まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。

    風邪その後
     「年末で、こじらせても医者に行ってる暇がないんだから、今のうちに
    とっとと診てもらってきなさい」と嫁にけり出されて近所の医者へ。
     11月の末に診てもらったお医者さんです。
     問診後、喉の腫れとリンパ節の腫れを診てもらい、念のため呼吸音を
    聴診器で確認され、前回と同じ風邪との診断。
     全く同じ薬を処方されました。
     まあ、これで年末寝込まなくて済むと思えば……
     月曜日は会社経由で浦和に出張ですし。


    前歯をポンッ
     ちびの左前歯が先日からぐーらぐらと揺れていました。
     かかりつけの歯医者の先生の話では、乳歯は抜けるときに神経や根っこの
    部分が体内に吸収され、引っかかりがなくなって抜けるのだとか。
     確かに以前抜けた歯を見ると歯の根っこの部分がなくなっています。
     で、ちびの前歯も同じ状況っぽくて、最後のがんばりで引っかかっている
    ような感じです。
     何かの拍子にその歯でかんでしまって血が出てくる、なんて状況に
    なってしまったので、本来は自然に任せて抜けるのを待つのがよいのでしょうが
    歯医者さんの判断で必要なら抜いてもらうことにしました。
     嫁さんが歯医者さんへ朝一番で連れて行って、予約の患者さんが来る前に
    診てもらいました。
     以下、ちびからヒアリングした歯医者さんでの顛末。

     先生「痛くないー?」
     ちび「全然痛くないー」
     先生「どうしてこんなにぐらぐらしちゃったの?」
     ちび「ミスドのチョコドーナツに負けたー」
     先生「(笑) 何で抜きたいの?」
     ちび「じゃまっ」
     先生「(笑) じゃあ、抜いちゃおうか」
     ちび「うん」

     と言うやりとりの結果、表面麻酔を歯茎に塗られ、ぷちっと言う感じで
    抜いてもらったそうです(^^;
     持って帰ってきた前歯を見ると、確かに手前の一部分だけでしがみついていた
    ような感じです。
     こりゃ、抜いてもらわなくても、お正月までに抜けましたねえ。多分。
     でも、何かを食べている拍子に抜けて(血だらけで嫁が)びっくりするよりは
    サクッと抜いてもらった方が良かった気がします。
    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3