まったり日々(?)のできごと

    日々感じたことを綴ります。 主に子育てとか通勤中に感じたこととか。 お出かけしたらその時の写真も載せるかも。


     6月のブログで「知覚過敏チックな痛みを感じ、都度痛み止めで散らしていたら、
    ある日突然ものが噛めなくなるくらいの激痛に襲われて、人生初のCTを撮り、
    歯が原因と診断されて虫歯もないのに死んでしまった歯の神経を抜いてから早3ヶ月」
     と書きました。
     で、先生曰く、歯根治療の状況を見るに歯の方は落ち着いていると思うのだけど
    なんで痛みが残ってるのだろう、と首をかしげられまだまだ治療は続きそう、と言う
    話だったわけですが、そこから更に2ヶ月半が経ちました。

     ……まだ治療が終わっていません。
     終わってませんが、終わりが見えてきたってところまで来ました。
     長かった(;^_^A

     6月のブログには、耳鼻科にかかり直しか? と書いたのですが、歯科の先生と相談して
    経過観察することになりました。
     そこから一ヶ月かかって、その時に残っていた副鼻腔あたりの痛み(押すと痛い)が
    時間と共に下に降りてきて、痛みの場所が鼻の横から歯茎の上、歯茎、歯の横と
    変化していきました。
     途中から副鼻腔炎の症状は消え、純粋に歯の痛みに変わったわけです。
     なんですが、歯科医的には腑に落ちない様子でして(;^_^A
     そりゃあそうですよね。
     歯根治療してて、そこに詰めている綿が時間と共に菌に醸される様子はなく、
    ただ、患者が訴えている痛みの位置がずれていくのですから。

     先生とは治療の度に状況の共有を密にするようにしていて、一度仮詰めの歯が
    取れたことがあったんですが、それがないほうが痛みが少ないと言う話をしたら
    仮詰めの歯の素材をかえてくれたりもしました。
     意外と仮詰めの歯って歯と歯茎への負担があるらしく、別の素材に変えてもらったら
    かなり痛みが治まった感じがしたので、更に経過観察すること一ヶ月。
     ようやく痛みがほとんどないかなー? と言うところまでたどり着きました。
     いえ、全く痛みがないわけではなく、直ったわけでもないのですが、それでも3月の
    あのひどい有様からしたら雲泥の差です。
     レントゲンを撮ってみても病巣らしき影は一切見えないそうです。
     もう半月様子を見て、痛みがぶり返したりしないようなら最終段階に進むとのこと。
     ようやく終わりが見えてきました。
     3月半ばからだったので、次の治療で半年(!)。何とも長丁場になったわけです。
     なにが悪かったのやら予防はできるのかとか、そう言う話も聞いてみたりはしてますが、
    本当に運の悪いレアケースではないかと先生はおっしゃってました。

     とほほ。

     これは私見ですが、思うに歯根膜がかなりのダメージを受けていて、そこが治るのに
    半年以上を要しているのかなあ、と。
     ま、わかんないですけどね。

    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト
     早いもので今年ももう8月です。
     来週がコミケとか月日が経つのが早すぎてなに言ってるのかよくわかりませんが、
    とにかく8月です。

     それはともかく。
     自分的覚え書きを残しておこうと思います。

     SEIKO 5ACTUS SelverWave 6306-8000
     シリアル番号から恐らくは1976年の4月製。多分、諏訪精工舎のもの。
    SEIKO 5ACTUS SilverWave

     昨日、オーバーホールと竜頭及びカレンダーの動きの悪さの修理完了。
     次回オーバーホールは最大10年を目処に、できれば5年くらいで。


     顛末。

     大昔の、もう見れなくなってしまったブログには書いたのですが、私は自動巻が好きで、
    2つ自動巻の腕時計を持っています。
     そのうちのひとつが、上述したセイコーの腕時計。
     クオーツが席巻しつつあった発売当時においては極めてレアな自動巻の防水仕様。
     親父が仕事を始めて20年のお祝いだかで、親父の姉さんつまり私の伯母から記念にもらった
    時計だそうです。
     それが親父から私の手に渡って早15年。
     もらった当初も多少動きが悪くて、当時住んでいたあたりに店を構えていた店主からして
    相当年季の入った古びた時計屋さんでオーバーホールをしてもらって使っていました。

     ……が、一昨年くらいからなんだか調子が悪くて、日差が数分に及びついには竜頭の回りや
    カレンダーの動きも悪くなってしまって実用に足らなくなりました。
     これは困ったと言うことで直してくれる店を探したのですが、15年前に世話になったお店は
    とうになく。
     アンティークとすら言われかねない年数を経た機械式の時計の相手をしてくれるお店は
    近所になくて、たまたま出先のバスの中で見かけた広告のお店に藁にもすがる思いで電話
    をし、直接時計を持ち込んで見積もりをしてもらいました。
     オーバーホールと修理で工期1ヶ月、値段は15000円。
     既に部品の供給もなく、面倒を見てくれるお店も減っている現状では、相手をしてもらえる
    だけありがたいなあ、と思いました。
     店主さん曰く、そのお店みたいな技術を持った時計屋さんも次々店を閉めているとのことで、
    そのうちこう言う古い時計を修理してくれる店は数えるくらいになるのかも知れないですね。

     さて、お願いしてからしばらく。当初ひと月と見込んでいた修理期間は種々事情も重なった
    ようで3ヶ月に延び、先日ようやく修理完了の連絡が来ました。
     喜び勇んで受け取りに出向き、工賃を支払って受け取り完了。
     40年の時を経た腕時計がまた正確な時を刻み始めてくれました。
     日差数分に及んでいた時計はほぼズレのない状態となり、竜頭もきびきびと回ってくれます。
     店主さん曰く、また10年くらいは大丈夫だと思うとのこと。
     念のために5年もしたら一度オーバーホールを頼みますかねえ。

     んー、となると、同じタイミングで15年前にオーバーホールしたキングセイコーの腕時計も
    オーバーホールをお願いした方がいいかな。
     祖父の形見なんですが、親父はまだ使い続けているようですし。

    web拍手 by FC2
    なんか気がついたら前回から1ヶ月経っていたようです。

    とは言え特に書くこともなく。
    単純に気持ちが急いているだけなんですが。

    春アニメから夏アニメへの切り替え時期だなー、なんて思って
    そんなタイトルにしてみました。

    春アニメは途中から「エロマンガ先生」を見始めて、そっこーで原作小説を揃え
    によによと読み返す日々です。によによ。

    夏アニメは以前から原作小説を読んでいた「異世界食堂」で、アレッタの声や
    赤の女王の声がイメージとピタッとハマっていたので多分見続けると思います。

    秋には「本好きの下剋上」のドラマCDも出るし、そのうち「居酒屋のぶ」も
    アニメ化されるそうなので、色々楽しみです。

    ま、そんなところで、生存報告まで。


    web拍手 by FC2

     知覚過敏チックな痛みを感じ、都度痛み止めで散らしていたら、ある日突然ものが
    噛めなくなるくらいの激痛に襲われて、人生初のCTを撮り、歯が原因と診断されて
    虫歯もないのに死んでしまった歯の神経を抜いてから早3ヶ月。
     その後の顛末です。

     えーと、最初に書きます。治療、終わってません。

     歯科医曰く、歯の炎症は治まっている、とのことなのですが、上顎洞=副鼻腔のあたりの
    痛み(=炎症)が治まらないのです。
     3ヶ月と言うのは歯科治療で言うところの根の治療(根管治療)の大体の目安なのだそうで
    普通は3ヶ月(そこの歯科は混んでいるので2週に1回の治療だから6回)も根管の掃除を
    すれば炎症は治まるのだそうです。
     事実、仮詰めした歯で少々硬いものを噛んでも痛みを感じません。
     もし根管周辺に炎症が残っているのであれば、噛むと痛みが出たり違和感が出たりするのだ
    そうです。普通は硬いものなんて噛めない、と。
     なので歯科医的には歯の部分の治療は終了ではないか、と言う判断です。

     じゃあ、この痛みはどうするの? なんですが、ここからは耳鼻科の領分ではないかとの
    ことでして、歯の治療は終わったけれど痛みがあるからと言うことで耳鼻科に紹介状を
    書いてくれるようです。
     過去にも似た症状の患者さんがいて、その人は結局耳鼻科で手術をしたそうなので、
    そのことが念頭にあるのかも知れません。
     問題となる歯を抜いて、膿が出てくるようならそこから上顎洞の洗浄をする先生も
    いるようですが、うちのかかりつけはなるべく歯は抜かずに温存したいようなのです。

     さて、いい加減仮詰めの歯もうっとうしくなってきてましたから、一旦終了で様子を
    見るのはいいとして、CT撮ってもらった大病院と、かかりつけの近所と、どっちの耳鼻科に
    いけばいいでしょうかねえ。
     大病院は平日しか外来を診てくれないから、また会社を半日休んだりとかしないと
    いけなくなるのだけど、副鼻腔の炎症の度合いによっては大きい病院でないと対処が……
    なんてこともありそうなので、一度大きな病院に戻してもらって、状況見てもらい、
    そこから更にかかりつけかなあ。

     まだまだ先は長そうです。


    web拍手 by FC2

     前回、ノートPCにCreators Updateを入れる話を書きましたが、先日メインPCにも
    入れてみたので、今回はそのお話。

     なんてことはない、案の定MacTypeで不具合が出たってのとその対処法です。
     MacTypeをサービスとして登録しておくとwin10の大型アップデートがうまくいかないって
    話を2月に書きました。
     だから今回はCreators Updateをかける前にMacTypeをサービスから抜いたのです。
     私、学習した(笑)

     なのでCreators Update自体はうまくパッチが当たってUpdateはできたのです。
     さて、じゃあってんでMacTypeを手動で動かしてみるととりあえず動くようだったので
    サービスに戻して再起動してみました。

     結果。アイコン類とかダイヤログとかのフォントが表示されなくなりました(;^_^A

     お話にならないのでセーフモード使ってサービスから解除し、ちょいとググってみると
    ちゃんと(?)対応パッチが出ていました。
     それを指定されたとおりに適用して、サービスに割り当てて、再起動。

     おお、ちゃんと今までと同じように動きます。
     ありがたいことです。

     と言うわけで、MacTypeの情報求めてここまでくる人は、その前でもうこの件に関する
    情報は見つけてると思いますが、万が一見つけられてない人は”MacType Creators Update"あたりで
    ググってみてくださいませ。

     ではまた。

    web拍手 by FC2

    ちひろ(ちびすけ父さん)

    Author:ちひろ(ちびすけ父さん)
    時にはDeepに時にはLightに、
    日々のよしなしごとを
    つらつらと。

    撮影機材は
    NikonD80(2007.06.17~)
    NikonD70(~2007.06.16)
    Nikon CoolpixS3