まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     先週半ばのこと。
     その日の夕食は手羽元を焼いたものと、枝豆ともう一品。デザートにアイスクリーム。
     今思うと、これあかんやつや、なんですが、私もすっかりコンと忘れていました。

     私は胃腸が強い方で、いわゆる吐き下しと言うものとはほぼ無縁なんですが、
    過去に数回消化不良でトイレとお友達になったことがあります。
     その時の食べ合わせが、鶏(鳥の脂)+豆+冷たいもの。
     んで、うちのお嬢は私と胃腸系がよく似ているのか、いわゆる吐き下しは過去に一度、
    幼稚園の時に経験しただけです。
     ここから導き出されることはなにか……。

     ・私は鳥の脂と豆と冷たい物の組み合わせで消化不良を起こすことがある
     ・お嬢は私と胃腸系が似通っている
     ・その日の夕食は、手羽元(鳥の脂)+枝豆+アイスクリーム(冷たいもの)だった

     ……はいご明察。
     夜半からお嬢が消化不良で倒れましたorz
     体力がある方ではないので、消耗がキツい模様。
     今週末にかけて数日固形分が取れず寝込むことと相成りました。

     学校が夏休みに入るタイミングで、お嬢も気が緩んだのかもしれません。
     鶏+豆+冷たいもの、と言う組み合わせが今までなかったわけではないのです。
     私も上記組み合わせで倒れるときは、体調が悪いか、ストレスがたまってるか、
    大きなイベントが終わって気が抜けた、そう言う時です。
     お嬢は目の前に合唱部の公演を抱えているとは言え、学校が休みに入り張り詰めていた
    緊張の糸が緩んだんだろうなあ、と思います。

     ぼちぼち固形分っぽい物を口にしても大丈夫かなあ、と言う状態になっているので、
    復活までもう少し。
     肩代わりしてあげるわけにもいかないので、ぼちぼち体力回復をしてもらえれば、と
    思います。


    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

     前の晩からちびの調子が悪いです。
     主な症状は腹痛。熱も若干ありそうで、うまく寝付けなかった様子。
     ちびを学校に送り出したら自転車で近所を走ってこようかなあ、なんて考えていま
    したが、それどころじゃなくなりました。
     腹痛は弱まったものの、代わりに水のように下し始めました。
     これじゃあ学校どころの騒ぎではないので、急遽お休みすることにして近所の子に
    嫁さんが連絡帳を託しました。
     今月頭においらがかかった胃腸炎と全く症状が同じですから、今日明日寝ていれば
    おさまるんじゃないかと思います。
     ネットを色々見るとノロかロタか、とにかくウィルス性の胃腸炎のようです。
     おいらもちびも胃腸は比較的強い方なので(風邪引いても食欲が落ちない)吐くのは
    なんかお腹が痛いなあくらいで乗り切ったんじゃなかろうかと思います。
    (先輩のところは戻して下して大変だったらしい……)
     はてさて、どこで拾ってきたんでしょうねえ。

    web拍手 by FC2
    1/20のyosさんのコメントを見て思い出しました。


    大きくなったら
     とある日のこと。一緒にお風呂に入っていたちびが、不意にこんなことを言いました。

      「ねえねえお父さん。おっきくなったらあのお店にコーヒー飲みに行くんだよね」

     ……えーと、それはどこのお店でしたっけ?(^^;;
     つーか、いつの話だい?

      鎌倉の小町のお店?
      「ううん。ほらー、ちょっきんのおじいちゃんちに行く途中にあるー。あのお店だよ」

     ちょっきんのおじいちゃんち??
     えーと、いつもの駅の近所には喫茶店らしい喫茶店はないし、そもそもそんな約束した
    記憶がないし……。
     となると考えられるのはあの駅から歩いたときだけど……
     今度は店が多すぎてどれだかわらんなあ。

      ○○駅から歩いたときの?
      「うんうん。ほら、これ何のお店って聞いたら、喫茶店だよって教えてくれたじゃん」

     なるほど、確かにそんなことがあったような。
     んで、そのときに、もっと大きくなったらコーヒー飲みに来ようね、と言ったような。
     さてどの店だろう???

     結局、ちびも店の詳細までは覚えていなかったので、中学生くらいになって、まだ
    覚えているようだったら、その界隈にある喫茶店にでも連れて行ってあげようかなと
    思います(^^;
     それにしても、しっかり覚えているもんですね。
     生返事や、その場の思いつきの返事はしちゃいかんなあ、と思いました。

    web拍手 by FC2
    歯がすっぽんその2
     ちびの前歯が生え替わりで抜けかけていて、1本を歯医者で抜いてもらった、
    と言うお話を12月24日の日記で書きました。
     その時に抜いてもらった前歯(正面から見て一番大きな前歯2本のうちの
    右の歯)と対をなすもう1本の大きな前歯(はじめから抜いた歯の向かって
    左側と書けばわかりやすかったかな?)が、年末からグラグラし始めてい
    ました。
     12月28日にかかりつけの歯医者さんに行ったときに、かなりグラグラ
    しているけど、抜いてもらうほどではないです、なんて会話を先生としたの
    ですが、正直言ってそのときは三が日中には抜けないだろうと思っていました。
     ところが、隣にいた相棒が抜けてしまい心細くなったのか、はたまた
    前歯が2本抜けた、かなり間抜けな、もといあまり見れないような写真を
    親に撮らしてあげよう、とちびの身体が思ったのか、日を追うにつれて歯の
    揺動(グラグラすること)は大きくなり、もはや抜けるのは時間の問題と
    (少なくとも親は)思っていました。

     夕飯もすんで、お食後にいただきもののいちごを食べていたときのこと。
     ちびはいちごが大好きで、この時期にしては形も良く甘いいちごを、満面の
    笑みを浮かべて食べていました(折笠さんありがとう)。
     あまりのうれしさに、前歯がグラグラしていて、下手にそこでかじると血が
    出てしまうことを、ちびはコロッと忘れていたようです。
     ぱくっ。
     あ゛……。
     かぶりついてから開いたちびの口に、あるはずの前歯がありません。
     そして、いちごのものとは思えない、ちょっと赤黒い歯茎……。
     「前歯は?」
     あわててちびに尋ねました。
     口の中に落ちているでしょうから、とりあえず飲み込まないようにだけ
    しようと思ったのです。
     「ここ」
     と、ちびが指さしたのは、いちご。
     「え?」
     「ほら」
     ちびがいちごから何かをつまみ出しました。
     「えーっ」
     前歯でした(^^;
     どうやら、いちごにかぶりついたときに、前歯がいちごにめり込み
    そのまま抜けてしまったようです。
     言うなれば、いちごに負けた、わけです(苦笑)

     抜けた歯は、根本が体内に吸収されてほとんどなく、本当にギリギリまで
    がんばった末抜けた、という感じでした。
     と言うわけで、うちのちびは今前歯二本がない、かなり間抜けな状況に
    なっています。
     あっと言う間に大人の歯が生えてくるんだろうなー。
    web拍手 by FC2
    お餅つき
     幼稚園のお餅つきの日でした。
     おいらは今回はお手伝い役になっていないので、ほけほけと見学しに行って
    園児達が餅をつく様をカメラに納めて、それを焼き増しして火曜日に配れれば
    OK!と言う役どころでした。
     病み上がりだし、そもそも腰に爆弾抱えてるし、人差し指にケガしてるし。

     んで、写真撮りに行きました。
     写真は撮れました。
     現像して(デジカメで撮ったRAW形式の画像をJPEG変換することを、
    現像と言うようです。例えフィルムを現像していなくとも、現像なのです)
    ネット経由で近所のカメラやさんへプリントアウト頼んで、取りに行って、
    中身確認して、なかなかうまく取れていたのでちょっと嬉しかったりして。
     写真に関しては、全く問題ありませんでした。
     写真に関しては。

     いただけなかったのは、写真以外の部分。
     たとえそれが園児全員の写真撮影であろうと、餅をつくという行為をしていない
    お父さんは働いていないかのような冷ややかなその場の空気。
     それと、つき手がある程度の人数いる状態で、統率をとる(とれる能力を持った)
    人間が一人もいなかったこと。
     まあ、嫁さんも少々(ですむか?)言っていましたが、少なからず運営において
    不具合があったようです。
     おいらは昨年経験者ですし、嫁さんは役員ですから、色々口を出しても良かったんです。
     いや、むしろ積極的に口を出すべきだったかも知れません。
     が、なにせ今回はお手伝いさんじゃありませんし、身体の調子とか写真撮るとか
    色々あって実際に手を動かしているわけじゃないですから、口を出せるような
    雰囲気ではありませんでした。
     その状況に輪をかけてしまったのが、お父さん同士の自己紹介が最初に無いこと。
     作業をしながら、お互い「あれは誰のお父さん?」と腹の中で思ったことでしょう。
     結果として、大枠でうまくいったようですし、園児は全員杵を持って餅をつくことが
    できましたから、成功は成功なのです。
     成功なんですが、ほんとにこれで良いのかな? と疑問の残る餅つきでした。

     え? 幼稚園行事に父母のおまえがそこまで悩むこともなければ、首を突っ込む
    言われもない?
     いや、一般的に考えたらそうなんでしょうね。
     でも、うちの幼稚園は幼稚園行事の大半を父母会頼りで行わざるを得ないような
    状況。
     失礼ながら、先生方が全然頼りにならねーのorz
     小さな幼稚園だし、先生少ないしね。
     んで、父母会も「きっと役員がなんとかするだろう」と大半の父母は思っていて、
    で、その役員会も「去年のことを知ってる人がなんとかしてくれるだろう」とか、
    思ってる状況なので、役員2年目のうちの嫁はてんやわんやなのです。
     だから、運動会みたいにお父さんの出番のある行事に関しては、役員の旦那、と言う
    形で率先して関わっている(関わらざるを得ない)のです。
     そう言う意味では、今回は甘かった……。
     直前まで身体壊してふらふらだったとは言え、去年の写真とかを駆使して餅をつく側の
    段取りを作っておけば良かった。
     最低限の分担をどうするとか、園児にどのタイミングで餅をつかせるとか。
     今更ですけどね。
     せめて来年はこうならないように……。
     あ、でもうちのちびは3月で卒園だから、来年は関係ないのか(爆)
     
     とりあえず今日の教訓。
     やらずに後悔するよりも、やって(必要なら)反省しましょう >自分 web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3