶ中で
    お話が進行するんだ、と勝手に思ってました(マテ

     で、まず前説。
     これは「ライブ」のノリでした。
     小栗さんの勢いのあるしゃべりは聞いていて気持ちいいですね。
     若干空回りっぽいところもよいなあ、と。

     続いて本編。
     ここからが台本ありです。
     前説での説明曰く「言い間違えも指示語連発も全て台本通り」
     さてどんなものかな、と、つい仕事のクセで全体を俯瞰するような見方
    をしそうになりました。
     これじゃ楽しめないので頭を切り換え。
     ……
     終了。
     んっと、第一印象は「テンポが良い」と「なにか物足りない」
     なんかこう、もやもやとした部分が残ったのです。
     アンケートの感想にはその時の印象を深く考えずにつらつらと書きました。
     んで、実弟にそんな話をすると、彼曰く「不条理ってのがポイントだから」
     そう「不条理」がポイントだったんです。
     多分「ライブ」の印象が強くて、一発ポンと出てそれでドッと笑って、と
    言うイメージが頭から抜けきってなかったんだと思います。
     今回の別役実さんの脚本&座長の藤志朗さんの演出を良く思い返して見ると、
    笑いのポイントが全く違うじゃないかなと、思い至りました。
     今回の笑いはショートコントでドッと笑うような笑いではなく、自分の持つ
    常識からのズレを見たときの失笑や苦笑、オイオイ待てよと言う笑いかなあと。

     以下ネタバレ反転

     不条理、と言うことをポイントにお話を追っかけてみると。

      地上階にあるはずの病室が、窓一つない地下にあること。
      ベッドで大人しくしているはずの患者が、逃げ出していること。
      霊安室と同じフロアに病室があること。
      廊下に遺体が放置されていること。
      遺体が病室に運び込まれ、患者の横のベッドに置かれること。
      医者が患者をえり好みすること。
      突如入ってくる奇妙な患者。
      遺体と取り違えられて霊安室に入れられてしまう患者。
      ちょっとで良いから切らせてくれとせがむ外科医。
      えらそうにしていると思ったら資格停止中だった医者。
      生者が死にかけて遺体と勘違いされて連れて行かれること。
      病室が霊安室に変わってしまうこと。

     オイオイ待てよ、と思って笑っているうちにいつの間にか論点がすり替わって
    自分が常識としておかしいと思っていたことが、当たり前になって流れてしまう。

      病室が地下にあることがどうでも良くなる。
      患者が逃げ出すことが当たり前に思える。
      霊安室が同じフロアにあり、廊下に放置されていた遺体が病室のベッドに
     置かれていることが気にならなくなる。
      医者が患者のとっかえっこしてることが普通に思える。
      切った切らないが3cmか5cmになっている。

     そして、次から次へとそんなことが起こるため、ひとつ前のことをおかしいと
    思わなくなってしまう。ああ、そう言うもんなんだ、と流してしまう。
    流れたことが前提となってしまう。
     まさに不条理。
     最後に流れる読経がとてもシュールです。

     大きな不条理があって、それを構成する中くらいの不条理があって、それを
    支える小さな不条理が散りばめられていることに、帰りの電車の車内や、喫茶店
    で気づきました。
     このお芝居の最大のオチは、病室が霊安室に置き換わってしまい何事もなく
    お坊さんが読経を読む、と言うところではないかと思うのですが、そこに
    考えがたどり着くのに見終わってからしばらくかかってしまいました。
     この辺が、大して芝居を見たことのない悲しさなのかも知れません(^^;
     いやー、ああ言うSSを書いてみたいものだわ。


    反転ここまで

     そりゃあ、「ライブ」とは笑いの質が違うよなあ、と終わって劇場をあとにして
    から気づきました。
     遅いよ、自分!
     んー、これを公演中に気づけてたらもっと的確な(?)感想をアンケートに
    書けたかも知れません。
     それにしても、主演の小林さん始め、高橋さんに藤志朗さん、水科さん、
    特別出演のたまの石川さん、皆さん熱演でした。
     座長の藤志朗さんは熱演過ぎて回り食っちゃった感がありましたが、あれも
    演出のうちなんでしょうね。
     お父さん役の武田さん(かな?)のとぼけた感じがすごく良かったです。
     あと、遺体役の方が大変だったろうな、と。
     呼吸で掛けたシーツが上下しちゃったら台無しですし。
     お坊さん役の方もお疲れ様でした。
     般若心経が様になってました。
     何事もなく淡々とした姿が最後のどたばた&石川さんの笑いと対照的で
    印象深かったです。

     アンケート書き終えて「あ、この人座長さん」と言われて斜め後ろ振り向いたら
    座長の藤志朗さんが座っていたりしてちょっとびっくりもしましたが、演じてる
    役者さんとの距離が近いのって暖かさを感じて良いですね。

     ところで、うわの空のHPの劇団員持ち回りの日記で小栗さんがお坊さん役の
    方の日記について触れてましたけど、どこで書いてるんだろう?


    web拍手 by FC2
    わっはっはーっ、仕事忙しいぞー。
    ってことであっと言う間に一週間です。
    ようやくビデオカードの続きが書けるのだわ。


    RADEON X1600XT
     ビデオカードを買い換えることになったのですが、さて、なにに
    買い換えようかと迷ってしまいました。

     これまでのビデオカード(ようするにぶっこわれたもの)
    x1600pro
       GIGABYTE GV-RX16P256D-RH

     ヒートシンクがビデオカードの裏まで付いている、ファンレス仕様。
     まあ、今回はこのファンレスが徒になったっぽいんですが……
     ファンの音がしないのはすごく良かったです。
     その代わり、ケース内の風の動きとかを考えなくちゃいけなくて、
    ものぐさな人には向かない風味。

     で、これの代わりなわけですが、今後のことも考えるとスペックは
    今以下に下げたくはありません。
     とは言いつつも、懐に無茶苦茶余裕があるわけでもなし。
     なんとか1万円台後半から2万円台前半ですませたいところです。

     ちょいとネットで情報収集。
     んー、とりあえずファンレスは勘弁と言うことで、ファンタイプで
    似たようなスペックで、ファンが静かなもの……
     お、なんかみつかったぞ。
     HIS X1600XT IceQ Turbo DL-DVI DVI 256MB GDDR3 PCIe
     おー、なんかごっついなあ。
     ヒートシンクとファンが1スロットを占有してるよw
     価格.comの口コミもそんなに悪くないなあ。
     何より静かって話だし。よく冷えるらしいし。
     しばし考えてみました。
     ぽくぽくぽく……ちーん。
     よし、これにしよう。
     思い立ったが吉日、ネットでそこそこ安い店を探して注文しました。

     二日後、到着。
     ネット通販は便利ですねえ。
     実物を手に取れないって言う点をさっ引いても便利です。
     喜び勇んで取り付けました。
     ネットの情報にもあったとおり、取説は英語です。
     気にしません。
     英語が怖くて仕事の文献が読めるかってんです(←英語苦手)
     ちょいちょい、と取り付けて、ドライバインストールして……
     OK。問題なし。ちゃんと動きます。
     それじゃパンヤはどうかな……?
     事前情報によると、パンヤのプレイ時にカクカクすると言うことでした
    ので、実際に確認。
     んー、確かにカクカクします。
     Gigabyteの時はこれよりも低スペックで問題なく動いてましたから、
    ドライバ周りの問題かなあと思いつつ、ビデオカード付属のオーバー
    クロックツールでコアのクロックとメモリのクロックをアップしました。
     コア:635MHz  メモリ:1530MHz あたりに適当にしてみたら、
    カクカクしなかったのでそのまま使っています。
     温度も45℃を超えないし。
     HIS X1600XT IceQ Turbo を使っている方で、同じようにパンヤで
    カクカクする症状が出ている人がいたら、付属ソフトでオーバークロック
    を試してみてはいかがでしょうか?

     と言うことで、めでたく新しいビデオカードが導入されました。

     とりあえず GIGABYTE GV-RX16P256D-RH は修理に出してみようと
    思います。保証期間内だし。
     直ってきたら、そのまま中古に出しちゃおうかなあ。

    web拍手 by FC2
     明日は朝から大雨の予報です。
     背広着てお仕事だというのに……orz


    冗談じゃなかった
     5/24の日記でPCがご機嫌斜めだ、と書きました。
     会社の知り合いから「夏に向けて水冷化が必要なんじゃ」と
    冗談混じりに言われた、とも書きました。
     その時はマウスドライバを更新したら直ったので、たまたま
    ドライバが壊れたんだと思っていました。
     知り合いの水冷化云々は悪い冗談だと思っていたのです。

     ……甘かった。
     水冷化は、冗談で済まない話だったのです。

     6/2の朝のこと。
     再起動をかけたらPCが起動しなくなりました。
     HDDを全く認識しなくなったのです。
     朝で急いでいるし、とりあえず電源抜いて放置を決め込み会社へ。
     行って帰ってきたら起動するようになっていました。
     起動はするのですが、ちょっとしたことですぐフリーズします。
     どう考えても挙動が変です。
     朝のことを考えるとHDDあたりがあやしそうなので、動いている
    うちに必要なファイルを全部コピーして、壱行板の面々にご相談。
     どうやら熱が原因じゃないか、と言うところに話が落ち着き
    ました。
     こう言うトラブルの時に、壱行板の面々は本当に頼りになります。
     さて、確かにケースを開けて扇風機を当てっぱなしにすると
    いきなりフリーズとか、いきなり再起動とか、そう言う症状は
    起きなくなりました。
     でも、熱源が特定できません。
     マザーなのか、HDDなのか、ビデオなのか、電源なのか。
     つまり、土曜日になにを買いに行けばいいのか、予算は限られて
    いますから、どれか一つないし二つしか買えません。
     あやしいのはHDDとビデオ。
     先日まで大体50℃台をキープしていたビデオカードの温度が
    今日見たら120℃を超えていたのです。
     120℃オーバーがほんとだとしたら、ヒートシンクに熱くて
    さわれないはずだと思うのですが、手で触って熱いかなあ位なので、
    温度センサーがいかれたとかそう言うことかも知れません。
     とにかく、ビデオの温度表示が変です。

     結局、今手持ちにあるHDDでは、おかしいかも知れないと思しき
    HDDの中の必要なファイルを全て吸い上げることができない
    こともあって、先ずは新しいHDDを買ってきて、OSをクリーン
    インストールしてみることにしました。

     6/3 横浜ヨドバシにてHDDを購入。
     HITACHIのSATA、250GB。
     これを家に持ち帰ってOSをクリーンインストしました。
     とりあえず、後付のボードは全て外して作業。
     OSを入れ直したらサクサク動くようになりました。
     もともとATA100のHDDだったので、SATAになって
    起動時とかの速度が格段に早く感じられます。
     気をよくして、外しておいたビデオカードを取り付けました。
     その結果、PCは起動しましたがマウス周りの挙動があやしく
    なりました。
     それに、キーボードが全く効きません。
     ”こいつかーーっ”
     原因確定。
     ビデオボードが何らかの理由で壊れて、それが色んなところへ
    波及していたようです。

     そうとわかれば話は早い。
     後付けしたビデオカードを外し、新しいビデオカードを買う
    ことにしました。
    (寂しい懐を直撃されてのたうち回ってます……)
     壊れたビデオカードは、一応保証期間内なので秋葉に寄る用事
    ができたらそのついでにショップに持って行こうかと思います。

     新しいビデオカードの話は後日にでも。

    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3